日本の排他的経済水域とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の排他的経済水域の意味・解説 

日本の排他的経済水域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/03 08:42 UTC 版)

日本の排他的経済水域(にほんのはいたてきけいざいすいいき)では国連海洋法条約の関連規定に基づいて日本が保有する排他的経済水域(EEZ)について記述する。




  1. ^ 『魚の経済学』 山下東子 日本評論社 79-82頁 ISBN 4535556091
  2. ^ 元々はEEZを設定しない事で日本側が相手国の対岸の近くまで漁業ができた為、都合がよく。1965年の日中漁業協定は日本側の中国沿岸での漁業が問題視された事が発端であるが、1970年代後半以後、その立場は逆転する。日中漁業協定の項も参照
  3. ^ 日本の領海等概念図、海上保安庁海洋情報部
  4. ^ 排他的経済水域(EEZ)外縁を根拠付ける離島の地図・海図に記載する名称の決定について、首相官邸
  5. ^ 日韓大陸棚協定、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)
  6. ^ 大陸棚と排他的経済水域の境界画定、国立国会図書館
  7. ^ 東シナ海における資源開発に関する我が国の法的立場、外務省
  8. ^ 我が国の大陸棚延長申請に関する大陸棚限界委員会の勧告について、外務省公式サイト
  9. ^ [1]
  10. ^ 「米中軍事対決」、河津幸英 、2014年10月30日 、河津幸英、三修社
  11. ^ [2]「どうなる日本のミサイル防衛」
  12. ^ [3]「自衛隊を「日陰者」の地位から抜け出させることの必要性」


「日本の排他的経済水域」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の排他的経済水域」の関連用語

日本の排他的経済水域のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

ハネソゾ

ジョン・H・グレン

垂水漁港のイカナゴ漁

シマフグ

広葉樹林

いちりんしゃ

舞扇

ショルダー





日本の排他的経済水域のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の排他的経済水域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS