杉田玄白とは?

すぎたげんぱく 【杉田玄白】 ○

1733~1817江戸中・後期蘭方医蘭学の祖。若狭小浜藩の子江戸の人。名は翼(たすく)、字(あざな)は子、号は鷧斎(いさい)・九幸翁など。前野良沢らとの翻訳解体新書」は日本医学史上に絶大貢献をした。著「蘭学事始」「野叟独語」など。

杉田玄白

読み方すぎた げんぱく

江戸中期医者蘭学者江戸生。諱は翼、字は子、号に鷧斎・九幸翁。玄白は通称死刑囚解剖おこない、『ターヘル=アナトミア』を翻訳した『解体新書』を刊行蘭学発達大きな功績を果たした。また医学のみならず連歌洋画なども学んだ。大槻玄沢などの門人輩出した。著はほかに『蘭学事始』など。文化14年(1817)歿、85才。

杉田玄白

読み方すぎた げんぱく

江戸中期医者蘭学者江戸生。諱は翼、字は子、号に鷧斎・九幸翁。玄白は通称死刑囚解剖おこない、『ターヘル=アナトミア』を翻訳した『解体新書』を刊行蘭学発達大きな功績を果たした。また医学のみならず連歌洋画なども学んだ。大槻玄沢などの門人輩出した。著はほかに『蘭学事始』など。文化14年(1817)歿、85才。

杉田玄白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/05 05:07 UTC 版)

杉田 玄白(すぎた げんぱく、享保18年9月13日1733年10月20日) – 文化14年4月17日1817年6月1日)は、江戸時代蘭学医若狭国小浜藩医。私塾天真楼を主催した。父は杉田甫仙、母は八尾氏の娘。


  1. ^ 『百姓・町人と大名』304頁永原慶二, 青木和夫, 佐々木潤之介執筆 (日本の歴史 : ジュニア版, 第3巻)読売新聞社, 1987.5
  2. ^ 青柳精一『診療報酬の歴史』思文閣出版、1996年、ISBN 978-4-7842-0896-8 P155-160
  3. ^ 元版は『日本の名著22 杉田玄白 平賀源内 司馬江漢』(芳賀徹責任編集、中央公論社、1971年)


「杉田玄白」の続きの解説一覧



杉田玄白と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「杉田玄白」の関連用語

杉田玄白のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



杉田玄白のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2019 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの杉田玄白 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS