日本の地下鉄とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の地下鉄の意味・解説 

日本の地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 19:10 UTC 版)

日本の地下鉄(にっぽんのちかてつ、にほんのちかてつ)では、日本における地下鉄について解説する。


注釈

  1. ^ a b 地下トンネルは、1908年(明治41年)着工の東京駅の構内区間が1910年明治43年)1月4日に着工、1914年大正3年)12月14日に完成した[5]。さらに新東京中央郵便局局舎敷地までの区間は1915年(大正4年)3月に完成した(ただし新局舎は、1916年(大正5年)2月着工、1917年(大正6年)1月30日完成、同年4月1日業務開始)[5]。当トンネルは幅員4m、高さ2.25mで[5]、上下2線の軌道が敷設され[5]、電気機関車が貨車を牽引した[5]
    しかし、1937年(昭和12年)10月着工の東京駅拡張工事の進捗に合わせて廃線となり、軌道も撤去された[5]
    その後、当トンネルを舗装し直して1941年(昭和16年)4月11日より電動牽引車による郵便物搬送が開始された[5]
    1978年(昭和53年)10月、東京駅発の鉄道郵便の廃止に伴い、当トンネルにおける郵便物搬送は終了した[5]
    なお、当トンネルの一部は、駅職員専用の「赤煉瓦通路」として現存しているという。
  2. ^ 2017年(平成29年)3月10日、文部科学省文化庁への答申で「東京地下鉄道1001号電車」を重要文化財とすべきとされ、その説明文において東京地下鉄道・浅草 - 上野間は「東洋初の地下鉄開業」とされた[8]
  3. ^ 地下高速鉄道整備事業費補助制度により建設された区間の距離は6.2 km
  4. ^ 地下高速鉄道整備事業費補助制度により建設された区間の駅数は4
  5. ^ a b ニュータウン鉄道等整備事業費補助
  6. ^ 案内軌条式鉄道である南港ポートタウン線を含まない路線数。全路線の路線数は9路線。
  7. ^ 案内軌条式鉄道である南港ポートタウン線を含む総延長。普通鉄道による地下鉄路線のみの総延長は129.9 km。
  8. ^ 案内軌条式鉄道である南港ポートタウン線を含まない駅数。全路線の駅数は108駅。
  9. ^ 鉄道線区間は中央線 大阪港 - コスモスクエア、ならびに南港ポートタウン線 コスモスクエア - トレードセンター前、中ふ頭 - フェリーターミナルのみ。その他区間は軌道線。
  10. ^ 地下高速鉄道整備事業費補助制度により建設された区間の距離は0.3 km(総延長のおよそ1.6%)
  11. ^ 地下高速鉄道整備事業費補助制度により建設された区間の駅数は2
  12. ^ 地下高速鉄道整備事業費補助制度により建設された地下鉄扱い区間は先述の通りであるが、その先の新白島駅手前まで連続して地下を走っており、城北駅は地下駅、新白島駅は半地下駅となっている
  13. ^ 鉄道線区間は地下高速鉄道整備事業費補助制度により建設された本通 - 県庁前間のみ。その他区間は軌道線。
  14. ^ 上記定義3.都市高速鉄道、行政上での地下鉄の定義に相当
  15. ^ 西小山駅 - 洗足駅間と洗足駅 - 大岡山駅間に短距離の掘割または地上区間あり(踏切はなし)
  16. ^ 広告や案内上で「御堂筋線千里中央駅」や「地下鉄けいはんな線」のように(場合によっては半ば意図的に)誤って表記されているケースが散見される。
  17. ^ a b 博物館動物園駅寛永寺坂駅。前者は1997年営業休止、2004年廃止。後者は1953年廃止。
  18. ^ 東京メトロ銀座線、あるいは、名古屋市営地下鉄東山線名城線名港線京都市営地下鉄東西線では、JRや一般の私鉄等の車両と比較して小型な車両を使用しているが、通常のモーターによる走行のためこれらをミニ地下鉄と呼ぶことはない。
  19. ^ 車体サイズがミニ地下鉄とほぼ同等の京都市交通局東西線に乗り入れる京阪京津線は、地上区間において最急勾配61‰、最小曲線半径40mが存在する。
  20. ^ 地下鉄ではないが、同様のシステムの鉄道は、1986年カナダバンクーバーに開業した高架鉄道スカイトレインがあり、1988年さいたま博覧会で展示走行した地上線リムトレンがある
  21. ^ 日本国外のリニア地下鉄、ミニ地下鉄ではない。
  22. ^ 特認されれば、下記の値を上回ることも可能。
  23. ^ a b 可変電圧可変周波数制御 (VVVF) の場合の値。
  24. ^ やむを得ない場合は67‰まで。
  25. ^ 正式には「東海道本線」の別線。
  26. ^ a b c 両国駅からは総武快速線東京方面に直通できない(両国駅#JR東日本参照)。営業キロ数は東京駅 - 錦糸町駅間の距離。
  27. ^ 鉄道要覧上は京急本線の「支線」扱い。
  28. ^ 実際の区間名(駅名)は「大阪難波駅 - 大阪上本町駅間」。なお、大阪上本町駅は「上本町六丁目駅」を名乗ったことがない。
  29. ^ 阪急電鉄の案内上の駅名は「神戸三宮駅」
  30. ^ 路線が一定区間並行しているなど、擬似的に複々線の形態をなしている路線であれば、東京メトロ銀座線半蔵門線渋谷駅 - 青山一丁目駅間)、有楽町線副都心線池袋駅 - 小竹向原駅間)の例がある。また、昭和初期、欧米の地下鉄から長所を取り入れて作られた大阪市営地下鉄御堂筋線は、御堂筋の東半分に建設され、将来西半分に複線の路線を建設すれば、複々線になり、急行運転が可能なつくりになっていた。
  31. ^ 北総線と線路を共有する京成成田空港線のスカイライナーアクセス特急の待避あり。

出典

  1. ^ a b 日本の地下鉄(日本地下鉄協会)
  2. ^ 悩み多い国土 "日本" Archived 2012年3月4日, at the Wayback Machine.(社団法人建設コンサルタンツ協会)
  3. ^ 国の重要文化財指定及び機械遺産認定のお知らせ(地下鉄博物館 2017年9月15日)
  4. ^ 地下鉄博物館所蔵「日本初の地下鉄車両1001号車」が国の重要文化財に指定されました!(PRTIMES 2017年9月29日)
  5. ^ a b c d e f g h 東京中央郵便局沿革史 日本初の地下電車―郵便物搬送用地下軌道― (PDF)逓信総合博物館 研究紀要 第4号)
  6. ^ 特集 東京メトロの世界初・日本初 (PDF) (東京メトロ)
  7. ^ 地下鉄博物館所蔵「日本初の地下鉄車両1001号車」が国の重要人家剤に指定されました! (PDF) (東京メトロ 2017年9月29日)
  8. ^ 文化審議会答申 ~国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定について~ (PDF) (文化庁 2017年3月10日)
  9. ^ 『歴史写真. 大正6年5月號』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ a b 文化庁・文化遺産オンライン
  11. ^ 日本最初の地下鉄道 (PDF)財団法人ゆうちょ財団)
  12. ^ 最後の地下鉄新路線? 仙台「東西線」は何をもたらすか(日刊工業新聞「ニュースイッチ」 2015年12月5日)
  13. ^ 東京に地下鉄2路線 五輪後の新設構想、都が提案へ(産経新聞 2015年7月11日)
  14. ^ a b [1](関西高速鉄道株式会社 なにわ筋線鉄道事業許可状)
  15. ^ 日本の地下鉄(日本地下鉄協会)
  16. ^ a b 日本博学倶楽部『思わず人に教えたくなる! 地下鉄の不思議な話』PHP研究所、2012年3月3日。ISBN 978-4-569-67789-7
  17. ^ 日本の地下鉄
  18. ^ a b c d e f g 国土交通省 都市計画施設の状況 - 2021年9月18日閲覧 の「(2)都市高速鉄道」に事例あり。
  19. ^ https://hokkaidofan.com/kitami_tunnel/
  20. ^ 新しい公共交通システム調査 報告書”. 京都市. p. 6-7. 2014年12月4日閲覧。
  21. ^ 環境的視点から見た自動車交通代替交通機関の選定1”. 日本大学都市計画研究室. p. 15-16 (2006年12月). 2014年12月4日閲覧。
  22. ^ LRT 整備前の中心市街地における回遊行動調査* A Questionnaire Survey of Stroll Activity in Central City before Development of Light Rail Transit*”. 大阪産業大学. p. 1 (2006年5月18日). 2014年12月4日閲覧。
  23. ^ 日本の中量軌道システムの海外進出”. 一般法人建設コンサルタンツ協会. p. 28 (2011年7月). 2014年12月5日閲覧。
  24. ^ a b c 21世紀の都市交通システムを担うリニア地下鉄 (PDF) (日立評論 1999年3月号
  25. ^ 東京支社仙台鉄道建設所 (PDF)鉄道・運輸機構だより 2012 Winter p.14)
  26. ^ a b c d SUBWAY 第196号 (PDF) (日本地下鉄協会 2013年2月28日)
  27. ^ リニアモーター方式L4形貨車加減速装置 (PDF) (日立評論 Vol.52 No.12 1970年)
  28. ^ a b リニアメトロ電車の開発時の話 (PDF)日本鉄道技術協会 技術情報誌「JREA」2010年7月号/第53巻07号)
  29. ^ 鉄道の環境負荷測定手法の確立に向けた取り組み (PDF) (日本機械学会誌 Vol.112 No.1093 2009年12月)
  30. ^ 大阪市交通局 (2008). 平成19年度 地下鉄・ニュートラム 交通調査の結果について. https://megalodon.jp/2008-0813-1356-54/www.kotsu.city.osaka.jp/ct/other000006400/080711_research.pdf 
  31. ^ 地下鉄営業路線の現況(平成31年4月時点) - 日本地下鉄協会、2020年10月20日閲覧。 (PDF)
  32. ^ 札幌市 (2019). 平成30年度 高速電車事業会計. http://www.city.sapporo.jp/kansa/f02keka/documents/kok30_05.pdf 
  33. ^ 仙台市交通局 (2019). 平成30年度高速鉄道事業会計決算. https://www.kotsu.city.sendai.jp/kigyou/keiei/30subway_kessan.html 
  34. ^ a b c d e 東京都交通局 (2019). 平成30年度 東京都高速電車事業会計決算審査意見書. 東京都交通局. http://www.kansa.metro.tokyo.jp/PDF/05kessankikin/30kouketu/3007kousoku.pdf 
  35. ^ 横浜市交通局 (2019). 平成30年度 市営交通事業の決算(速報)について. https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/koutuu/2019/20190704kisyahappyou.files/20190704kisyahappyou.pdf 
  36. ^ 名古屋市交通局事業概要 (2019). 平成30年度の決算見込. https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/ABOUT/TRP0003746/08-09_%E5%B9%B3%E6%88%9030%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%81%AE%E6%B1%BA%E7%AE%97%E8%A6%8B%E8%BE%BC.pdf 
  37. ^ 京都市交通局 (2019). 平成30年度交通事業決算概要. https://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000255/255482/h30-settlement.pdf 
  38. ^ a b c 神戸市交通局 (2019). 平成30年度決算について. http://www.city.kobe.lg.jp/documents/3757/kaiha_30.pdf 
  39. ^ 福岡市交通局 (2019). 平成30年度 福岡市高速鉄道事業会計決算の概要. https://subway.city.fukuoka.lg.jp/subway/management/pdf/settlement/h30/outline.pdf 
  40. ^ 東京メトロ (2019). 決算情報. https://www.tokyometro.jp/corporate/ir/2019/pdf/201903_kessan_jyoho.pdf 
  41. ^ 埼玉高速鉄道 (2019). 平成30年度(第28期)決算について. https://www.s-rail.co.jp/news/2019/pr20190620-h30-kessan.php 
  42. ^ 横浜高速鉄道 (2019). 横浜高速鉄道㈱の 2018 年度決算の概要. http://www.mm21railway.co.jp/info/news/uploads/press%20release_20190605.pdf 
  43. ^ 大阪市高速電気軌道 (2019). 2018年度(2019年3月期)決算について. https://www.osakametro.co.jp/company/library/kessan_shiryou/omg2018kessan.pdf 
  44. ^ a b c d e f g h 大阪市交通局 (2018). 路線別経常収支. 大阪市役所. http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/cmsfiles/contents/0000444/444578/rosenbetsu.pdf 
  45. ^ a b c 名古屋市交通事業経営健全化検討委員会 (2009). 名古屋市交通事業経営健全化検討委員会第 3 回資料. http://www.kotsu.city.nagoya.jp/dbps_data/_material_/localhost/_res/about/keiei_committee/data3.pdf 
  46. ^ 横浜市交通局 (2015). 平成26年度 市営交通事業の決算(速報)について. http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/kigyo/newstopics/2018/news/pdf/n20180703-8115-01.pdf 
  47. ^ a b c 札幌市 (2019). 平成30年度決算の概要(高速電車). http://www.city.sapporo.jp/st/zaimu/kessan/kessan-kousoku.html 
  48. ^ 仙台市交通局 (2014). 平成26年度高速鉄道事業会計決算. http://www.kotsu.city.sendai.jp/kigyo/keiei/26subway_kessan.html 
  49. ^ a b 京都市 (2010). 京都市高速鉄道事業経営健全化計画. http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000108/108322/2subway.pdf 
  50. ^ a b 西日本新聞 (2007). 福岡市営地下鉄 七隈線 62億円の赤字 06年度 乗客、計画の5割未満. https://megalodon.jp/2008-0603-2034-17/qkeizai.nishinippon.co.jp/news/item/12638/catid/1 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の地下鉄」の関連用語

日本の地下鉄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の地下鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の地下鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS