死罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > 犯罪 > 死罪の意味・解説 

し‐ざい【死罪】

最も重い刑罰として、罪を犯した者の生命絶つこと。

手紙上表文末尾添える語。非礼の罪をわびる気持ちを表す。「死罪死罪」「頓首死罪」などの形で用いる。

江戸時代刑罰の一。斬首(ざんしゅ)の刑に処して、死体試し斬(ぎ)りの用に供され、財産没収された。


し‐ざい【死罪】

〔名〕

① 最も重い刑罰としての生命刑総称また、死に相当する犯罪罪人生命絶つ刑罰死刑に処せられるべき犯罪奈良時代の律では、絞・斬の二種があった。→死刑①。

続日本紀慶雲二年(705八月戊午百姓飢荒、或陥罪網、冝天下、与更新。死罪已下、罪無軽重、咸赦除之

平家13C前)二「保元までは君廿五代の間おこなはれざりし死罪をはじめてとりおこなひ」〔墨子非攻上〕

江戸時代御定書(おさだめがき)に規定された生命刑六種一つ斬首刑で、その死骸試斬(ためしぎり)にされるもの。闕所(けっしょ)の刑が付加された。生命刑として、他に、鋸挽(のこぎりびき)、磔、獄門火罪下手人(げしゅにん)があるが、下手人より重く、火罪よりは軽い。→死刑①。

仮名草子竹斎(1621‐23)上「今此事を頼みし人、もしも洩れ聞き候はば、しざいに逢はんは必定なり」

手紙上表文などの冒頭終わりに書く語。死に相当するの意で、失礼をわびる気持を表わし、「死罪死罪」の形で用いる。

万葉(8C後)一七・三七三題詞昨日短懐今朝耳目、更承賜書且奉不次死罪死罪」〔曹植‐上責躬応詔詩表〕

④ (③から) 謝罪気持表わす御免をきどっていう語。

大坂繁花風土記(1814)学者ぶって誠は粋がる詞「御免御免を、死罪死罪」


死罪

読み方:シザイ(shizai)

(1)死に相当する犯罪
(2)江戸時代御定書百箇条規定された生命刑の一。


死罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/11/09 08:35 UTC 版)

死罪(しざい)




「死罪」の続きの解説一覧

死罪

出典:『Wiktionary』 (2021/12/01 11:33 UTC 版)

名詞

しざい

  1. を奪う刑罰

関連語




死罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死罪」の関連用語

死罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



死罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの死罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS