安心とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 安心 > 安心の意味・解説 

あん‐しん【安心】

[名・形動(スル)

気にかかることがなく心が落ち着いていること。また、そのさま。「列車で行くほうが安心だ」「安心して任せられる」

あんじん(安心)


あん‐じん【安心】

仏語

仏法功徳によって、迷いがなくなった安らぎ境地

阿弥陀仏救いを信じて、浄土往生を願う心。


あん‐しん【安心】

〔名〕 (「あんじん」とも)

① (━する) 心が安んじること。気がかりことがなくて、心が落ち着くこと。

玉塵抄(1563)九「順精神をやしなうぞ。安心のことぞ」

歌舞伎蔦紅葉宇都谷峠文彌殺し)(1856三幕「『すっぱり思ひきりました』『ええ、それで安心いたしました』」〔白居易‐得微之到官書、備知通州之事、悵然有感詩〕

② (形動) 心が安らかで心配のないこと。また、そのさま。

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)八「順慶町のうらなひしゃがことば、おもひ合せて安心ならねども」

③ (あんじん仏語信仰によって、心が不動境地達すること。浄土教では、特に阿彌陀仏信じて疑わないこと。

大応国師法語(1308頃)「唯此安心安楽の処を伝へて」

仮名草子竹斎(1621‐23)上「いかに皆々女房たち。大事のあんじんをば説き残したるぞ」〔景徳伝燈録‐三〕

内心のくふうをすること。奥義達するための心づかい。

花鏡(1424)万能一心事「是は為手(して)の秘する所の安心なり」

[語誌](1)儒教安心立命の語から出て、禅僧菩提達磨(ぼだいだるま)が仏教徒として初め用いた。
(2)中・近世には連濁アンジン広く使われており、「文明本節用集」「日葡辞書」「易林本節用集」「運歩色葉集」は、みなアンジンである。
(3)「安心」と「安堵」は現代語で意味が類似するが、「安心」には、形容動詞用法があるのに対して、「安堵」にはそれがないという違いがあり、また、「安心」は、より持続的事態表現し、「安堵」は、かなり瞬間的事態表現する。


あん‐じん【安心】

〔名〕 ⇒あんしん(安心)


安心

読み方:アンジン(anjin)

仏を信じ心の安らぎを得ること。


あんじん 【安心】

仏教で、信仰により心が不動境地達することをいう。安心決定安心立命なども意は同じ(立命リュウメイとも読み儒教から出た語)。→ 異安心

安心

作者山本文緒

収載図書ファースト・プライオリティー
出版社幻冬舎
刊行年月2002.9

収載図書ファースト・プライオリティー
出版社角川書店
刊行年月2005.6
シリーズ名角川文庫


安心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 05:11 UTC 版)

安心(あんじん、あんしん)とは気掛かりな事が無く、心が落ち着き安んじることである。本来は「あんじん」と読むが、江戸期より「あんしん」と読むようになった。




「安心」の続きの解説一覧

安心

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 23:57 UTC 版)

語源

元は「あんじん」と読んで仏教用語。

名詞

(あんしん)

  1. 心配がないこと、安らぐこと、心が安らかなこと。
  2. 仏教 あんじん)心をひと所にとどめて安住不動であること。
  3. 仏教 あんじん阿弥陀如来救いを信じ、往生を願う心。浄土真宗では、阿弥陀から回向された信心であるから、安心はすなわ信心である。
  4. 仏教 あんじん宗派教え根本眼目

関連語

翻訳

語義1

動詞

心-する(あんしん-する)

  1. (自動詞) 心配がない状態になる。

活用

形容動詞

安心(あんしん)

  1. 心配不安のない。

活用




安心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「安心」に関係したコラム

  • FXの信託保全とは

    FX(外国為替証拠金取引)の信託保全とは、FX業者が、顧客から預託された保証金を保全するために金銭信託することです。顧客から預託された保証金は、「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安心」の関連用語

安心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの安心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS