日本のモノレールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 列車 > 日本の鉄道 > 日本のモノレールの意味・解説 

日本のモノレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/27 04:03 UTC 版)

本項では日本のモノレールについて詳述する。




[ヘルプ]
  1. ^ 職業無職、信用度不詳(身元調査書「京阪神単軌高架鉄道大阪市東淀川区今里町ー京都市下京区七条大橋西詰、大阪市東淀川区…」12頁、発起人身元調「羽田航空電鉄蒲田町羽田町間敷設願却下ノ件」10頁)
  2. ^ 資産180円、信用度相当信用アルモノト認ム(「有吉喜兵衛出願江島懸垂電車却下ノ件」14頁)、職業印刷及活字鋳造並会社役員、資産31000円内外、信用稍薄(「上野懸垂電車鉄道敷設願却下ノ件」6頁)、職業東京ホテル会社重役、資産住宅地家屋ナシ神奈川県ニ時価2万5千円ノ土地動産15万円、信用度相当アリ(豊島懸垂電車淀橋町下練馬村間鉄道敷設願却下ノ件9頁)
  3. ^ 「逓信省告示第2733号」『官報』1928年12月3日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 山本光次 編『交通電気博覧会誌 : 大礼奉祝』大礼奉祝交通電気博覧会残務事務所、1929年、303-304、390-391頁
  5. ^ 写真が掲載「大阪市電気博覧の空中電車動く」『大阪朝日新聞』1928年11月29日夕刊(聞蔵)
  6. ^ 現在の江ノ島電鉄線は当時東京電燈が経営していたが若尾幾太郎が1926年江ノ島電気鉄道を設立し1927年東京電燈の取締役となり1928年に鉄道線を東京電燈より譲り受けている
  7. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第36回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1928年7月5日(国立国会図書館デジタル化資料)
  9. ^ 発起人和田喜次郎は元江ノ島電気鉄道取締役「鉄道敷設権譲渡」『官報』1928年11月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ No.3「商号並事務所々在地変更届ノ件」『第一門・監督・二、地方鉄道・イ、免許・空中電気鉄道(元江ノ島、日本懸垂電気鉄道)自昭和三年至昭和十年』
  11. ^ 「我国最初の懸垂鉄道」1929年6月30日中外商業新報(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  12. ^ 社長の辰澤延次郎は元江ノ島電気鉄道取締役『地方鉄道及軌道一覧 : 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 『鉄道統計資料. 昭和4年 第3編 監督』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 「鉄道起業廃止」『官報』1935年9月16日(国立国会図書館デジタル化資料)
  15. ^ 「東京単軌鉄道敷設願返付ノ件」『第十門・地方鉄道及軌道・六、敷設請願却下・巻一・大正四年~大正十三年』国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  16. ^ 「有吉喜兵衛出願江島懸垂電車却下ノ件」41-64頁図面あり『 第十門・地方鉄道及軌道・六、敷設請願却下・巻四十二・昭和三年』国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  17. ^ 「上野懸垂電車鉄道敷設願却下ノ件」24-41頁図面あり『 第十門・地方鉄道及軌道・六、敷設請願却下・巻五十三・昭和四年』国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  18. ^ 「日本飛行鉄道敷設願却下ノ件」35-39頁図面あり『 第十門・地方鉄道及軌道・六、敷設請願却下・巻五十八・昭和四年』国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  19. ^ 「日本懸垂電気鉄道梅田町浜口町間鉄道敷設願却下ノ件」『第一門・監督・九、却下・イ、地方鉄道・巻二・昭和六年』(国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  20. ^ 「京阪神単軌高架鉄道大阪市東淀川区今里町ー京都市下京区七条大橋西詰、大阪市東淀川区…」『第一門・監督・九、却下・イ、地方鉄道・巻十一・昭和六年』(国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  21. ^ 「豊島懸垂電車淀橋町下練馬村間鉄道敷設願却下ノ件」『第一門・監督・九、却下・イ、地方鉄道・巻二・昭和六年』車両図面あり26-33頁、国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  22. ^ 図面があり車体は流線型で前後にプロペラを装備「日本遊覧飛行鉄道熱海町伊東町対島町間敷設願却下ノ件」40-46頁
  23. ^ 「日本遊覧飛行鉄道熱海町伊東町対島町間敷設願却下ノ件」『第一門・監督・九、却下・イ、地方鉄道・巻十六・昭和六年』(国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  24. ^ 「羽田航空電鉄蒲田町羽田町間敷設願却下ノ件」『 第一門・監督・九、却下・イ、地方鉄道・巻九・昭和六年』国立公文書館デジタルアーカイブスで画像閲覧可)
  25. ^ a b c d e f g h i j k 「日本のモノレールめぐり」、『鉄道ピクトリアル』第38巻第12号、電気車研究会、1988年12月号、 30-31頁。
  26. ^ 草町義和 (2016年3月14日). “「大井モノレール構想」はなぜ幻に終わったか”. 東洋経済オンライン. 2016年3月22日閲覧。
  27. ^ 平成28年度 比較損益計算書 千葉モノレール 2018年2月27日閲覧
  28. ^ 平成28年度 貸借対照表 千葉モノレール 2018年2月27日閲覧
  29. ^ 平成26年度 損益計算書 東京都交通局 2017年4月9日閲覧
  30. ^ 決算情報 東京モノレール 2018年2月27日閲覧
  31. ^ 多摩都市モノレール(株)第 31 期(平成 28年度)決算概要 (PDF)  多摩都市モノレール 2018年2月27日閲覧
  32. ^ 財務諸表 (PDF)  湘南モノレール株式会社 2013年7月29日
  33. ^ [www.osaka-monorail.co.jp/jpn/company/pdf/PL_2016.pdf 平成28年度損益計算書] (PDF)  大阪高速鉄道株式会社 2018年2月27日閲覧
  34. ^ 平成28年度貸借対照表 (PDF)  大阪高速鉄道株式会社 2018年2月27日閲覧
  35. ^ 平成28年度決算 (PDF)  北九州高速鉄道株式会社 2018年2月27日閲覧
  36. ^ 平成28年度事業報告書 (PDF)  沖縄都市モノレール 2018年2月27日閲覧


「日本のモノレール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本のモノレール」の関連用語

日本のモノレールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本のモノレールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本のモノレール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS