白虎隊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 白虎隊の意味・解説 

びゃっこ‐たい〔ビヤクコ‐〕【白虎隊】

慶応4年18683月戊辰(ぼしん)戦争の際、会津藩167歳藩士子弟によって組織した少年決死隊官軍との戦い敗れ飯盛山まで後退したとき、若松城の方角に黒煙のあがるのを見て落城思い誤り20人が自刃した。

白虎隊の画像
会津若松市にある、白虎隊の墓

白虎隊

読み方:ビャッコタイ(byakkotai)

戊辰戦争参加した会津藩少年隊


白虎隊

以下の映画白虎隊関連しています


白虎隊

読み方:ビャッコタイ(byakkotai)

初演 明治34.3(東京・市座)


白虎隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 06:16 UTC 版)

白虎隊(びゃっこたい)は、日本幕末維新における戊辰戦争の一環である会津戦争に際して、会津藩が組織した、武家男子を集めた部隊である。中には志願して生年月日を改め15歳で出陣した者もいたほか、幼少組として13歳の少年も加わっていた。名称は、中国の伝説の神獣白虎」に由来する


  1. ^ a b c d e f 【時を訪ねて 1868】白虎隊士、北へ(福島県会津若松市)少年らの義「忠君」に利用『北海道新聞』日曜朝刊別刷り2019年12月1日1-2面
  2. ^ ゲベール銃 会津物語 八重の物語 えにしの資料館(2020年11月15日閲覧)
  3. ^ みやぎ会津会 みやぎ会津会特別顧問飯沼一宇氏(飯沼貞吉の直孫より)2020年7月12日閲覧
  4. ^ 花見朔巳編『男爵山川先生伝』444-445頁
  5. ^ 『男爵山川先生伝』446-447頁
  6. ^ a b c 九頭見和夫「『ドイツ記念碑』と日新館の教育 -会津の中のドイツ- (PDF) 」『福島大学教育実践研究紀要』第13号、1988年、pp.25 - 35
  7. ^ 福家崇洋『日本ファシズム論争 大戦前夜の思想家たち』河出書房新社、2012年、46‐52頁。
  8. ^ 福島)戊辰戦争150年 会津に思いを寄せる「旧敵」朝日新聞デジタル(2018年1月25日)2020年11月15日閲覧
  9. ^ 会津藩・白虎隊の学び舎 > 白虎隊について 會津藩校 日新館(2020年11月15日閲覧)
  10. ^ 白虎隊記念館(2020年11月15日閲覧)
  11. ^ ドラマCD「彼岸獅子の入城」(追加情報あり)”. 萌えの桜. 2014年10月8日閲覧。
  12. ^ 朝日新聞』2018年1月23日記事:「明治150年」を強調


「白虎隊」の続きの解説一覧

「白虎隊」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白虎隊」の関連用語

白虎隊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白虎隊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白虎隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS