臨場感とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 感じ > 臨場感の意味・解説 

りんじょう‐かん〔リンヂヤウ‐〕【臨場感】

実際その場に身を置いているかのような感じ。「—あふれる画面


臨場感 (Presece)

再生音場においてあたかも目の前に演奏者がいるような、自分演奏会場にいるような印象を得ること。客席ざわめきなど聞きなれた音に接したときにリアリティ高まという意味での臨場感を味わうこともある。

臨場感


臨場感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:26 UTC 版)

ゲームであることを意識させず、まるで自分そこにいるような臨場感あるプレイ楽しめるような配慮が、随所徹底されている。 ゲージ類表示 多くのゲーム見られるような体力スコア等の画面表示HUD)は廃されており、体力ゲージ後述酸素残量、ステイシスゲージが主人公スーツ上に表示されるという斬新かつ違和感のないものとなっている。残弾数武器構えた際にホログラム小さく表示されるローディング ドアロックハッキングエレベータトラムでの移動中などのシーン利用して巧みにデータローディングが行われる仕様となっている。「Now Loading...」などの表示ゲーム進行途切れることがなく、またドアが開くまでの微妙なローディング時間逆に緊張感生むリアルタイム進行 仲間との交信アイテムインベントリ選択画面ミッション説明ボタン操作説明など、ゲーム必要な情報全てホログラム空中表示されこの間ゲーム内時間進行止まらないしたがって、主人公交信アイテム操作をしている間もゲームの進行一時停止ポーズ)することはなく、敵や可動設備など動き続けており、プレイヤーは常に緊張強いられることとなる。 ゲームオーバー 敵のおぞましい描写もさることながら主人公ゲームオーバー場面凄惨描かれるも本作の特徴である。体力ゲージ失われて敵に切り刻まれるだけでなく、酸素残量ゼロ窒息無重力ジャンプ失敗宇宙空間飛び出す故障したドア切断されるエイリアン頭部乗っ取られる、など即死パターン含めて相当な数の死亡シーン用意されており、プレイヤー恐怖心をさらに煽る

※この「臨場感」の解説は、「DEAD SPACE」の解説の一部です。» 「DEAD SPACE」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「臨場感」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



臨場感と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

臨場感のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



臨場感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ホームシアターサウンドホームシアターサウンド
(c) copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDEAD SPACE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS