「頼杏坪」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/81件中)

読み方:シュンソウドウシショウ(shunsoudoushishou)分野 漢詩集年代 江戸後期作者 頼杏坪...
読み方:シュンソウドウシショウ(shunsoudoushishou)分野 漢詩集年代 江戸後期作者 頼杏坪...
ナビゲーションに移動 検索に移動 運甓居(うんぺききょ)は、頼山陽の叔父頼杏坪が三次町奉行をしていた当時の役宅。広島県三次市三次町の旧館内と呼ばれる一画にあり、約130平方メートルの単層茅葺の家屋であ...
加藤 棕盧(かとう そうろ、1790年(寛政2年) - 1851年9月18日(嘉永4年8月23日))は、江戸時代後期の儒学者。安芸国(現広島県)出身。名は景纉(かげより)。字は君緒。太郎三、太郎助、株...
加藤 棕盧(かとう そうろ、1790年(寛政2年) - 1851年9月18日(嘉永4年8月23日))は、江戸時代後期の儒学者。安芸国(現広島県)出身。名は景纉(かげより)。字は君緒。太郎三、太郎助、株...
芸藩通志(げいはんつうし)は、頼杏坪、加藤棕盧(株鷹)、頼舜燾、黒川方桝、津村聖山、吉田吉甫、正岡元翼によって著作・編纂された安芸国広島藩の地誌で、文政8年(1825年)に完成した。目次1 成立2 脚...
芸藩通志(げいはんつうし)は、頼杏坪、加藤棕盧(株鷹)、頼舜燾、黒川方桝、津村聖山、吉田吉甫、正岡元翼によって著作・編纂された安芸国広島藩の地誌で、文政8年(1825年)に完成した。目次1 成立2 脚...
読み方:らい さんよう江戸後期の儒者・勤王家。大坂生。広島藩儒頼春水の長男。名は襄、字は子成、通称を久太郎、別号に三十六峰外史。初め叔父頼杏坪について広島で学び、さらに江戸で尾藤二洲・服部栗斎に師事す...
読み方:らい さんよう江戸後期の儒者・勤王家。大坂生。広島藩儒頼春水の長男。名は襄、字は子成、通称を久太郎、別号に三十六峰外史。初め叔父頼杏坪について広島で学び、さらに江戸で尾藤二洲・服部栗斎に師事す...
ナビゲーションに移動 検索に移動 頼杏坪(谷文晁『近世名家肖像』)頼 杏坪(らい きょうへい、宝暦6年(1756年)7月 - 天保5年7月23日(1834年8月27日))は、江戸時代の儒学者、広島藩士...
< 前の結果 | 次の結果 >





カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

©2020 Weblio RSS