藤原仲麻呂とは?

ふじわらの なかまろ ふぢはら- 【藤原仲麻呂】 ○

706~764奈良後期廷臣武智麻呂むちまろの子叔母光明皇太后の信を得て左大臣橘諸兄対立757年橘奈良麻呂の変制圧し、58年恵美押勝えみのおしかつ)の名を受け、のち太師太政大臣)となって専権ふるった孝謙上皇道鏡寵愛ちようあい)したので、その排除を策して失敗近江妻子とともに殺された。

藤原仲麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 06:40 UTC 版)

藤原 仲麻呂(ふじわら の なかまろ)は、奈良時代公卿。名は仲麿[1][2]または仲丸[1]とも記される。淳仁朝以降は改姓改名藤原恵美押勝(ふじわらえみ の おしかつ)。左大臣藤原武智麻呂の次男。官位正一位太師恵美大臣とも呼ばれた。




  1. ^ a b 尊卑分脈
  2. ^ a b c d 公卿補任
  3. ^ 『続日本紀』天平宝字8年9月18日条
  4. ^ 五来[1975: 58-59]
  5. ^ 『続日本紀』天平13年4月22日条
  6. ^ 『続日本紀』天平13年9月12日条
  7. ^ 木本 2011, 「光明・仲麻呂政治体制」再論、40p
  8. ^ 『続日本紀』天平16年閏正月13日条
  9. ^ 須田, 春子 (Suda, Haruko)「律令制女性史研究」 (snippet)、千代田書房、1978年。“十七歳で急死した安積王に仲麻呂の毒殺説がある”(筑波大学文学博士学位論文・昭和58年3月25日授与(乙第122号))
  10. ^ 木本 2011, 「光明・仲麻呂政治体制」再論、39p
  11. ^ 木本 2011, 「光明・仲麻呂政治体制」再論、38p
  12. ^ 『続日本紀』天平勝宝元年10月24日条
  13. ^ 岸俊男『藤原仲麻呂』134頁。
  14. ^ 『続日本紀』天平勝宝4年4月9日
  15. ^ 『続日本紀』天平神護元年11月27日条
  16. ^ 『続日本紀』天平勝宝8歳2月2日条
  17. ^ 『続日本紀』天平勝宝8歳5月2日条
  18. ^ 『続日本紀』天平勝宝9歳3月29日条[1]
  19. ^ 『続日本紀』天平宝字元年4月4日条
  20. ^ 『続日本紀』淳仁天皇即位前記
  21. ^ 木本 2011, 「光明・仲麻呂政治体制」再論、30p
  22. ^ 『続日本紀』天平宝字2年8月25日条
  23. ^ 岸俊男『藤原仲麻呂』261-292頁。
  24. ^ 鈴木琢郎「奈良時代の大臣任官と宣命」(初出:『日本歴史』675号(2004年)/所収:鈴木『日本古代の大臣制』(塙書房、2018年) ISBN 978-4-8273-1298-0
  25. ^ 『公卿補任』では3月1日
  26. ^ 『公卿補任』では4月15日
  27. ^ 『公卿補任』では3月3日
  28. ^ 『公卿補任』では7月12日
  29. ^ 『公卿補任』では1月7日
  30. ^ 『公卿補任』では5月19日
  31. ^ 『公卿補任』では1月7日
  32. ^ 『公卿補任』では1月11日
  33. ^ ただし母は陽候女王という説もある
  34. ^ 刷雄と同一人物説もある


「藤原仲麻呂」の続きの解説一覧



藤原仲麻呂と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藤原仲麻呂」の関連用語

藤原仲麻呂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藤原仲麻呂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤原仲麻呂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS