廻りとは?

まわり〔まはり〕【回り/×廻り/周り】

【一】[名]

回り・廻り)まわること。まわり方。転じて、ものの働きぐあい。「モーターの—が悪い」「頭の—が早い

(ふつう「周りと書く)

そのもの外側の縁の部分また、その長さ周囲。ぐるり。「湖の—に沿った道」

そのものを囲んでいる近く部分近辺周辺。あたり。「口の—をふく」「—に迷惑をかける

回り・廻り)一定の範囲を順にめぐること。「年始—」

回り・廻り)ある地点経由したり、ある方向コースとったりすること。「常磐線—で仙台へ行く」「北—の航空便

回り・廻り)遠くなるほうの道をとること。また、その道回り道遠回り

「—になるのを承知で、電車通りを行った」〈里見弴・安城家の兄弟

回り・廻り)及ぶこと。行き渡ること。「火の—を食い止める」「酒の—が早い

おかずをいう女房詞。飯のまわりに置いたところからいう。

【二】接尾回り・廻り)

物事大きさ規模などを比較するとき、その程度漠然と表すのに用いる。「一—小さサイズ」「からだが一—大きくなった」

長さを表す語に付いて、周囲長さそれだけあることを表す。

何処に何尺何寸—のが何本あって」〈蘆花思出の記

助数詞

㋐まわる回数を表すのに用いる。「グラウンドを一—する」

十二支年に当てることから、12年1期として、年齢の差を表すのに用いる。「年が二—も違う夫婦

祈願服薬などで、7日1期として数えるのに用いる。「三—分の

[下接語] 足回り田舎回り居回り内回り・馬回り襟回り大回り・御(お)回り・金回り・空(から)回り木回首回り腰回り小回り先回り下回り・地(じ)回り定廻(じょうまわり)・外回り立ち回り旅回り近回り月回り手回り胴回り遠回り得意回り時計回りどさ回り年回り供回り泥棒回り庭回り根回り年始回り・膝(ひざ)回り左回り・一(ひと)回り火回り星回り町回り右回り水回り身の回り見回り胸回り持ち回り役回り・夜(よ)回り利回り礼回り


めぐり【巡り/回り/×廻り】

順にまわること。まわって再びもとにもどること。循環。「血の—が悪い」

あちこちをまわり歩くこと。「名所—」

周囲また、周辺。「池の—」

御回(おめぐ)り」に同じ。


もとおり〔もとほり〕【回り/×廻り】

動詞もとおる」の連用形から》

まわること。めぐること。

周囲。めぐり。

大殿のこの—の踏みそね」〈・四二二七

(たか)狩りで、の足につけるひもの金具。〈和名抄


まわり まはり 【回・廻・周】

1 〔名〕 (動詞「まわる(回)」の連用形名詞化

① まわること。回転すること。回転仕方。転じて、頭脳組織などの働き具合にいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕

護持院原の敵討(1913)〈森鴎外〉「『お役人方に伺ひましたが、多分忌中だから御沙汰がないだらうと申すことで』〈略〉『大きい車は廻(マハ)りが遅いのう』」

そのもの外界と接している面やふち。ぐるり。

源平盛衰記14C前)一「髪を肩の廻(マワ)りにおきまはして」

③ ある物をとり囲んでいるあたり。周辺また、その人身辺雑事

土井周易抄(1477)三「凡そ頤の卦はをとがいでまわりが囲で口のやうなぞ」

④ 順に移ってくること。めぐってくること。

日本人のへそ1969)〈井上ひさし〉二幕「順番の廻りの遅いのに業を煮やし」

(5) 一定の範囲を順にまわり歩くこと。また、その人警戒とか、商売とか、一定の目的のために、めぐり歩く者をさしていう。

滑稽本浮世床(1813‐23)二「町内の廻(マハ)りでも、床(とこ)でも、代りとなると

(6) 遠い道取って行くこと。まわり道迂回路

滑稽本・続膝栗毛(1810‐22一一「『あとへもどって大戸へ出ていかっしゃい』『ソリャアよっぽどはりかね』」

(7) ある地点経由したり、または、ある方向コースとったりして行くこと。

*家(1910‐11)〈島崎藤村〉下「名古屋廻りの道筋取って帰国すること」

(8) 自然にめぐってくる運命まわりあわせ

浮世草子新色五巻書(1698)一「運のまはりによって俄牢人となり」

(9) 酒宴で、さかずきめぐらすこと。また、その作法酒盃献酬

浮世草子好色一代男(1682)四「盃のまはりも覚、あいするといふ事もしるぞ」

(10) 行きわたること。酒・薬などがからだ全体行きわたったり、火が燃えわたったりすることについていう。

浮世草子世間娘容気(1717)三「今ぞ女房が廻(マハ)りのよひ薬屋入聟が匕加減(さじかげん)」

(11) おかずをいう、女房詞。まり。飯のまわりに置いたところからいう。

皇太神宮年中行事(1192)二月「廻八種此内四簣盛」

2接尾

数詞に付いて物の回転する回数数えるのに用いる。

長さをあらわす数詞に付いて、周囲長さそれだけあるものを意味する。

胡瓜遣1872)〈仮名垣魯文〉初「肩へ五寸まはりのほどな瘤をこせへて」

時間経過区切り表わす語。

(イ) 干支(えと)の十二支から、一二年を単位として、一まわりという。

浄瑠璃鑓の権三重帷子(1717)上「母(かか)は三十七の酉(とり)、父様一廻り上の酉で、四十九

(ロ) 湯治服薬療法などの日数について、普通、七日単位として、一まわりという。

俳諧昼礫(1695)「湯治する迚吉原二七日マハリ

浄瑠璃蒲冠者藤戸合戦(1730)三「則も此ごとく三廻(マハ)り分ふくろに入れ」

容積太さなどを比較する場合に、その区切り程度漠然と表わす語。

こがね丸(1891)〈巖谷小波〉二回「吾よりは二層(マハリ)も大なる虎の」


めぐり【巡・廻・回】

〔名〕 (動詞「めぐる(巡)」の連用形名詞化

① かこみ。周囲

(イ) かこみ。ぐるり。また、垣など。

享和本新字鏡(898‐901頃)「 周也 加支乃女久利

源氏100114頃)幻「木のめぐりに帳をたてて」

(ロ) あたり。近辺

催馬楽7C後‐8C)の子「御栗林の 女久里(メクリ)の鶉狩らせむや」

宇津保(970‐999頃)蔵開上「このめぐりに住まずなりにけんは」

② ある物のまわりを移動すること。行道(ぎょうどう)すること。

栄花(1028‐92頃)もとのしづく「ちごどものめぐりするとも見えたり

一定の順序でまわること。回転循環

仮名草子浮世物語(1665頃)五「四季のめぐりいにしへ今少しも違はず」

月経をいう女房詞おめぐり

人情本春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「経水(メグリ)が久閉(わるい)から母人(おっかア)に隠して」

(5) すりこぎをいう女房詞おめぐり。〔女言葉(1722)〕

(6) 酒盛り酒宴

洒落本温泉の垢(1798頃)「よぴてめぐりする脇さいて酌とって」

(7) 宮中で、夏の土用中に供えられた、みそ煮団子おめぐり

御湯殿上日記慶長三年(1598)八月五日大御ちの人よりめくりまいる」

(8) あちらこちら考えを及ぼすこと。あれこれ考えること。

地を潤すもの1976)〈曾野綾子一三老化によってややめぐりの悪くなっている考えが」


廻り

読み方:まわり、めぐり

ラ行五段活用動詞廻る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


廻り

読み方:もとおり

【文語】ラ行四段活用動詞廻る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

廻り

読み方:くるり,ぐるり

  1. 同上(※「くる」参照)。〔第五類 一般建物
  2. 人力車を云ふ。
  3. 人力車をいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「廻り」の関連用語


2
96% |||||


4
78% |||||

5
78% |||||


7
74% |||||

8
74% |||||

9
74% |||||

10
74% |||||

廻りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



廻りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS