四斤山砲とは? わかりやすく解説

四斤山砲

作者司馬遼太郎

収載図書司馬遼太郎短篇全集 8 1963.7〜63.12
出版社文藝春秋
刊行年月2005.11


四斤山砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 01:20 UTC 版)

四斤山砲(よんきんさんぽう[2], 仏語Canon de montagne de 4 rayé modèle 1859, Canon de montagne de 4 La Hitte )とは、1859年フランスで開発された前装ライフル式青銅山砲である。「四斤」とは、砲弾重量が4キログラムであることを意味する[3]。日本でも幕末から明治初期にかけて主力野戦砲として使用された。


  1. ^ 幕末軍事史研究会(2008年)、90頁による数値。英語版en:La Hitte systemでは0.82m、0.86mともある。
  2. ^ 読みは、熊本市立熊本博物館公式ウェブサイト展示解説に拠った。
  3. ^ a b c d 幕末軍事史研究会(2008年)、90頁。
  4. ^ 12斤カノン砲装備のナポレオン3世の軍がクリミア戦争で活躍したことに由来。
  5. ^ a b c 幕末軍事史研究会(2008年)、91頁。
  6. ^ “Rifled Ordnance in England and France,” pp. 500-501.
  7. ^ ただし、旧式の12斤カノン砲ライフル改造型は、出動はしたものの発砲はしていない。(“Rifled Ordnance in England and France,” p. 505.)
  8. ^ 靖国神社(2003年)、35頁。
  9. ^ タイムスクープハンター(NHK総合1ch 2013年7月20日放送分「会津 女達の決死行!」番組内説明
  10. ^ 陸軍省 「不用砲払下の件」 アジア歴史資料センター Ref.C04014313700、明治40年12月「壹大日記」(防衛省防衛研究所


「四斤山砲」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四斤山砲」の関連用語

四斤山砲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四斤山砲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四斤山砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS