持ち方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 持ち方の意味・解説 

もち‐かた【持(ち)方】

読み方:もちかた

つ方法。持ちよう。「ラケットの―」

持ち手2」に同じ。


持ち方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/15 21:07 UTC 版)

檜扇」の記事における「持ち方」の解説

現代人扇子を持つ時ついつい要を持ってしまうが、檜扇は要を持たないのが正式な作法である。広げて持つときは要のし上持ち閉じてからは片手中心より根元よりの部分軽く持ちもう一方の手下から先の部分添える。 平安時代の持ち方を正式に記す資料はないが、絵巻はたいて片手で要に近いところを持って胸から顔に近い高さにかざしている。手は右手左手両例が認められる男子檜扇閉じて右手に持つか、懐中する場合が多いようである近世では、女子檜扇開いて顔を隠すのに用いて大翳おおかざし)と称し男の子供用の横目扇板目の扇)は閉じて6色の飾り飾り紐)を巻いて用いるのが決まりであったが、近代女子閉じて飾り巻いて上述のようなもち方をすることになった男子右手持ち、先を少し下に下げるか懐中し、座るときは座前に置く場合もあった。横目扇右手に持つ。

※この「持ち方」の解説は、「檜扇」の解説の一部です。
「持ち方」を含む「檜扇」の記事については、「檜扇」の概要を参照ください。


持ち方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 07:24 UTC 版)

双眼鏡」の記事における「持ち方」の解説

陸上で両手の指を全て親指下に鏡胴にまわし、軽くむように持つのが普通だが、漁船など小型船舶では船の揺れ抗して対象視野の中央に保つため、指をほとんどあるいは完全に開いて両手の指の付け根あたりで鏡胴左右から挟んで保持する方法場合によっては使われる

※この「持ち方」の解説は、「双眼鏡」の解説の一部です。
「持ち方」を含む「双眼鏡」の記事については、「双眼鏡」の概要を参照ください。


持ち方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 22:21 UTC 版)

メス (刃物)」の記事における「持ち方」の解説

メスの持ち方にはいくつ種類がある。 鉛筆グリップ(ペンホールダー) 指先グリップ(ツイーティング) 手のひらグリップシェイクハンド

※この「持ち方」の解説は、「メス (刃物)」の解説の一部です。
「持ち方」を含む「メス (刃物)」の記事については、「メス (刃物)」の概要を参照ください。


持ち方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 00:27 UTC 版)

はんだごて」の記事における「持ち方」の解説

はんだごて金属部分ヒーター熱せられるため、誤って手などに触れる火傷をするので危険。このためはんだ付け中は必ず柄の部分を持つ。インターネット上には金属部分を持ってはんだ付け作業行なう様子撮影した画像が散見されるが、これは誤りである。

※この「持ち方」の解説は、「はんだごて」の解説の一部です。
「持ち方」を含む「はんだごて」の記事については、「はんだごて」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「持ち方」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「持ち方」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「持ち方」の関連用語

持ち方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



持ち方のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの檜扇 (改訂履歴)、双眼鏡 (改訂履歴)、メス (刃物) (改訂履歴)、はんだごて (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS