敵娼とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 敵娼の意味・解説 

あい かた あひ- [0] 【相方】

相手相手方。特に,三味線伴奏者。また,歳などの相手役
(「敵娼」とも書く)遊郭で,客の相手遊女

敵娼

読み方:あいかたあいがた

  1. 遊廓お客相手になる娼妓のことをいふ。〔花柳語〕
  2. 遊廓お客相手になる女郎のこと。〔花柳界
  3. 遊廓お客相手になる娼妓のことをいふ。
  4. 〔俗〕遊里用語。遊客相手になる遊女。敵娼とも書く。
  5. 遊客相手になる娼妓のことをいふ。
  6. 相手娼妓を云ふ。
  7. 遊里用語。遊客相手になる遊女、敵媚とも書く。
  8. 花柳界用語。遊郭で、お客相手になる女郎のこと、「昨夜の、君の敵娼はなかなか美人だつたぢやないか」。
  9. 〔花〕遊客相手になる遊女
  10. 遊客相手になる娼婦。(敵娼)。「相方」のこと。〔花〕
  11. 赤線時代登楼して自分一夜妻になった女。

分類 花柳界花柳界風俗花柳語、花/風俗芸能遊里用語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「敵娼」の関連用語

敵娼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



敵娼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS