試しとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 試し > 試しの意味・解説 

ためし【試し/験し】

ためすこと。こころみ多くためしに」の形で副詞的にも用いる。「ものは—だ」「—に使ってみる」


ためし【試・験】

〔名〕 (動詞「ためす(試)」の連用形名詞化

① (「に」を伴って副詞的に用いることもある) ためすこと。こころみること。試験

浮世草子好色二代男(1684)二「何が出るぞ様(タメシ)にと、年明前(ねんあきまへ)の女郎の、しかもふてきない人」

義血侠血(1894)〈泉鏡花〉一「物は可試(タメシ)だ。まあ御召しなすって下さい

② 兜・鎧(よろい)などで、矢玉を通さないことを証明済みであること。

仮名草子尤双紙(1632)上「おもさ物之しなじな〈略〉ためしのかぶと、ぐそく」

③ 「ためしぎり試斬)」の略。

刑罪秘録(1814か)御様之事(古事類苑法律三三)「御様(ため)しは、前広御腰物奉行より町奉行懸合之」


試し

読み方:ためし

サ行五段活用動詞「試す」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



試しと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「試し」の関連用語

試しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



試しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS