頼山陽とは?

らいさんよう -さんやう 【頼山陽】 ○

1780~1832江戸後期儒学者歴史家漢詩人書家。名は襄(のぼる)、通称は久太郎別号三十六峰外史春水長男江戸に出て尾藤二洲に学ぶも、性豪放にして遊蕩に日を送り自邸内に監禁。のち上京して書斎山紫水明処」を営み各地遊歴文人墨客交わりすぐれた詩文や書を遺した。その著「日本外史」は幕末期における歴史観大きな影響与えた。他に著「日本政記」「日本楽府」「山陽詩鈔」など。

らいさんよう 【頼山陽】

江戸後期儒学者歴史家漢詩人書家。名は襄、別号三十六峰外史広島藩儒官頼春水長男江戸に出て尾藤二洲に学んだ。性豪放遊蕩に日を送り自邸内に監禁。のち上京して書斎山紫水明処」を営み各地遊歴文人墨客交わりすぐれた詩文や書を遺した。その著『日本外史』は幕末期における歴史観大きな影響与えた。他に『日本政記』「日本楽府」『山陽詩鈔』など。(一七八〇~一八三二)

頼山陽


頼山陽

以下の映画頼山陽関連しています。


頼山陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/21 08:14 UTC 版)

頼 山陽(らい さんよう、安永9年12月27日1781年1月21日) - 天保3年9月23日1832年10月16日))は、大坂生まれの江戸時代後期の歴史家思想家漢詩人文人。幼名は久太郎(ひさたろう)、名は(のぼる)、字は子成山陽、三十六峯外史と号した。主著に『日本外史』があり、これは幕末尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。贈正四位[1]


  1. ^ 「叙任及辞令」『官報』1891年12月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 世界大百科事典第2版 「頼山陽」の項
  3. ^ http://www.geocities.jp/amakusa_tanken/raisanyoziseki.pdf
  4. ^ http://soutairoku.com/07_douzou/39_ra/rai_sannyou.html


「頼山陽」の続きの解説一覧



頼山陽と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頼山陽」の関連用語

頼山陽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



頼山陽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頼山陽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS