安堵とは?

安堵

読み方:あんど
別表記:安ど

不安や心配が解消されて、ほっとすること。安心すること。「胸をなで下ろす」とも表現する。

あん‐ど【安×堵】

[名](スル)《「堵」は垣根の意》

気がかりなことが除かれ、安心すること。「安堵の胸をなでおろす」「無事を聞いて安堵した」

垣根内の土地で安心して活すること。また、その場所

それより八幡にも—せずなりて、かかる身となりにけるとぞ」〈著聞集一二

中世土地所有権領有権知行権などを幕府・領主が公認したこと。


あん‐ど【安堵】

〔名〕 (「堵」は垣の意)

① (━する) 垣の内に安んじて居ること。転じて、土地に安心して住むこと。家業安んずること。また、安住できる場所。

続日本紀和銅二年(709)一〇月庚戌「比者、遷都易邑。揺百姓。雖鎮撫、未安堵

古今著聞集(1254)一二「其より八幡にも安堵せずなりて、かかる身と成りにけるとぞ」〔史記高祖紀〕

② (━する) 心の落ち着くこと。安心すること。

保元(1220頃か)下「今度合戦思ひのほか早速に落居して、諸人安堵のおもひをなして」

寛永刊本蒙求抄1529頃)三「功をないた者には所領を取せいと云付るぞ。群臣━まうあんとぢゃと云ふたぞ」

③ (━する) 中世幕府戦国大名御家人家臣所領領有承認すること。特に、親から受けついだ所領承認本領安堵という。

吾妻鏡治承四年(1180)一〇月二三日「或安本領。或令新恩

太平記14C後)三五所帯に安堵(あんト)したりけるが、其恩を報ぜんとや思ひけん」

以前本人またはその父祖領有していた土地取り戻すこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕

(5)あんどじょう安堵状)」の略。

上杉家文書明徳四年(1393)一一二八日・足利義満安堵下文「去永徳二年十二月廿六日給安堵紛失云々


安堵

読み方:アンド(ando)

心すること


安堵

読み方:アンド(ando)

中世近世所領所職領有権知行権などを確認あるいは承認すること。


安堵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 23:43 UTC 版)

安堵(あんど)とは、古代末期から近世にかけて日本の土地私有制度において、主君(もしくは支配者)が家臣(もしくは被支配者)に対して所領知行(土地権利)や所職の存在・継続・移転などを保証・承認する行為を指す。


  1. ^ 近藤成一 「本領安堵と当知行安堵」(初出:石井進 編『都と鄙の中世史』(吉川弘文館、1992年)/所収:近藤『鎌倉時代政治構造の研究』(校倉書房、2016年) ISBN 978-4-7517-4650-9


「安堵」の続きの解説一覧

安堵

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:56 UTC 版)

名詞

  (あんど)

  1. 居所安住すること。
  2. 封建領主領地支配権について、将軍などに承認されること。
  3. 安心すること。安らかになること。

対義語




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安堵」の関連用語

1
100% |||||





6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

安堵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安堵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安堵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの安堵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS