尖閣諸島問題とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 尖閣諸島問題の意味・解説 

尖閣問題

読み方:せんかくもんだい
別表記:尖閣諸島問題

尖閣諸島領有権をめぐる事件のこと。

尖閣諸島問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/08 00:28 UTC 版)

尖閣諸島問題(せんかくしょとうもんだい)とは、日本が実効支配する尖閣諸島1970年代から台湾中華民国)と中国(中華人民共和国)が領有権を主張している問題[1]




  1. ^ 日本統治時代の台湾#日本の敗戦と中華民国による接収を参照のこと
  2. ^ 中華民国および中華人民共和国にも返還されていないとする台湾地位未定論もあるが、広く認められたものではない。
  3. ^ 南シナ海南沙諸島を意味する。
  4. ^ 日本人が先に発見していなくても、沖大東島南鳥島のように日本領に編入された島も存在する。
  5. ^ タイ王国カンボジアが当事者のプレア・ビヘア寺院事件(1962年6月15日国際司法裁判所判決)で、1904年の条約で決定した国境線が不正確であることをもって、解釈を変更することは条約の安定性と確実性にそわないとして、1934年に地図の不正確であったと判ってから、相当年数が経過した1946年以降寺院を武力占領したタイの主張を退けた。
  6. ^ 『安全保障理事会は、関係国の発意に基くものであるか安全保障理事会からの付託によるものであるかを問わず、前記の地域的取極又は地域的機関による地方的紛争の平和的解決の発達を奨励しなければならない。』
  7. ^ それゆえ米国の再検討派は5条ではなく6条に重点を移動させるべきだとする。「第1次クリントン政権下における日米防衛関係」
  8. ^ 詳細は東沙諸島を参照。
  9. ^ 紛争地点は魚釣島南方の石垣島、西表島と与那国島との間、西表島の西南約80海里の東経123度と124度、北緯24度と26度との間の海域。1940年1月、沖縄県は台湾に対し、与那国島と台湾との中間線(東経122度)を双方の許可権の区画線とする妥協案を提示、2月双方は円満解決を図ることで一致、4月双方共同による資源開発を決定。
  10. ^ 詳しくは、尖閣諸島年表の1972年7月28日と9月27日の項を参照。
  11. ^ 以下、径の下にママとルビ。原文のままという意。
  12. ^ 詳細は尖閣諸島中国漁船衝突事件#台湾を参照
  13. ^ 詳細は尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件を参照


「尖閣諸島問題」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「尖閣諸島問題」の関連用語

尖閣諸島問題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

GTO

コリドラス・ロブストゥス

300C

野母崎水仙の里公園と潮

ソ連カラマツ

ビーノ

アルファルファ

8000系





尖閣諸島問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尖閣諸島問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS