奉行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 奉行の意味・解説 

ほう‐こう〔‐カウ〕【奉行】


ぶ‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【奉行】

[名](スル)

武家時代職名それぞれの職掌より政務を担当し執行するもの。鎌倉幕府幕府職制として各種の奉行を置いたのに始まり戦国大名各種の奉行を設け豊臣氏五奉行設置江戸幕府では寺社・町・勘定三奉行をはじめ中央遠国数十の奉行を設置した

主君などの命令奉じて物事執り行うこと。また、その人

「庭の儀を—する人」〈徒然一七七〉

仏語。仏の教え奉じ、それを行うこと。


奉行

読み方:ブギョウ(bugyou)

上の者の命によって事を執行なること


奉行

読み方:ブギョウ(bugyou)

(1)主君上司の命を奉じて事を執行すること。
(2)政略担当し執行するもの。
(3)仙台藩では藩政最高責任者


ぶぎょう 【奉行】


奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 16:49 UTC 版)

奉行(ぶぎょう)とは、平安時代から江戸時代にかけての武家における職名の一つ。奉行人(ぶぎょうにん)ともいい、職務を行う役所は奉行所と呼ばれていた。家老の配下で大奉行、奉行があった。


  1. ^ 渡辺滋『日本古代文書研究』思文閣出版、2014年、pp39-62


「奉行」の続きの解説一覧

奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/15 19:53 UTC 版)

小諸藩一次史料からは、奉行の存在認められない。しかし、近代以降出版された各種著述物によると、小諸藩にも奉行があったと解説しているものがある著述物によっては「奉行」に就任した者として押兼、高崎、高などが、あげられていることもある。著者の情報不足、知識不足、あるいは一次史料によらない孫引きにより拡散したものとみられる小諸藩には三奉行と、寺社奉行存在した例があるが、奉行とは異なる。ただし、稀ではあるが、三奉行を奉行と記述している一次史料存在はしている。 三奉行給人席で就任可能な中堅士分ポストであり、本藩である長岡藩の奉行のような家老職補佐したり、藩政全般実務責任者たる重鎮誤認すると、奉行に就任したとされる者の実力職権格式までも錯覚することになる。

※この「奉行」の解説は、「小諸藩牧野氏の家臣団」の解説の一部です。» 「小諸藩牧野氏の家臣団」の概要を見る


奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 15:05 UTC 版)

中山時春永井智雄 / 出演シリーズ第1部 - 第5部第7部北町嘉朗 / 出演シリーズ第10部高野眞二 / 出演シリーズ第11部 - 第13部入川保則 / 出演シリーズ第15部)…劇中では中山出雲守(もしくは中山出雲)。 諏訪頼篤滝田裕介 / 出演シリーズ第8部第9部)…劇中では諏訪美濃守

※この「奉行」の解説は、「大岡越前 (ナショナル劇場) の登場人物」の解説の一部です。» 「大岡越前 (ナショナル劇場) の登場人物」の概要を見る


奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 02:07 UTC 版)

前田玄以 浅野長政 増田長盛 石田三成 関ヶ原の戦いでは西軍率いて家康戦った敗戦後斬首される。 長束正家

※この「奉行」の解説は、「徳川家康 (山岡荘八)」の解説の一部です。» 「徳川家康 (山岡荘八)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

奉行

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:39 UTC 版)

名詞

ぶぎょう

  1. 平安時代から江戸時代にかけて武家における職名一つで、多くはある職務について権限と責任持った役職

関連語


「奉行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



奉行と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

奉行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奉行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奉行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの小諸藩牧野氏の家臣団 (改訂履歴)、大岡越前 (ナショナル劇場) の登場人物 (改訂履歴)、徳川家康 (山岡荘八) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの奉行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS