敵対とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 敵対 > 敵対の意味・解説 

てき‐たい【敵対】

読み方:てきたい

[名](スル)相手を敵とみなして対抗すること。敵としてはむかうこと。「二派に分かれて―する」「―心」


敵対

読み方:テキタイ(tekitai)

相論訴訟の場などで、反対の意見をいい、意思をあらわすこと。


(敵対 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 09:45 UTC 版)

(てき、かたき)とは、自分に危害を加えようとしている相手、自分の利益の達成を阻害している相手、戦場における交戦相手、ゲーム競技における競争相手(ライバル)を指す。いっぽうの利益がいっぽうの損失になり、攻撃行動を惹起する。また、自分の好みや考えと著しく対立している人物や組織を指すこともある。対義語は味方(wikt:みかた)・仲間(wikt:なかま)。




「敵」の続きの解説一覧

敵対

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 08:48 UTC 版)

張耳」の記事における「敵対」の解説

陳余軍勢支配下においた張耳趙歇信都残し諸侯と共に咸陽攻め入った。秦滅亡後項羽諸侯対象大規模な論功行賞行い以前から張耳高名さを知っていた項羽評価され、趙を分割し趙歇代王にし張耳恒山王(『史記』や『漢書』では文帝劉恒の諱を避けて常山王とも称された)にした。陳余自分に従って秦に攻め入らなかったため、南皮付近の三県にのみ封ぜられた。 陳余は「私と張耳功績同じなのに、私だけ王より格下の侯とはあまりに不公平だ」と激怒する。そこで陳余夏説命じて項羽敵対していた斉王田栄に兵を借り受け挙兵し張耳攻め、その一族皆殺しとした。代王となった趙歇迎え再び趙王即位させた。 子の張敖とともに命からがら敗走し逃げ延び張耳は、天下一実力者でもあり自分を王に引き立てた項羽頼ろうとしたが、近侍占星術師から「後日漢王劉邦天下がくる」と旧知劉邦を頼るよう勧められたため、漢中落ち延び劉邦迎えられて漢に仕えることになった楚漢戦争始まり項羽包囲するために各国同盟結んだ漢王劉邦だったが、趙と同盟を結ぶには実力者陳余承諾必須だった陳余同盟条件に憎き張耳の首級差し出し要求した。そこで劉邦張耳似た囚人処刑し、その首を届けさせた。陳余納得し漢と趙は同盟することとなった。だが、紀元前205年彭城の戦いの際、張耳生存していることが露見し怒った陳余によって同盟破棄された。 その後劉邦自らが項羽対峙している間に韓信の別働軍が諸国平定するという作戦採用した張耳副将として従い魏・代滅ぼした。そして趙に迫った漢軍は、趙の軍勢20率いた陳余対峙することになる。井陘の戦いである。戦いの結果は、韓信背水の陣計略により漢軍が勝利陳余張蒼捕虜となり泜処刑され脱出した趙歇襄国捕虜となり、これも処刑された。

※この「敵対」の解説は、「張耳」の解説の一部です。
「敵対」を含む「張耳」の記事については、「張耳」の概要を参照ください。


敵対

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 06:11 UTC 版)

カンザス・ネブラスカ法」の記事における「敵対」の解説

奴隷制擁護開拓者達が主に隣接するミズーリ州からカンザス入ってきた。準州選挙でのその影響力は投票するだけの目的でカンザス入ってくるミズーリ州住人によって増強されることが多かった。彼らはブルーロッジズのような結社作り反対者奴隷制廃止論者のホレス・グリーリー名付けた「ボーダー・ラフィアンズ(英語版)」と呼ばれた奴隷制廃止論者の開拓者達は東部からカンザス自由州にするという特別の目的を持って移動してきた。対立する両派衝突避けられなくなった一連の準州政府奴隷制同調するのが通常だったが、平和を維持しようとして失敗した準州都ルコンプトンは大きな扇動目標となり、トピカ非公式議会設立した自由州人にとって敵対的環境になったジョン・ブラウンとその息子達幅広の刀でポタワトミの奴隷制擁護派農夫5人を残酷に殺害して奴隷制に対する戦いで悪名挙げた(ポタワトミの虐殺)。ブラウンはオサワトミーの町で数百怒れ奴隷制支持者達から数十人の自由州支持者達を守ってもいた。 両派間の敵対関係軽度の内戦状態にまで達しピアース大統領には打撃となった新生間もない共和党は「血を流すカンザス」の醜聞利用した奴隷制擁護反奴隷開拓者双方によって日常的になった選挙妨害脅迫によっても反奴隷開拓者移民止めることはできず、カンザス埋め競走民主的な勝利を得た

※この「敵対」の解説は、「カンザス・ネブラスカ法」の解説の一部です。
「敵対」を含む「カンザス・ネブラスカ法」の記事については、「カンザス・ネブラスカ法」の概要を参照ください。


敵対

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 00:08 UTC 版)

陳余」の記事における「敵対」の解説

陳余漁師となった後、秦は滅亡した項羽諸侯対象大規模な論功行賞行い、趙を分割し趙歇代王にし張耳恒山王にした。これに対し多くの家臣が「張耳陳余刎頸の友であり、公平に恩賞与えるべきだ」という意見項羽寄せ陳余は王より階級が下である三県を支配する南皮侯に封じられた。張耳より階級下になった陳余大い恨みをもち、腹心夏説派遣して同じく項羽論功行賞恨みをもっている斉王となった田栄説かせて、兵を借りて張耳とその一族襲い張耳劉邦のもとへ逃亡した。そして陳余は、代王趙歇を再び趙王即位させ、自身は趙の宰相及び代王となった実際には代に赴任せず腹心夏説を代の宰相として派遣した楚漢戦争始まり韓信の手腕によって章邯司馬欣董翳率いる三秦を滅ぼした漢軍は各国連合して項羽打ち破るべく、各国同盟使者送った。趙の実力者となった陳余のもとにも、彭城の戦い参加するように使者訪れる。未だ張耳に強い恨みをもっていた陳余は、使者に対し参加条件として漢軍に参加している張耳首を差し出すように要求する劉邦張耳によく似た罪人処刑し、その首を張耳のものと偽って陳余差し出し趙軍参加うながしたこれにより連合軍56もの軍勢になった。 だが、各国自分勝手に陣を張ったために統率取れず項羽の3軍勢前に連合軍大敗、さらに陳余敗走の中で張耳生存していることを知り、漢軍と敵対することになった

※この「敵対」の解説は、「陳余」の解説の一部です。
「敵対」を含む「陳余」の記事については、「陳余」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「敵対」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

敵対

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 22:47 UTC 版)

名詞

てきたい

  1. 相手かたきとして憎みはむかうこと。

対義語

翻訳


「敵対」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



敵対と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「敵対」の関連用語

敵対のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



敵対のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの敵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの張耳 (改訂履歴)、カンザス・ネブラスカ法 (改訂履歴)、陳余 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの敵対 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS