覇権とは? わかりやすく解説

は‐けん【覇権】

読み方:はけん

覇者としての権力。力をもってする支配力

競技などで優勝して得る栄誉


覇権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 15:58 UTC 版)

覇権(はけん)あるいはヘゲモニー(hegemony)とは、政治的あるいは経済的あるいは軍事的に抜きん出た国家が他国を支配・統制すること[1][2][3][4][5]


  1. ^ Schenoni, Luis L. (2019). “Hegemony”. Oxford Research Encyclopedia of International Studies. Oxford University Press and International Studies Association, LLC. doi:10.1093/acrefore/9780190846626.013.509. ISBN 9780190846626. https://oxfordre.com/internationalstudies/view/10.1093/acrefore/9780190846626.001.0001/acrefore-9780190846626-e-509 
  2. ^ Oxford English Dictionary
  3. ^ Hegemony”. Oxford Advanced American Dictionary. Dictionary.com, LLC (2014年). 2014年2月1日閲覧。
  4. ^ Hegemony”. Merriam-Webster Online. Merriam-Webster, Inc. (2014年). 2016年2月24日閲覧。
  5. ^ Hegemony”. American Heritage Dictionary. Houghton Mifflin Harcourt (2014年). 2016年2月24日閲覧。
  6. ^ Chernow, Barbara A.; Vallasi, George A., eds (1994). The Columbia Encyclopedia (Fifth ed.). New York: Columbia University Press. p. 1215. ISBN 0-231-08098-0 
  7. ^ Oxford English Dictionary: "A leading or paramount power; a dominant state or person"
  8. ^ Oxford English Dictionary: Def's 2a and 2b.
  9. ^ hegemonism” (英語). Search Online Etymology Dictionary. 2021年5月8日閲覧。


「覇権」の続きの解説一覧

覇権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 15:03 UTC 版)

ヌードファイター柚希」の記事における「覇権」の解説

聖戦勝利し総本家となった流派継承者が持つ、全ての裸拳使い統括

※この「覇権」の解説は、「ヌードファイター柚希」の解説の一部です。
「覇権」を含む「ヌードファイター柚希」の記事については、「ヌードファイター柚希」の概要を参照ください。


覇権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 13:58 UTC 版)

アステカ」の記事における「覇権」の解説

1426年テソソモク死亡すると、アスカポツァルコ王にはテソソモク息子であるマシュトラ即位したが、権力闘争激化し、その過程チマルポポカ暗殺された。かわって1427年王位についたイツコアトルアスカポツァルコへの敵対強め一触即発雰囲気となったこの時テスココ旧主であるネサワルコヨトル同盟案を携えてテノチティトラン訪れアステカ援助要請した。この案は受け入れられ、まずアステカ軍はテスココ侵攻しネサワルコヨトル支配者とし、その後都市と、さらに湖の西岸にあるテパネカ人の都市トラコパン三都市が同盟結んでアスカポツァルコ侵攻し1428年滅亡させた。こうしてアステカテスココ共闘してアスカポツァルコ倒し、湖の西岸にあるトラコパン加えてアステカ三国同盟英語版)を結成した。これがいわゆるアステカ帝国」である。こののちアステカ勢力がほかの二都市を圧して伸びていくものの、国制上はアステカ最後までアステカテノチティトラン)・テスココ・トラコパンの三都同盟だった。アスカポツァルコ崩壊後三都市はその領土分割しテスココは湖の東部を、トラコパンアスカポツァルコを含む湖の西部を、そしてテノチティトランは湖の北部と南部支配権得た。この勢力図その後継承され、各都市それぞれその方向に勢力拡大していった。 アスカポツァルコ滅ぼし覇権を握ると、イツコアトル勢力拡大乗り出したまず最初に手を付けたのが、ネサワルコヨトルへの軍事援助テスココ湖南部へ出兵である。テスココ奪回したばかりのネサワルコヨトルはいまだ安定した勢力基盤築き上げておらず、このためイツコアトルネサワルコヨトルへの援軍としてテスココ湖東部のアコルワ人地域への出兵行いこの地域をテスココ勢力範囲として確定させた。アコルワ人地域の制圧をもって1431年ネサワルコヨトルテスココ王に正式に即位した一方テノチティトラン独自の動きとしては、テスココ湖南部ソチミルコ地域出兵し、この地域を完全にアステカ支配下においた。この地域はチナンパ畑の広がる非常に肥沃な穀倉地帯であり、ここを制圧したことでアステカ食糧事情大幅に改善され、また同盟の他二都に対する優位を保つ力の源ともなったこの地域を制圧するとすぐにイツコアトルテノチティトランテスココ湖南部のイツタパラパンとを結ぶ土手道築きこれによってテノチティトランから帝国南部へ交通大幅に改善されたほか、淡水のテスココ湖南部塩水テスココ湖北部交わるのを防ぎ南部農業生産改善もたらした1433年にはさらにメキシコ盆地南にあるクアナウワク(現在のクエルナバカ地方同盟三都市で共同出兵して占領し、これがアステカ領土拡大端緒となったアステカ王イツコアトル・テスココ王ネサワルコヨトル・トラコパン王トトキルワストリの三者同盟強固なものであり、特にテスココ王のネサワルコヨトル法治システム征服した領内旧支配者復位させて間接統治するシステム整備さらにはテスココ湖内の堤防建設などによってアステカ基礎を固めるのに大きな役割果たした1440年イツコアトルの後を継いでモクテスマ1世即位するモクテスマ1世はまず南に隣接する地域現在のモレロス州ゲレーロ州北部)などの支配固めとともにネサワルコヨトル支援得てテスココ湖南北分断する堤を築いた。この堤によってテスココ湖水位調節うまくいくようになったほか、テスココ湖中部テノチティトラン周辺の湖水塩分濃度下げ農業用水の確保可能になった。統治固まると、モクテスマ1世遠征頻繁に行いメキシコ湾岸熱帯地方占領従属させて勢力拡げた花戦争)。また、南東ミシュテカ人地方に侵攻し商業都市コイシュトラワカをはじめとするいくつかの地域支配下におさめた征服した土地に対して貢ぎ物要求した統治はせず、自治許していた。被征服地は度々反乱起こしたが、武力鎮圧された。1469年モクテスマ1世死去したころには、現在のベラクルス州大半にあたる太平洋岸地区や、プエブラ州南部オアハカ州一部までがアステカとなっていた。 1469年モクテスマ1世死去に伴いアシャヤカトル即位した彼もまた周辺地域盛んに出兵し、征服行った1472年にはテスココ国王であり、長年アステカ三国同盟重鎮であったネサワルコヨトル死去した1473年には、アステカ内の2大都市であり、徐々に対立深めていたテノチティトラントラテロルコの間で内戦おこったこの内戦は短期間で終わりテノチティトラン優位確立された国内の再統一済ませると、アシャヤカトル西へ侵攻し1475年から1476年にかけて戦いでトルーカ征服し西に隣接する大国タラスコ王国へと侵攻したものの、大敗喫した1479年には、太陽の石奉納している。 1481年アシャヤカトル死去するとその弟であるティソク即位したものの、彼は軍事的に無能であり1486年暗殺された。 1486年ティソクの弟であるアウィツォトル即位すると、再び軍事的拡張再開した彼の代にアステカ帝国領土太平洋沿岸熱帯地方まで到達したアステカ支配地域太平洋岸に沿って西に細く伸びるようになったが、これは西の大国タラスコ王国への侵攻拠点とする目的持っていた。治世末期には南東方向へも進出し現在のチアパス州南端にあたりカカオ大生産地であったソコヌスコまでを征服した次第前線遠くなるにつれ兵站問題発生しそれ以上先へ進むことは出来なかった。この遠征指揮官は、次の国王となるモクテスマ・ショコヨツィンであったアウィツォトル治世には、それまでテノチティトランなどの帝国中心都市のみに限られていた神殿建設などの公共事業積極的に推し進められ、宗教的な統一図られるようになった1502年アウィツォトル死去し、モクテスマ・ショコヨツィンがモクテスマ2世として王位につくと南方の太平洋沿岸遠征行い、ヨピ人などを服従させて新たな領土獲得した。しかし、南端のトトテペク王国スペイン語版英語版)は抵抗続けたモクテスマ2世儀礼強化などにより貴族と平民間の差を確立する政策取ったまた、モクテスマ2世優れた指揮官であり、彼の時代オアハカ大部分アステカ領となり、また周辺諸国へも積極的に出兵ていった1519年エルナン・コルテス率いスペイン人到来した時点でアステカ支配は約20万平キロメートルに及び首都テノチティトラン人口数十万人達し当時世界最大級都市であった中心部には神殿宮殿が立ち並び市もたって大い繁栄したこの時アステカ勢力絶頂達しており、領域本来の領土であるメキシコ盆地はるかに越え現在のメヒコ州モレロス州プエブラ州ゲレロ州オアハカ州ベラクルス州イダルゴ州大部分ケレタロ州南部チアパス州海岸部支配下におさめ、メキシコ中部をほぼ統一する中央アメリカ最大の帝国築き上げていた。ただし、トラスカラ州にはトラスカラ王国割拠しており、アステカ激しい戦い連年つづけていた。また、西部のタラスコ王国との戦い膠着していた。東に広がる後古典期マヤ文明諸国には進軍することはなかったが、商人ポチテカ)による交易ネットワークによって結ばれていた。1519年状況このようなものであり、近隣諸国アステカ打倒しうる勢力存在せず統治システムにも綻び見られなかった。

※この「覇権」の解説は、「アステカ」の解説の一部です。
「覇権」を含む「アステカ」の記事については、「アステカ」の概要を参照ください。


覇権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/19 17:30 UTC 版)

カランガスム王国」の記事における「覇権」の解説

18世紀群雄割拠するバリ島の8王国の中で勢力強大にとなり、バリ島東側ロンボク島西部をも支配したチャクラヌガラ王は、ロンボク島1727年ナルマダ離宮1744年タマン・マユラという宮殿建立している。また、1800年頃、8代目グスティ・グデ・カランガスム王は、バリ北部ブレレン王国のグスティ・ングラ・パンジ、グスティ・ングラ・ジュランティック兄弟後継者争いをしていたため、そのに乗じてブレレン王国影響下にした。

※この「覇権」の解説は、「カランガスム王国」の解説の一部です。
「覇権」を含む「カランガスム王国」の記事については、「カランガスム王国」の概要を参照ください。


覇権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 21:46 UTC 版)

威王 (斉)」の記事における「覇権」の解説

紀元前357年桓公死去し威王その後を継ぐと、明年、魏が趙の都の邯鄲包囲した際、趙が斉に救い求めた威王重臣たちを召して趙を救うべきかどうか諮った。宰相鄒忌反対したが、段干朋は「義として援けるのが良いし、魏が邯鄲取ってしまうと斉に不利です。魏が趙を討った時に魏の後ろからこれを討て良いでしょう。」と説いて威王はこれを採用し孫臏軍略によりこれを打ち破った俗に囲魏救趙”と呼ばれる策である。 また、鄒忌説かれて、威王諫言進めた者には賞をくだす、という政令出し、自らを改めた。その政令発布1年後には諫言進め余地無くなり諫言進めるものがいなくなった。これを聞いた燕・趙・韓・魏は恐れ、斉に朝貢したのだったその後田忌宰相鄒忌との対立激しくなり、鄒忌田忌陥れ田忌逃亡した。 表 話 編 歴 田斉君主(前356年-前320年紀元前670年、陳の公子完が斉に亡命陳氏田氏)が成立する 陳完 陳穉 陳湣 陳須無 陳無宇 田開 田乞 田恒 田盤 田白 田悼子 紀元前386年田氏正式に諸侯として認められる 太公386-前385 田剡384-前375 桓公374-前357 威王350-前320 宣王319-前301 湣王300-前284 襄王283-前265 田建264-前221 紀元前209年陳勝・呉広の乱に際して田儋斉王称する 田儋209-前208 田假208 田巿208206田都田巿田安三王分割される)前206 田栄206-前205 田假復位)前205 田広205-前203 田横203-前202

※この「覇権」の解説は、「威王 (斉)」の解説の一部です。
「覇権」を含む「威王 (斉)」の記事については、「威王 (斉)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「覇権」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

覇権

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:33 UTC 版)

名詞

はけん

  1. 覇者としての権力
  2. 競技などで優勝して得る栄誉

発音(?)

は↗けん

関連語


「覇権」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「覇権」の関連用語

覇権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



覇権のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの覇権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヌードファイター柚希 (改訂履歴)、アステカ (改訂履歴)、カランガスム王国 (改訂履歴)、威王 (斉) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの覇権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS