伊達政宗とは? わかりやすく解説

だて‐まさむね【伊達政宗】


伊達政宗

作者檀一雄

収載図書戦国名将
出版社徳間書店
刊行年月1988.5
シリーズ名徳間文庫


伊達政宗

作者大栗丹後

収載図書戦国武将まんだら秘本三十六人
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.8
シリーズ名春陽文庫


伊達政宗

作者海音寺潮五郎

収載図書武将列伝 戦国終末新装版
出版社文藝春秋
刊行年月2008.6
シリーズ名文春文庫


伊達政宗


伊達政宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/28 03:29 UTC 版)

伊達 政宗(だて/いだて[3][4] [5]まさむね)は、出羽国山形県)と陸奥国宮城県福島県)の武将戦国大名伊達氏の第17代当主。近世大名としては、仙台藩宮城県岩手県南部)の初代藩主で、最後の戦国大名である。


注釈

  1. ^ 第12代当主・成宗足利義政の初名・義成、嫡男の第13代当主・尚宗義尚からの一字拝領であったが、義政からの一字拝領を受けた「伊達政宗」は存在しない。
  2. ^ 1974年に政宗の遺骨を調査したときに左足腓骨の骨折跡が確認されている[27]
  3. ^ 東北地方の戦国時代史研究家である小林清治は、政宗の勢力拡張について、平安後期に白河以北の地を席巻した奥州藤原氏の勢力に匹敵するものであると評した[29][30]。 一方、同じく研究家の垣内和孝は政宗が家督を継ぐ直前の天正9年に発生した御代田合戦の結果、佐竹義重が会津・仙道・海道を地域統合した盟主としての地位を確立するとともに伊達氏の勢力と隣接していたことを指摘し、政宗の当初の意図は佐竹氏とその傘下の連合勢力の北上に立ち向かうものであったものが、彼の軍事的才能によって反攻に転じ、数年で政宗と義重の立場が入れ替わったと指摘している[31]。また、『重修真書太閤記』では「正宗終に二本松大崎一栗などを合わせ150万石余を知行しけるが」と記述されている。 政宗の領土は面積的には、東北地方の1/3に留まる。しかし、太閤検地時に石高の高い東北地方南部を支配しているため、石高では高くなる。 石高の言及はないが、政宗が奥羽の30余郡を支配したとの同様の記述は『氏郷記』にもある。
  4. ^ 田村領也二本松領、二階堂領を含んでの72万石であり、政宗が相続した当時は当然田村氏・二本松氏・二階堂氏がそれぞれ統治していた。
  5. ^ 慶長2年に書かれた宇都宮国綱家臣録の中村日向守の功に「後仙台伊達ト号ス陸奥守ノ先祖也」との但書が記載されており、中村城主であった時長が当時既に伊達家との縁戚関係にあった事が周知の事項であったと推察されている。
  6. ^ 伊達男とは政宗が派手好みでばさらかぶきな振る舞いが多い事から苗字を取って伊達男となった、と思われる事が多いが、伊達政宗の数百年前から「男立て」(おとこだて。男らしくあるいは勇敢に振舞う、という意味だが、徐々に男らしさを演出する傾向が強くなっていく)という言葉があり、それが略されて「だて」となり、やがて「伊達」と結び付けられていった。
  7. ^ 重臣・片倉景綱(小十郎)は、上杉・最上両軍の戦いを山形城が落城するまで傍観し、上杉勢が疲弊しきった所を討つべしと進言したが、母・義姫がいる山形城を見捨てるに忍びないと、政宗はこの策を受け入れなかったという説話がある。
  8. ^ 河北新報で連載されている「独眼竜政宗」(千葉真弓著)など
  9. ^ ただし、既述の通り、政宗はこの叙任を辞退している。
  10. ^ この時点で、水戸徳川家当主・頼房加賀前田家当主・利常薩摩島津家家久と官位が並ぶ

出典

  1. ^ a b 小林 1959, p. 1.
  2. ^ a b c 小林 1959, p. 215.
  3. ^ 『伊達政宗遣欧使節記』 - 京都外国語大学・京都外国語短期大学附属図書館
  4. ^ 大槻文彦『伊達行朝勤王事歴』
  5. ^ 小林 1959, p. 5.
  6. ^ 小林 1959, p. 3.
  7. ^ 米沢・舘山城跡で発掘調査始まる「伊達政宗生誕の地」の説も 河北新報 2021年9月26日、2022年5月17日閲覧。
  8. ^ 小林 1959, p. 20.
  9. ^ 垣内 2017, pp. 56–57, 「伊達政宗の家督継承と蘆名氏」.
  10. ^ 小林 1959, p. 26.
  11. ^ 小林、1985、p.26
  12. ^ 飯田紀伊守宛知行判物
  13. ^ 10月23日付伊達政宗書状(『政宗文書』5号)
  14. ^ 某年正月26日付伊達輝宗書状(青山文書『福島県史 7』69-50)。 年代は不明であるが小林清治はこの書状の中には天正2年(1574年)9月に死去した田村隆顕(清顕の父)の話題も入っているため、同年以前の作成とする。
  15. ^ 天正12年10月9日付谷部下野守宛佐竹義重書状(『大日本史料』11の9)・天正14年10月16日付佐竹義重覚書(「秋田藩採集文書」10および『会津若松史』8
  16. ^ 小林 2008, pp. 22–29, 「政宗家督相続の前提」.
  17. ^ 垣内 2017, p. 29, 「南奥の統合と佐竹氏・伊達氏」.
  18. ^ 佐藤貴浩 著「大内定綱の動向と伊達氏」、戦国史研究会 編 『戦国期政治史論集 東国編』岩田書院、2017年、17-19頁。ISBN 978-4-86602-012-9 
  19. ^ 垣内 2017, pp. 58–62, 「伊達政宗の家督継承と蘆名氏」.
  20. ^ 垣内 2017, pp. 55–63, 「伊達政宗の家督継承と蘆名氏」.
  21. ^ 高柳光寿 『青史端紅』朝日新聞社、1962年、165-172頁。 
  22. ^ 小林 2008, pp. 36-43・48-49, 「美作守補任辞退」.
  23. ^ 小林 2008, pp. 43–48, 「美作守補任辞退」.
  24. ^ 垣内 2017, pp. 66–82, 「天正一四年の二本松「惣和」と伊達政宗」.
  25. ^ 中野等「豊臣政権の関東・奥羽仕置(続論)」『九州文化史研究所紀要』58号、九州大学附属図書館付設記録資料館九州文化史資料部門、2015年、 140頁。
  26. ^ 中野、2015、p.148-149。
  27. ^ 小林 2008, pp. 79・88, 「政宗の和戦」.
  28. ^ 中野、2015、p.155。
  29. ^ 小林 1985, p. 47.
  30. ^ 「伊達政宗」 『戦国武将合戦事典』吉川弘文館、2005年。 
  31. ^ 垣内 2017, 終章「伊達政宗と南奥の戦国時代」.
  32. ^ a b 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」『駒沢史学』49号、1996年。
  33. ^ 山本博文 『天下人の一級史料』柏書房、2009年。 
  34. ^ 宮本義己「徳川家康の豊臣政権運営―「秀吉遺言覚書」体制の分析を通して―」『大日光』74号、2004年。
  35. ^ a b 村川浩平「松平氏下賜」
  36. ^ 横田信義「近世初期の将軍と大名」『國學院雑誌』89巻11号、1988年。
  37. ^ 宮本義己「戦国「名将夫婦」を語る10通の手紙」『歴史読本』42巻10号、1997年。
  38. ^ 真田信繁(幸村)が死の直前に子供(お梅)を託した意外な人物!!” (日本語). 大河ドラマ セレクト日本史 (2015年7月12日). 2022年11月28日閲覧。
  39. ^ 広島県「水野記」『広島県史近世資料編1』1973年。
  40. ^ a b 新人物往来社「伊達政宗」 『日本史有名人の晩年』新人物往来社、2010年、10-13頁。ISBN 978440403852-4 
  41. ^ 小林 1959, p. 212.
  42. ^ 小林 1959, p. 214.
  43. ^ a b c 小林 1959, p. 217.
  44. ^ 角川書店 編「伊達政宗」 『関ケ原と大坂の陣』〈角川文庫 日本史探訪 第12巻〉1983年、84-85頁。 
  45. ^ 「独眼竜正宗」 眼帯をつけていたのは本当か”. NEWSポストセブン (2017年8月13日). 2020年11月11日閲覧。
  46. ^ 千葉 2019, 政宗は刀の鍔の眼帯をしていた?.
  47. ^ 時代考証を務めた歴史学者丸島和洋のTwitterでの投稿:「伊達政宗。眼を隠すかどうかは議論になりました。刀の鍔を眼帯にしたというのは、たぶん「独眼竜政宗」かそれに先立つ映像作品の創作です。同時代に近い史料をみると、眼を覆っていた様子がないので、何もなしという案もあったのですが、「誰だか分からない」という実に的確な意見でああなりました。」” (2016年). 2016年6月21日閲覧。
  48. ^ 小林 2008, 「政宗の「独眼竜」と虎哉宗乙」.
  49. ^ 小林清治「伊達政宗誕生伝説考」『仙台郷土研究』18巻4号、1958年。
  50. ^ 佐藤憲一「伊達政宗の母、義姫の出奔の時期について」『仙台市博物館調査研究報告』15号、1995年。
  51. ^ Japón 姓を持つスペイン人を DNA 鑑定、彼らは慶長遣欧使節一行の子孫なのか?
  52. ^ 山本晃「仙台の社寺と教会」293頁。
  53. ^ 伊達政宗の黒甲冑” (日本語). 刀剣ワールド. 2021年9月3日閲覧。
  54. ^ みそのちから 歴史と伝統を受け継ぐ - 仙台味噌醤油株式会社
  55. ^ 「仙台みそ」の長い歴史 - 宮城県味噌醤油工業協同組合
  56. ^ 仙台城のみどころ-造酒屋敷跡の発掘調査 - 仙台市
  57. ^ a b Sendai, 仙台市役所 City of. “主な収蔵品 8 歴史資料(1)” (日本語). 仙台市役所 City of Sendai. 2021年3月11日閲覧。
  58. ^ a b 自筆書状の魅力を存分に 岐阜・関、増田孝さん初の収集展:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2021年3月11日閲覧。
  59. ^ 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城” (日本語). 毎日新聞. 2021年3月11日閲覧。
  60. ^ 礼状に政宗の人柄にじむ 茶人・織田有楽斎に心遣い(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2019年5月4日). 2021年3月11日閲覧。
  61. ^ 伊達政宗が口利き依頼の手紙/長男領地、家康側近に”. 四国新聞社. 2021年3月11日閲覧。
  62. ^ a b c d 【独自】伊達政宗作「達磨図」90年ぶり発見 展覧会出品後、行方不明に 河北新報 2022年5月17日、2022年5月17日閲覧。
  63. ^ <伊達政宗>梅にスズメ自筆絵 唯一現存品か”. 河北新報社. 2015年11月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月29日閲覧。
  64. ^ 涌谷伊達家の至宝紹介 甲冑、刀など武具20点”. 河北新報社. 2019年9月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月6日閲覧。
  65. ^ 子孫が語る刀剣と秘話 伊達政宗にとって刀とは家を存続させる象徴 (1/2) - AERA dot.
  66. ^ 小林 1959, p. 186.
  67. ^ 宮本義己「閑所で気分と体調を整え"散鬱"して長命を保つ」 『伊達政宗―奥州より天下を睨む独眼龍』〈新・歴史群像シリーズ 19〉2009年。 
  68. ^ 76 五常訓は政宗の作かどうか”. 要説宮城の郷土誌 (1983年)(仙台市民図書館,種部金蔵 編). 仙台市. p. 177 (2014年). 2014年10月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月25日閲覧。
  69. ^ 「ミス・ワールド2018」日本代表決定 伊達政宗の末裔・慶応大学の伊達佳内子さんモデルプレス、2018年8月28日
  70. ^ 骨は語る_徳川将軍・大名家の人びと[要ページ番号]
  71. ^ a b 「独眼竜」が猫にデレデレ? 書状が伝える意外すぎる武将の一面”. 山陰中央新報デジタル (2022年2月6日). 2022年2月20日閲覧。
  72. ^ 伊達政宗の書状を初公開 猫テーマのミニ企画展”. 山陰中央新報デジタル (2022年1月14日). 2022年2月20日閲覧。
  73. ^ 湯浅常山「直江兼続が事」 『常山談紀』博文館、1909年。 三○ 七頁
  74. ^ 常山談紀 国立国会図書館デジタルコレクション 2022年11月2日閲覧
  75. ^ 湯浅常山「氏郷伊達の刺客を免されし事」 『常山談紀』博文館、1909年。 二五五頁
  76. ^ 『官報』第5507号「叙任及辞令」1901年11月9日。
  77. ^ 桑田忠親 『豊臣秀吉研究』角川書店、1975年、640-647頁。 
  78. ^ 鈴木尚 『骨が語る日本史』学生社、1998年。 
  79. ^ 三藩主の墓とその遺品”. 瑞鳳殿公式HP. 2021年4月23日閲覧。
  80. ^ ザ・AZABU 第44号”. 港区麻布地区総合支所. 2020年11月7日閲覧。
  81. ^ <御藩祖をどり>幻のご当地ソング82年ぶり復活 伊達政宗三百回忌に制作も…特高警察の圧力で「発禁」『河北新報』2017年12月4日
  82. ^ 佐々木伸:幻の歌 82年ぶり復元◇発禁処分の政宗「御藩祖をどり」たどり、今春にも演奏会◇『日本経済新聞』朝刊2018年9日(文化面)


「伊達政宗」の続きの解説一覧

伊達政宗(だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 23:30 UTC 版)

御指名武将真田幸村 かげろひ -KAGEROI-」の記事における「伊達政宗(だて まさむね)」の解説

天下統一野望を抱く伊達家当主隻眼竜と呼ばれる通り片目眼帯隠している

※この「伊達政宗(だて まさむね)」の解説は、「御指名武将真田幸村 かげろひ -KAGEROI-」の解説の一部です。
「伊達政宗(だて まさむね)」を含む「御指名武将真田幸村 かげろひ -KAGEROI-」の記事については、「御指名武将真田幸村 かげろひ -KAGEROI-」の概要を参照ください。


伊達政宗(だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 16:01 UTC 版)

シグルイ」の記事における「伊達政宗(だて まさむね)」の解説

仙台中納言徳川秀忠家光親父殿慕われ史実翻案し忠長にも同様の信頼置かれている。京都に向かう途中駿府忠長面会し秀忠薨去した際の、家光に対する謀反計画への連判求められたが、もはや自身には軍武力も無いことを木剣示し、これを拒否した(これも家光の前で帯刀遠慮して木剣挿していた逸話翻案したものである)。

※この「伊達政宗(だて まさむね)」の解説は、「シグルイ」の解説の一部です。
「伊達政宗(だて まさむね)」を含む「シグルイ」の記事については、「シグルイ」の概要を参照ください。


伊達政宗(仙台)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:07 UTC 版)

桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」の記事における「伊達政宗(仙台)」の解説

手持ちの急行系カード上位カードランクアップしてくれる。「リニア周遊カード」を新規に入手する方法は、このヒーロー効果のみ。

※この「伊達政宗(仙台)」の解説は、「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」の解説の一部です。
「伊達政宗(仙台)」を含む「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」の記事については、「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」の概要を参照ください。


伊達政宗(だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 23:40 UTC 版)

猛き黄金の国 柳生宗矩」の記事における「伊達政宗(だて まさむね)」の解説

奥州戦国大名。宗矩と相対する

※この「伊達政宗(だて まさむね)」の解説は、「猛き黄金の国 柳生宗矩」の解説の一部です。
「伊達政宗(だて まさむね)」を含む「猛き黄金の国 柳生宗矩」の記事については、「猛き黄金の国 柳生宗矩」の概要を参照ください。


伊達政宗(だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 14:34 UTC 版)

戦国ARMORS」の記事における「伊達政宗(だて まさむね)」の解説

奥州伊達家当主。「独眼竜」の異名を持つ若い武者秀吉忠誠誓っている様子無く自らの手で天下統一を狙う。

※この「伊達政宗(だて まさむね)」の解説は、「戦国ARMORS」の解説の一部です。
「伊達政宗(だて まさむね)」を含む「戦国ARMORS」の記事については、「戦国ARMORS」の概要を参照ください。


伊達政宗(声:根本幸多)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 23:13 UTC 版)

決戦III」の記事における「伊達政宗(声:根本幸多)」の解説

奥州戦国大名。「富士合戦」に登場し北条家同盟結んで敵対するが、信長に付いた方が有利と見られるNPCとして味方になる兵種鉄砲騎馬を使う。

※この「伊達政宗(声:根本幸多)」の解説は、「決戦III」の解説の一部です。
「伊達政宗(声:根本幸多)」を含む「決戦III」の記事については、「決戦III」の概要を参照ください。


伊達政宗(だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 16:32 UTC 版)

セレベスト織田信長」の記事における「伊達政宗(だて まさむね)」の解説

株式会社D.A.T.EのCEO信長敗北し、のちに眼窩ピータン生成する

※この「伊達政宗(だて まさむね)」の解説は、「セレベスト織田信長」の解説の一部です。
「伊達政宗(だて まさむね)」を含む「セレベスト織田信長」の記事については、「セレベスト織田信長」の概要を参照ください。


伊達政宗 (だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 04:53 UTC 版)

GATE 7」の記事における「伊達政宗 (だて まさむね)」の解説

よく言えばロックスタイル、悪く言えばかなりの問題児童な小学5年生。隠威は「倶利伽羅と言う名の刀。政宗右目はその倶利伽羅与えたため、隻眼となった。はなが大好きだが、当の本人からはあしらわれていることが多い。はなと親しい致佳人恋敵として毛嫌いしている。早く大人になりたいという願望から、小学1年生の時から小学6年生自称している。

※この「伊達政宗 (だて まさむね)」の解説は、「GATE 7」の解説の一部です。
「伊達政宗 (だて まさむね)」を含む「GATE 7」の記事については、「GATE 7」の概要を参照ください。


伊達政宗(だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 00:25 UTC 版)

テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の記事における「伊達政宗(だて まさむね)」の解説

林崎甚助後援者

※この「伊達政宗(だて まさむね)」の解説は、「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の解説の一部です。
「伊達政宗(だて まさむね)」を含む「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の記事については、「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の概要を参照ください。


伊達政宗(だて・まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 06:01 UTC 版)

ダブルクロス・リプレイ・ジパング」の記事における「伊達政宗(だて・まさむね)」の解説

ケルト神話邪神バロール融合言動痛く、知博曰く思春期自意識妙にこじらせた感じ」。伯父にあたる出羽戦国大名最上義光討った従者暗黒竜クロウ・クルーアッハとともに米沢でイクフサと戦った故人でないため他の十字軍よりも弱くイクフサに敗れ正気に返った

※この「伊達政宗(だて・まさむね)」の解説は、「ダブルクロス・リプレイ・ジパング」の解説の一部です。
「伊達政宗(だて・まさむね)」を含む「ダブルクロス・リプレイ・ジパング」の記事については、「ダブルクロス・リプレイ・ジパング」の概要を参照ください。


伊達政宗(だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:34 UTC 版)

「あずみ」の記事における「伊達政宗(だて まさむね)」の解説

有名な戦国武将だった仙台藩主。またの名を「独眼竜」。徳川の世で生きる糧無くして不平不満を持つ忍びの頭たちを集め江戸城侵入し将軍秀忠ほか、幕府中枢人物討ち取徳川幕府大混乱陥れた上で挙兵し伊達家天下を取る陰謀企てている。情報掴んだ天海があずみを政宗を討つ刺客として送り込むあずみの活躍忍びの頭たちを全て討たれ謀略破れた後、宮本武蔵護衛仙台逃げ戻ろうとしたが、武蔵詫びて彼を振り切ってあずみと会うことにした。あずみと会話した後、自害決意し、あずみに介錯頼んで果てた政宗心を動かされたあずみが天海懇願したことにより事件起こして死んだのは政宗騙る偽物とされ、影武者政宗による仙台藩存続認められた

※この「伊達政宗(だて まさむね)」の解説は、「あずみ」の解説の一部です。
「伊達政宗(だて まさむね)」を含む「あずみ」の記事については、「あずみ」の概要を参照ください。


伊達 政宗(だて まさむね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 09:47 UTC 版)

実況パワフルプロ野球2013」の記事における「伊達 政宗(だて まさむね)」の解説

テニス部キャプテンイタズラ好き。武将になる前の前は不明合戦勝利後は部活兼任している。

※この「伊達 政宗(だて まさむね)」の解説は、「実況パワフルプロ野球2013」の解説の一部です。
「伊達 政宗(だて まさむね)」を含む「実況パワフルプロ野球2013」の記事については、「実況パワフルプロ野球2013」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「伊達政宗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「伊達政宗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



伊達政宗と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伊達政宗」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伊達政宗のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊達政宗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの御指名武将真田幸村 かげろひ -KAGEROI- (改訂履歴)、シグルイ (改訂履歴)、桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻 (改訂履歴)、猛き黄金の国 柳生宗矩 (改訂履歴)、戦国ARMORS (改訂履歴)、決戦III (改訂履歴)、セレベスト織田信長 (改訂履歴)、GATE 7 (改訂履歴)、テンカイチ 日本最強武芸者決定戦 (改訂履歴)、ダブルクロス・リプレイ・ジパング (改訂履歴)、あずみ (改訂履歴)、実況パワフルプロ野球2013 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS