香川景樹とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 香川景樹の意味・解説 

かがわかげき かがは- 【香川景樹】 ○

1768~1843江戸後期歌人。号、桂園など。鳥取の人。小沢蘆庵ろあん)・香川景柄かげとも)に学ぶ。「調(しらべ)」の論を唱え古今和歌集を範として、賀茂真淵らの復古主義万葉調対立。著「桂園一枝」「古今和歌集正義」「新学異見」など。

香川景樹

読み方かがわ かげき

江戸後期歌人桂園派の祖。鳥取生。名は純徳、のち景通称を銀之助・貞十郎、号は桂園・東隖亭。伊藤仁斎門下鷹司家西洞院家仕える。香川黄中養子となり京都歌壇風靡した。のち江戸伊勢尾張廻り門人は千余人数え永く明治大正世にまで門流を引いた。天保14年(1843)歿、76才。

香川景樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/18 17:56 UTC 版)

香川 景樹(かがわ かげき、明和5年4月10日1768年5月25日) – 天保14年3月27日1843年4月26日))は、江戸時代後期の歌人。父は鳥取藩藩士荒井小三次。初名は、純徳・景徳。通称は銀之助・真十郎・式部・長門介。号は桂園(けいえん)・東塢亭(とううてい)・梅月堂・観鶩亭(かんぼくてい)・臨淵社・万水楼・一月楼。出仕した徳大寺家では「景樹」を「かげしげ」と呼んでいたが、景樹自身は自身の署名で「かげき」の読みを使っており、こちらの呼称が一般に通用している。[1]


  1. ^ 兼清,18項
  2. ^ 兼清、37項


「香川景樹」の続きの解説一覧



香川景樹と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「香川景樹」の関連用語

香川景樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



香川景樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの香川景樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS