交戦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 交戦 > 交戦の意味・解説 

こう‐せん〔カウ‐〕【交戦】

読み方:こうせん

[名](スル)戦いまじえること。互いに戦うこと。「敵国と―する」「―状態」


戦闘

(交戦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 16:02 UTC 版)

戦闘(せんとう、: Combat, Battle: proeliumプロエリウム)は、相互に敵対する二つの勢力による暴力相互作用である。戦斗、戦閗、戰闘などとも。


注釈

  1. ^ 旧軍用語では運動戦。

出典

  1. ^ 旧軍用語では遠戦・火戦(火器を用いた戦闘)と対比されることがある。



交戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/26 13:10 UTC 版)

クライスラー農園の戦い」の記事における「交戦」の解説

ボイド午後の半ばになって攻撃命令出さなかった。その後命令は出なかった。アメリカ軍右翼ではエリエザー・ホィーロック・リプリー大佐の第21歩兵連隊前進しイギリス軍散兵線から追い出しおよそ1マイル後退させた。ここで部隊止まって息を継ぎコールズ旅団の第12、第13連隊加わったこの時点でのソートワウトの他の2個連隊動き不明である)。リプリーコールズ外れ前進止めていたが、赤服イギリス軍)の戦列モリソン軍の左翼側面隊である第2、第89連隊大地から突如現れて銃火開いたのを見て驚かされたアメリカ兵は木茂み陰に飛び込んで反撃開始したが、この攻撃命令もその契機無くなってしまった。弾薬足りなくなると、一目散に後方にとって返した。 一方コビントン旅団峡谷越えるのに苦労し横隊組んだところで榴散弾食らった伝説に依ればこの時コビントンカナダ民兵が着る灰色厚地の上着を纏った第49連隊率いていたが、部下向かって「こっちへ来い!民兵をどう扱うか見てやろう」と叫んだという。一瞬後、コビントン致命傷負った第2指揮官が指揮替わったがまた即座に戦死しただけであった。この旅団指揮系統失って撤退を始めた。 ボイドは自隊の歩兵連隊撤退してしまうまで6門の大砲使えなかった。川堤沿った道路から砲撃を始めたとき、極めて有効だったモリソン第2指揮官ジョン・ハーベイ中佐が第49連隊アメリカ軍砲兵隊への攻撃命じたウィルキンソン事務担当副官ジョン・ウォルバック大佐率いた竜騎兵隊が割って入り、第49連隊空いた右翼衝いた。第49連隊攻撃中止し旋回してその右翼引いた激し銃火の中で竜騎兵隊は2回の突撃繰り返したが、結局後退したこの時損失部隊兵130名の内、18であった竜騎兵隊は時間使って大砲を1門を除いて撤収できた。バーンズ中隊は、泥にはまって放棄された大砲1門を捕獲した。 既に4時半頃であったアメリカ軍大半は潰走していた。エドムンド・P・ゲインズ大佐の第25連隊とティモシー・アッパム中佐舟艇護衛隊峡谷暫く持ち堪えたが、ピアソン左側面に回り込もう脅し掛けたので、残っていた部隊撤退した暗くなり、天候嵐のような様相になったため、イギリス軍前進止めたアメリカ軍混乱したまま舟艇まで引き返し、川の南岸渡ったイギリス軍損失は、モリソン最初の報告書戦死22名、傷者148名および不明が9名となっていたが、さらに9名が戦死不明も4名が増えたアメリカ軍3名士官含めて多くの傷者戦場に取残されたアメリカ軍再攻撃掛けて来ることを恐れてイギリス軍暫く戦場離れなかった。赤服戦場回って傷者収容し一時しのぎ野戦病院送り込むまで、傷者寒風の中で何時間も放置されていた。

※この「交戦」の解説は、「クライスラー農園の戦い」の解説の一部です。
「交戦」を含む「クライスラー農園の戦い」の記事については、「クライスラー農園の戦い」の概要を参照ください。


交戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 08:07 UTC 版)

賤ヶ岳の戦い」の記事における「交戦」の解説

4月16日6月6日)、一度は秀吉に降伏していた織田信孝伊勢の一益と結び再び挙兵岐阜城下へ進出した。ここに来て近江伊勢美濃の3方面作戦強いられることになった秀吉は翌4月17日6月7日美濃進軍するも、揖斐川氾濫より大垣城に入った秀吉軍勢多く近江から離れたのを好機見た勝家部将佐久間盛政意見具申もあり、4月19日6月9日)、盛政に直ち大岩山砦を攻撃させた。大岩山砦を守っていたのは中川清秀であったが、耐え切れず陥落清秀討死続いて黒田孝高部隊が盛政の攻撃を受けることとなったが、奮戦し守り抜いた。盛政はさらに岩崎山陣取っていた高山右近攻撃右近支えきれずに退却し木ノ本羽柴秀長陣所逃れた。この成果得て勝家は盛政に撤退命令下したが、再三命令にもかかわらず何故か盛政はこれに従おうとせず、前線着陣続けた4月20日6月10日)、劣勢である判断した賤ヶ岳砦の守将、桑山重晴撤退開始するこれにより盛政が賤ヶ岳砦を占拠するのも時間の問題かと思われた。しかしその頃時を同じくして船によって琵琶湖渡っていた丹羽長秀が「一度坂本に戻るべし」という部下反対にあうも機は今を置いて他にないと判断し進路変更して海津の上陸を敢行した事で戦局一変。長秀率いる2,000軍勢撤退開始していた桑山重晴軍勢とちょう鉢合わせする形となるとそれと合流しそのまま賤ヶ岳周辺の盛政の軍勢撃破し賤ヶ岳砦の確保成功する同日大垣城にいた秀吉大岩山砦等の陣所落城知り直ちに軍を返した14時大垣出た秀吉軍は木ノ本までの13里(52キロ)の距離を5時間で移動した(美濃大返し)。佐久間盛政は、翌日未明秀吉らの大軍強襲されたが奮闘。盛政隊を直接崩せないと判断した秀吉柴田勝政(盛政の実弟)に攻撃対象変更、この勝政を盛政が救援するかたちで、両軍激戦となった

※この「交戦」の解説は、「賤ヶ岳の戦い」の解説の一部です。
「交戦」を含む「賤ヶ岳の戦い」の記事については、「賤ヶ岳の戦い」の概要を参照ください。


交戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 04:44 UTC 版)

サパティスタの反乱」の記事における「交戦」の解説

サパティスタ3000人ほどの、貧弱な武装をした先住民ゲリラに過ぎなかったものの、政府側はメキシコ軍派遣して包囲攻撃行い徹底的な鎮圧図ったサパティスタ潜伏しているとみられる先住民集落に対し空爆行いその後特殊部隊派遣されゲリラ達を次々と掃討ていったこれらの戦闘は、合計12日続いたメキシコ軍攻撃により、サパティスタ側に150人近い犠牲者出た

※この「交戦」の解説は、「サパティスタの反乱」の解説の一部です。
「交戦」を含む「サパティスタの反乱」の記事については、「サパティスタの反乱」の概要を参照ください。


交戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/05 23:13 UTC 版)

スモレンスク戦争」の記事における「交戦」の解説

ロシア軍1632年10月初旬リトアニア国境突破した同軍準備万全で司令官には1609年から1611年スモレンスク包囲ポーランド人から同市防衛したミハイル・シェインが任じられていた。ロシア軍はいくつかの町と城を陥落させ、歴史的都市ドロゴブージ占領した1632年10月28日シェインスモレンスク包囲に取かかったロシア軍規模は25000から3、34500などと見積もられており、160大砲持ち込んでいた。以前比べるとロシア軍はかなり近代化されていた。マスケット銃装備した歩兵隊ストレリツィ)という伝統的な軍隊組織飽き足らずロシア人達は装備最新式にし、西ヨーロッパ・モデルの常備軍竜騎兵、黒騎兵などに編成した軍隊率い外国人指揮官期待していたシェイン軍隊には西欧化された1万4000から1万7000人の兵で構成される8つ連隊含まれていた。

※この「交戦」の解説は、「スモレンスク戦争」の解説の一部です。
「交戦」を含む「スモレンスク戦争」の記事については、「スモレンスク戦争」の概要を参照ください。


交戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/15 01:50 UTC 版)

トゥーロンの海戦」の記事における「交戦」の解説

2月22日に、トマス・マシューズ指揮下のイギリス戦列艦30隻が、フランス・スペイン連合艦隊27隻の後衛を成すスペイン戦隊攻撃した前衛主力構成するフランス艦隊戦闘から距離を置いていた。マシューズは、オーストリア継承戦争対立するどちらの側からでも他方宣戦布告した場合に備えてフランス艦隊追っていた。12隻のスペイン艦はドン・フアン・ホセ・ナバロの指揮下にあった。午後5時両者互いに離脱した。彼らは翌日互いに遠くから砲火交わしたが、イギリス艦隊痛手被っており、さらにフランス艦がスペイン艦隊支援近づいてきたため、イギリス側撤退余儀なくされた。2月24日マシューズイタリアへ退いた

※この「交戦」の解説は、「トゥーロンの海戦」の解説の一部です。
「交戦」を含む「トゥーロンの海戦」の記事については、「トゥーロンの海戦」の概要を参照ください。


交戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 05:58 UTC 版)

1797年1月13日の海戦」の記事における「交戦」の解説

ペリューは、敵艦が自艦インディファティガブルよりもはるかに大型であること、8海里15キロ離れているアマゾンが、仮にこの場やって来て共に戦ったとしても、敵艦との釣り合い取れるほどの大きさでないことをわかっていた。とはいえラクロスドロワ・ド・ロム下げ甲板砲門開いたら大西洋高くうねる波が押し寄せて、艦が沈没する危険があるだろうという推測正しかった実際ドロワ・ド・ロムは、戦闘中下げ甲板砲門を開くことが全く不可能であった。この砲門は、普通の砲門とは違って14インチ36センチ低めに設計されており、その結果どういう開き方をしても海水流れ込み下げ甲板からの砲撃が全くできず、この艦からの砲撃力を半減させることになったドロワ・ド・ロムにとって、使用可能な砲の数が減りはしたものの、大きさ砲弾重量、そして人力の点にかけてはラクロスの艦が有利だった。その状況も、トップマストが折れたことにより不利になった。このことでドロワ・ド・ロム安定欠き相手への照準舵取りとは敵艦よりも困難になり、強風の中で横揺れしたラクロス士官たちが驚いたのは、インディファティガブルドロワ・ド・ロムから去って行こうとせず、また、ラクロス予想したような、長距離風下に進むこともしなかった。17時30分インディファティガブルはむしろドロワ・ド・ロム船尾に接近し掃射行ったラクロスはこの攻撃対抗して上甲板大砲から砲撃を始め艦上の兵たちがそれに伴ってマスケット銃発射した。そこでペリューは、ドロワ・ド・ロム引き離そうとして、船首掃射したラクロス応戦して船首インディファティガブル激しく当てたからだ。どちらの戦略もうまくいかなかった。ドロワ・ド・ロムイギリス艦に掃射したものの、与えた損害はほとんどなく、またその砲弾大西洋へと散らばったからであるインディファティガブルドロワ・ド・ロム互いの艦のあちこちに策を弄し砲撃交わした18時45分より後になってアマゾンやって来た。この交戦の間、ドロワ・ド・ロム大砲一部燃え甲板多くいた乗員多数死傷者出たアマゾンレイノルズ艦長は、すべての帆に風を受けて自分よりはるかに大きなドロワ・ド・ロム接近しピストル射程ほどにまで近寄ってから掃射したラクロスは、このもう1隻の敵艦を、自艦の西の方向で、インディファティガブル鉢合わせするように仕向けたそうすることによって、十字砲火巻き込まれるのを避けられたからだった 。戦闘19時30分まで続きその後アマゾンインディファティガブルは、早急に修理するために敵艦先に出た20時30分には、この2隻は、自分たちよりはるかに速度の遅いドロワ・ド・ロムところへ戻りその前を縫うように進み繰り返し掃射加えたラクロスはだんだん捨て鉢になった。イギリス艦に船体をぶつけようとするも失敗し横揺れ激しい艦では、小型の大砲をどうにか配置しようとするもうまくいかなかった。相手確実に照準合わすのが不可能だったのである22時30分には、ドロワ・ド・ロム多くの難事直面していた。乗員多くの死傷者出ており、イギリス艦の砲撃によって、ミズンマスト失っていた。敵艦が、かなり打ちのめされた状態であるのに気付いたペリューレイノルズは、敵艦船尾部分近寄った。この2隻にもまだ、砲弾を受けてかなりの火の気があった、ドロワ・ド・ロムからまばらに反撃されたのだったドロワ・ド・ロム4000もの砲弾使い切っており、ラクロス敵艦破裂弾を使わざるを得なくなった。強風の中で破裂弾は、実弾よりも効果が薄いことがわかったが、しかし敵艦2隻を確実に遠くへ追いやったフランス艦が殆どその場動かないので、イギリスの2隻のフリゲート艦は、弧を描いて飛んでくる破裂弾の射程外にいることが可能で必要な部分修理したり、荒天のため位置がずれた大砲配置しなおすことができた。夜が明けるまで、3隻の手負いの艦は狭い範囲内での勝負終始し午前4時20分インディファティガブルジョージ・ベル海尉突如として風下2海里(3.7キロ)の地点陸地見えているのを発見した

※この「交戦」の解説は、「1797年1月13日の海戦」の解説の一部です。
「交戦」を含む「1797年1月13日の海戦」の記事については、「1797年1月13日の海戦」の概要を参照ください。


交戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 17:46 UTC 版)

ブルターニュ沖海戦」の記事における「交戦」の解説

イギリス駆逐群はイギリス海峡西へ向かって移動していたときの6月9日午前1時直後にレーダーによってドイツ軍艦船発見された。一方、このときドイツ艦隊バッ島(Île de Batz)の西北西30マイル付近地点におり、北東の方に影を発見してその調査向かった。そして戦闘発生した。 まずドイツ軍雷撃行った命中せず続いて19駆逐隊による砲撃ドイツの駆逐艦3隻が被弾損傷したZH1航行不能となり、Z32北西へ、Z24T24南西向かったこの後Z32第20駆逐隊遭遇して交戦し、それから今度ターターおよびアシャンティ交戦した。この戦闘Z32は再び被弾したが、エスキモーターター損傷させた。Z32との交戦後、ターター及びアシャンティZH1交戦しアシャンティ至近距離から魚雷2発を発射したそのうちの1発がZH1命中し艦首吹き飛ばしたZH1艦長クラウス・バルコウは退艦命令出し、艦は放棄され0240分に自沈した。バルコウ艦長以下39名が死亡し28名はフランスにうまくたどりつき、残り140名はイギリス軍により救助された。 ハイダヒューロンZ24T24イギリス軍機雷原入り込むまで追跡したが、結局見失うこととなったこの後Z24T24旗艦との通信回復して帰投許可を得、夕刻ブレスト到着した一方旗艦Z32最終的にハイダヒューロン捕捉され被弾して速度低下し最後バッ島に座礁した

※この「交戦」の解説は、「ブルターニュ沖海戦」の解説の一部です。
「交戦」を含む「ブルターニュ沖海戦」の記事については、「ブルターニュ沖海戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「交戦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

交戦

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:00 UTC 版)

名詞

こうせん

  1. いに戦うこと。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
交戦-する

「交戦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



交戦と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「交戦」の関連用語

交戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



交戦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクライスラー農園の戦い (改訂履歴)、賤ヶ岳の戦い (改訂履歴)、サパティスタの反乱 (改訂履歴)、スモレンスク戦争 (改訂履歴)、トゥーロンの海戦 (改訂履歴)、1797年1月13日の海戦 (改訂履歴)、ブルターニュ沖海戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの交戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS