高野長英とは?

たかのちょうえい -ちやうえい 【高野長英】 ○

1804~1850江戸後期蘭学者蘭医。名は譲、のち長英。号は驚夢山人・幼夢山人など。陸奥むつ)国水沢の人。吉田長叔に西洋医学学び長崎行きシーボルト鳴滝塾入り、のち江戸開業渡辺崋山らと尚歯会組織。「夢物語」で幕政批判投獄されたが脱走。沢三伯と変名兵書などの翻訳に携わった。のち隠れ家襲われて自殺。 → 蛮社の獄

高野長英

読み方たかの ちょうえい

江戸後期蘭学者陸奥生。名は譲、のち長英、号を瑞皐・驚夢山人杉田元・吉田長叔に師事シーボルト鳴滝塾蘭学医学を学ぶ。渡辺崋山小関三英らと尚歯会組織。『戊戌夢物語』を書き幕政批判蛮社の獄投獄されたが脱走し、沢三伯の変名活躍嘉永3年(1850)歿、47才。

高野長英

読み方:タカノチョウエイ(takanochouei)

初演 明治31.6(東京宮戸座)


高野長英

読み方:タカノチョウエイ(takanochouei)

初演 明治19.5(東京・新富座)


高野長英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/28 19:16 UTC 版)

高野 長英(たかの ちょうえい、文化元年5月5日1804年6月12日) - 嘉永3年10月30日1850年12月3日))は、江戸時代後期の医者・蘭学者通称は悦三郎、は譲(ゆずる)。号は瑞皐(ずいこう)。実父は後藤実慶。養父は叔父・高野玄斎。江戸幕府異国船打払令を批判し開国を説くが、弾圧を受け死去した。1898年明治31年)7月4日)、その功績により正四位を追贈された。主著に『戊戌夢物語』『わすれがたみ』『三兵答古知機』など。また、オランダ語文献の翻訳作業も多く行っている。


  1. ^ 「切放(きりはなし、きりはなち)」と呼ばれ、火災時には避難目的での一時釈放が制度化されていた。石出帯刀も参照。
  2. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日、182頁。ISBN 4040011104
  3. ^ 現場にいたある捕手役人の覚書による。しかし、奉行所に提出された報告書によれば、長英は短刀を振るって奮戦した後、喉を突いて自害したとある。当時の奉行所としては、正式な取り調べもせずに容疑者を死亡させた不祥事を隠蔽する目的で虚偽の報告書を作成させた可能性も否定はできない。
  4. ^ 「海舟全集 第十巻」


「高野長英」の続きの解説一覧



高野長英と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高野長英」の関連用語

高野長英のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高野長英のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高野長英 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS