日本の軍事史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の軍事史の意味・解説 

日本の軍事史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/19 03:25 UTC 版)

日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、豪族(国造)の私兵から律令制に基づく大規模な国家兵力たる軍団の設立、その廃止に伴う治安悪化のために私的に自己武装した武士の誕生、その武士の武力と主従関係が公的権力となった武家政権封建制)、江戸幕府文治政治による武力の抑制、19世紀の国際関係に対応するための近代的徴兵制に基づく国民軍たる帝国陸軍帝国海軍の設立とその巨大化、第二次世界大戦の敗戦による日本国憲法による武力の放棄、さらに自衛に特化した自衛隊の創設という流れをたどり、現在に至る。




注釈

  1. ^ 縄文時代にも戦争があったとする代表的な研究者は小林達雄である。
  2. ^ 古代の甲冑は、考古学用語の慣習上「鎧」・「兜」ではなく「甲」・「冑」と表記される。
  3. ^ 現在一般に「短甲」と呼ばれている古墳時代の板造りタイプのものは示していないとされる[22][9]

出典

  1. ^ 木弓短下長上竹箭或鉄鏃或骨鏃
  2. ^ 「其地無牛馬虎豹羊鵲」
  3. ^ 三国志』(魏志倭人伝)や『後漢書』(東夷伝)に倭国大乱の記載がある
  4. ^ 古谷 1996.
  5. ^ 末永 1934.
  6. ^ 末永 1944.
  7. ^ 宮崎 1983.
  8. ^ a b 宮崎 2006, pp. 6-18.
  9. ^ a b c d 橋本 2009, pp. 27-30.
  10. ^ 物部氏が奉納した鉄盾が著名(一族の威力を示す儀礼用盾とも)
  11. ^ 北海道庁日高振興局ホームページ > 地域政策部 > 地域政策課 > 馬文化ひだか:馬を知る:馬と人間の歴史:馬の伝来から鎌倉時代まで[1]
  12. ^ 山内邦夫「律令制軍団の成立について」184-185頁。
  13. ^ 橋本裕「軍毅についての一考察」9頁。
  14. ^ 軍団が設立された時期は明らかではないが、飛鳥浄御原令によるとする説が有力で、遅くとも大宝律令には規定されている。
  15. ^ 下向井龍彦『軍縮と軍拡の奈良時代』。歴博:71号、1995年
  16. ^ 養老令第十七軍防令 第七 備戎具条
  17. ^ 養老令第十七軍防令 第十 軍団条
  18. ^ 養老令第十七軍防令 第五 隊伍条
  19. ^ 橋本裕著『律令軍団制の研究』、増補(律令軍団制と騎兵)。吉川弘文館(1990年)ISBN 978-4642022446
  20. ^ 近藤好和著『騎兵と歩兵の中世史』 吉川弘文館((2004年)、ISBN 978-4642055840
  21. ^ 『天平六年出雲国計会帳』に熊谷団兵士の紀打原直忍熊と意宇団兵士の蝮部臣稲主が「歩射馬槍試練」を受けたとの記述がある。
  22. ^ 宮崎 2006, pp. 13-15.
  23. ^ 『続日本紀考証巻八』淳仁の条
  24. ^ 続日本紀宝亀11年(780年)
  25. ^ 蝦夷征討のため、太平洋側の征東軍(征夷軍)と日本海側の征狄軍(鎮狄軍)の2つの軍が編成され、征夷将軍と鎮狄将軍が同時に任命されたことはあるが、統率のための大将軍は任命されていない。
  26. ^ 貞観8年(866年)11月の勅
  27. ^ 下向井龍彦、『国衙と武士』(「岩波講座 日本通史 第6巻 古代5」所載)、岩波書店、1995年、ISBN 4000105566
  28. ^ 上横手雅敬/元木泰雄/勝山清次『日本の中世8 院政と平氏、鎌倉政権』中央公論新社、2002年。川合康『日本の中世の歴史3 源平の内乱と公武政権』吉川弘文館、2009年。
  29. ^ 三田武繁『鎌倉幕府体制成立史の研究』吉川弘文館、2007年、序章「一一八〇年代の内乱と鎌倉幕府体制の形成」。
  30. ^ 呉座勇一『戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあったのか』新潮社(2014年)、ISBN 978-4106037399
  31. ^ 浅井三代記による。ただ同書は同時代ではなく元禄期に書かれたものである。
  32. ^ 久保田正志著『日本の軍事革命』、錦正社、2008年。当時の日本の馬は小型で、また調教が十分でなく多頭立ての馬匹索引ができなかった。このため大砲はソリに乗せて人間が運搬していた。
  33. ^ 和漢三才図会ではその発明は戦国時代ではなく寛永期とされている。
  34. ^ 『天草騒動』、『古今武家盛衰記-南島変乱記』等。坂口安吾の『島原の乱雑記』これを採用している。
  35. ^ 山室恭子著『黄金太閤―夢を演じた天下びと』中央公論社、1992年、P72。ISBN 978-4121011053
  36. ^ 小瀬甫庵著『太閤記』巻十。
  37. ^ 小瀬甫庵著『太閤記』巻十二。
  38. ^ 『川角太閤記』三下
  39. ^ 『文禄二年二月十八日付豊臣秀吉朱印状』
  40. ^ 荻生徂徠『鈐録 巻之六 行軍』該当箇所はPDFの35ページ
  41. ^ 二条城サイト-日本の城の歴史
  42. ^ 東京大学資料編纂所 日本関係海外史料 オランダ商館長日記 訳文編之四(下)
  43. ^ 例えば、ハインリヒ・フォン・ブラント著、高野長英翻訳の『三兵答古知幾(さんぺいたくちき)』等。
  44. ^ 日米修好通商条約第3条では武器は幕府のみが購入できることになっているが、幕府の許可があれば各大名も武器購入ができた。逆に言えば許可がないと購入できない訳であり、長州藩は第一次長州征伐後に洋式武器が入手できなくなった。
  45. ^ 一部の研究者はシャスポー銃は実戦では使用されなかったと主張している。最近では木村益雄『明治陸軍の制式小銃と戦傷者の治療(2007年)』など
  46. ^ 朴 栄濬著『海軍の誕生と近代日本』SGRAレポート第19号
  47. ^ Dower, John (2010年). “Black Ships and the Samurai: Commodore Perry and the Opening of Japan (1853–1854)”. Massachusetts Institute of Technology. 2019年6月15日閲覧。
  48. ^ Takekoshi, pp. 285–86
  49. ^ a b Andrew, Gordon (2003). A modern history of Japan: From Tokugawa times to the present. New York : Oxford University Press 
  50. ^ Henry Kissinger On China. 2011 p.79
  51. ^ Paine 2003, pp. 3.
  52. ^ Caprio, Mark (2009). Japanese Assimilation Policies in Colonial Korea, 1910–1945. University of Washington Press. pp. 82–83. ISBN 9780295990408. https://books.google.com/books?id=oj_IhRConN8C&pg=PA82 
  53. ^ Schimmelpenninck van der Oye 2005, p. 83.
  54. ^ Donko, Wilhelm M.: „Österreichs Kriegsmarine in Fernost: Alle Fahrten von Schiffen der k.(u.)k. Kriegsmarine nach Ostasien, Australien und Ozeanien von 1820 bis 1914“. (epubli, Berlin, 2013). pp. 4, 156–162, 427.
  55. ^ Layman, R.D. Before the Aircraft Carrier (Naval Institute Press, 1989) does not name the ships and gives the date as 27 November.
  56. ^ "The Imperial Japanese Navy was a pioneer in naval aviation, having commissioned the world's first built-from-the-keel-up carrier, the Hōshō.".
  57. ^ Argus(en) pre-dated Hōshō and had a long landing deck, but was designed and initially built as an ocean liner. The first purpose-designed aircraft carrier to be laid down was Hermes(en) in 1918 but she was completed after Hōshō.
  58. ^ “How U.S. Economic Warfare Provoked Japan's Attack on Pearl Harbor”. Mises Institute. (2012年12月7日). https://mises.org/library/how-us-economic-warfare-provoked-japans-attack-pearl-harbor 2019年6月8日閲覧。 
  59. ^ Frequently Asked Questions”. Radiation Effects Research Foundation. 2014年3月6日閲覧。
  60. ^ “Memories of Hiroshima and Nagasaki”. The Asahi Shimbun. http://www.asahi.com/hibakusha/english/shimen/happened/happened-01.html 2014年3月18日閲覧。 
  61. ^ U.S. Strategic Bombing Survey: The Effects of the Atomic Bombings of Hiroshima and Nagasaki, June 19, 1946. President's Secretary's File, Truman Papers.”. Harry S. Truman Library & Museum.. p. 9. 2016年1月23日閲覧。
  62. ^ USS Missouri Instrument of Surrender, WWII, Pearl Harbor, Historical Marker Database, www.hmdb.org, Retrieved 2012-03-27.
  63. ^ “Text of Hirohito's Radio Rescript”. The New York Times: pp. 3. (1945年8月15日). http://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1945/08/15/88279592.html?pageNumber=3 2015年8月8日閲覧。 
  64. ^ Peattie, Mark R. (1988). “Chapter 5 – The Japanese Colonial Empire 1895–1945”. The Cambridge History of Japan Vol. 6. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-22352-0 
  65. ^ Stephan, John J (1974). The Kuril Islands. Oxford: Clarendon Press. pp. 50–56 
  66. ^ ダグラス・マッカーサーは共産主義の台頭と冷戦が戦後に起こったことを苦々しく思っていたようである)
  67. ^ Freedman, Lawrence, and Efraim Karsh. The Gulf Conflict 1990–1991: Diplomacy and War in the New World Order. Princeton, New Jersey: Princeton University Press, 1993. Print.
  68. ^ “Gulf war trauma began Japan's retreat from pacifism”. Reuters. (2015年12月20日). https://www.reuters.com/article/us-japan-military-history-insight/gulf-war-trauma-began-japans-retreat-from-pacifism-idUSKBN0U300D20151220 
  69. ^ Japan – Introduction”. Globalsecurity.org. 2006年3月5日閲覧。
  70. ^ Fackler, Martin (2010年12月16日). “Japan Announces Defense Policy to Counter China”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2010/12/17/world/asia/17japan.html 2010年12月17日閲覧。 
  71. ^ “日本版NSC法案を閣議決定 官邸主導で安保政策立案へ”. 産経新聞. (2013年6月7日). https://www.sankei.com/politics/news/130607/plt1306070025-n1.html 
  72. ^ “Japan boosts military forces to counter China”. BBC News. (2013年12月1日). https://www.bbc.com/news/world-asia-25411653 2019年6月19日閲覧。 
  73. ^ O’Sullivan, Michael; Subramanian, Krithika (2015-10-17). The End of Globalization or a more Multipolar World? (Report). Credit Suisse AG. オリジナルの2018-02-15時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180215235711/http://publications.credit-suisse.com/tasks/render/file/index.cfm?fileid=EE7A6A5D-D9D5-6204-E9E6BB426B47D054 2017年7月14日閲覧。. 
  74. ^ “安保法が施行 集団的自衛権容認、専守防衛を大きく転換”. 朝日新聞デジタル. (2016年3月29日). http://www.asahi.com/articles/ASJ3X5VM0J3XUTFK00P.html?iref=comtop_6_01 2016年3月29日閲覧。 
  75. ^ “<安保法施行>自衛官、覚悟と不安 任務拡大で増す危険”. 毎日新聞. (2016年3月29日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00000000-mai-soci 2016年3月29日閲覧。 
  76. ^ “自衛隊への好印象度は89.8% (Good impression of SDF 89.8%)”. Yahoo! News Japan. (2019年3月19日). https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20180319-00082828/ 2019年6月8日閲覧。 
  77. ^ Kubo, Nobuhiro Japan activates first marines since WW2 to bolster defenses against China. April 7, 2018. Reuters. Retrieved August 2, 2018
  78. ^ “Russian bombers violated Japan's airspace twice in one day, defense ministry says” (英語). Stars and Stripes. (2019年6月21日). https://www.stripes.com/news/russian-bombers-violated-japan-s-airspace-twice-in-one-day-defense-ministry-says-1.586945 2019年6月23日閲覧。 
  79. ^ “40% back Abe-proposed approach to revise pacifist Constitution: poll”. The Mainichi. (2019年4月11日). https://mainichi.jp/english/articles/20190411/p2g/00m/0na/010000c 2019年6月8日閲覧。 
  80. ^ 遊就館ホームページのトップページ「貴重な史資料が真実を語り継ぐ」より
  81. ^ 大和ミュージアム設立を契機とする呉市周辺の観光変化 (PDF) 」 『国立歴史民俗博物館研究報告』第193巻、国立歴史民俗博物館、2015年2月、2016年12月22日閲覧。


「日本の軍事史」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の軍事史」の関連用語

日本の軍事史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の軍事史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の軍事史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS