頼杏坪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 儒学者 > 頼杏坪の意味・解説 

らいきょうへい -きやうへい 【頼杏坪】 ○

1756~1834江戸後期儒学者安芸あき)の人。春水の弟。広島藩儒、のち郡代官となり治績を挙げた。著「芸藩通志」「春草堂詩鈔」など。

頼杏坪

読み方らい きょうへい

江戸後期儒者安芸生。春水春風の弟。名は惟柔、通称四郎、別号春草。郡方役所詰、奴可・三上郡代官をつとめ、のち三次町奉行専任民政にも尽力した。また香川景樹の門で和歌学び歌集唐桃集』がある。天保5年(1834)歿、79才。

頼杏坪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/27 13:37 UTC 版)

頼 杏坪(らい きょうへい、宝暦6年(1756年7月 - 天保5年7月23日1834年8月27日))は、江戸時代儒学者広島藩士。は惟柔(ただなご)、字は千祺(せんき)・季立、号は春草堂、通称は万四郎、別号に春草、杏翁。




「頼杏坪」の続きの解説一覧



頼杏坪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頼杏坪」の関連用語

頼杏坪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



頼杏坪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頼杏坪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS