日本の道路とは?

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


日本の道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/19 09:57 UTC 版)

日本の道路では、日本における道路について述べる。




注釈

  1. ^ 明治政府は交通インフラに鉄道の整備を優先させたため、他国に比べ道路整備が相対的に遅れたともいわれる[20]
  2. ^ 1955年(昭和30年)の道路舗装率は、国道だけとってもわずか13.6%にすぎなかったといわれる[26]
  3. ^ 車道と歩道が分離されていない場合などを除く。
  4. ^ ただし、農道・林道・自転車道・自然歩道などは含まない。
  5. ^ 面積1平方キロメートルあたりの道路の延長。
  6. ^ 都道府県面積に対する道路面積が占める比率。

出典

  1. ^ 窪田陽一 2009, p. 12.
  2. ^ “特別史跡「三内丸山遺跡」三内丸山遺跡 道路?”
  3. ^ 窪田陽一 2009, p. 13.
  4. ^ 佐藤健太郎 2014, pp. 86-87.
  5. ^ a b c 浅井建爾 2001, pp. 84-85.
  6. ^ a b c d e f g h 窪田陽一 2009, p. 14.
  7. ^ a b c 浅井建爾 2015, p. 113.
  8. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 87.
  9. ^ 佐藤健太郎, pp. 87-88.
  10. ^ 浅井建爾 2001, pp. 94-95.
  11. ^ 浅井建爾 2001, p. 100.
  12. ^ a b 浅井建爾 2001, p. 110.
  13. ^ a b c d e f 窪田陽一 2009, p. 16.
  14. ^ a b c 浅井建爾 2001, p. 244.
  15. ^ 浅井建爾 2001, pp. 110,117,244.
  16. ^ 浅井建爾 2001, pp. 114-115.
  17. ^ 浅井建爾 2015, p. 67.
  18. ^ 浅井建爾 2001, p. 117.
  19. ^ 浅井建爾 2015, p. 66.
  20. ^ 佐藤健太郎 2014, pp. 88-89.
  21. ^ 浅井建爾 2001, pp. 112-113.
  22. ^ a b c d e 浅井建爾 2001, p. 116.
  23. ^ a b 佐藤健太郎 2014, pp. 89.
  24. ^ a b 浅井建爾 2001, p. 115.
  25. ^ a b c d 浅井建爾 2001, p. 118.
  26. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 92.
  27. ^ 浅井建爾 2015, p. 25.
  28. ^ 浅井建爾 2015, p. 26.
  29. ^ ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 161.
  30. ^ a b c d ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 162.
  31. ^ a b c 浅井建爾 2015, p. 33.
  32. ^ a b c d 浅井建爾 2015, pp. 34–36.
  33. ^ a b c d 浅井建爾 2015, pp. 37–38.
  34. ^ a b c 浅井建爾 2015, pp. 39–40.
  35. ^ 浅井建爾 2015, p. 39.
  36. ^ a b c 浅井建爾 2015, pp. 40-41.
  37. ^ a b c 浅井建爾 2015, pp. 43-44.


「日本の道路」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の道路」の関連用語

日本の道路のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の道路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の道路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS