覇権争いとは? わかりやすく解説

覇権争い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 06:00 UTC 版)

アーガー・モハンマド・シャー」の記事における「覇権争い」の解説

1779年カリームが死ぬと、ザンド朝後継者争い起こった。アーガー・モハンマド・ハーンはこうなることを察知していたのか、カリーム没後翌日にはシーラーズから逃亡する。そしてカージャール族をまとめ上げイランの覇権争いに加わった1785年までには父時代カスピ海南岸からエルブルズ山脈一帯勢力確立した。そしてイラン中央部制圧目論み、2年後にはイスファハーンテヘラン奪いテヘラン都にした。1794年にはファールスケルマーン制圧しルトフ・アリー・ハーン捕らえて処刑しザンド朝滅ぼしたその後イラン北西部進出。またイラン北東部にある要衝マシュハドにも進出する。だが、この頃ロシア帝国による南下政策脅威になっており、アーガー1795年ロシア関係の深かったグルジア攻め込んでロシア帝国脅威排除した1796年にはマシュハド一帯支配していたアフシャール朝シャー・ルフナーディル・シャーの孫)を捕らえて殺しアフシャール朝をも滅ぼした。そしてイランのほぼ全土制圧したことを背景にして、ムガン平原戴冠式行ないカージャール朝創始した

※この「覇権争い」の解説は、「アーガー・モハンマド・シャー」の解説の一部です。
「覇権争い」を含む「アーガー・モハンマド・シャー」の記事については、「アーガー・モハンマド・シャー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「覇権争い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「覇権争い」の関連用語

覇権争いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



覇権争いのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアーガー・モハンマド・シャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS