左回りとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 左回りの意味・解説 

ひだり‐まわり〔‐まはり〕【左回り】

読み方:ひだりまわり

左の方向かって回ること。時計の針の進む方向逆に回ること。反時計回り

「左回り」に似た言葉

時計回り・反時計回り

(左回り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 07:39 UTC 版)

時計回り(とけいまわり、: clockwise)、反時計回り(はんとけいまわり、: anticlockwise,: counterclockwise)とは、時計の針の動きを基準として、平面内の回転の向きや、周回経路を移動・回る方向を区別する呼び方を言う。その平面をどちらの半空間側から観察しているかに基づく表現である。


  1. ^ 周回の際に進行方向に対して中心点が右側にある場合が「右回り」で、左側にある場合が「左回り」。
  2. ^ この反時計回り回転は、右手系のXYZ座標系のZ=0のXY面上の回転運動をZ>0側から観察していることになる。なお正のZ軸方向に関して「右手」回りである。
  3. ^ 陸上競技ルールブックのサイト日本陸上競技連盟


「時計回り・反時計回り」の続きの解説一覧

左回り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 22:14 UTC 版)

大井競馬場」の記事における「左回り」の解説

設定距離 外回り:1650m 2019年度末に開場70周年迎え2020年度競走事業について会見開き左回りレースの導入発表され、左回り1650mコース新設し開催日最終競走にて同コース使用した競走を行う方針発表されたまた、左回り1000mコースのスタート地点設置予定されており、将来的には左回りでの2000mの競走施行する意向示された。 左回りレースの導入至った経緯のひとつに、海外競馬ダートコースはほとんどが左回りであることが挙げられる国際交流競走東京大賞典において回り問題海外馬出走断られ経緯あることから、大井競馬場でも左回りの環境整備することにより外国馬出走誘致目指す方針である。 左回りコースゴール現在のホームストレッチ右手4号スタンド前・右回りコースにおける残り200m地点)に設定されており、右回りコースにおけるゴール地点左回りコースにおける残り200m地点相当する残り100m地点ハロン棒設置されている)はどちらのコースでも共通となっており、他のハロン棒設置位置左回りコースにおけるゴールまで残り距離の100倍数一致する。なお、左回りコースゴール板内側調教走路奥に設置され同地点のハロン棒右回り用の「2」と左回り用の「G」のツートンカラー塗り替えられている。両回コースでの競馬開催は、現存する競馬場の中で世界唯一の事例となる。 当初予定では2020年度中の2021年1月頃からのレース施行見込んでいたが、そこから1年近く後の2021年11月19日13大井競馬5日・第12競走Make New Way賞」にて左回り1650mのレース初め施行された。

※この「左回り」の解説は、「大井競馬場」の解説の一部です。
「左回り」を含む「大井競馬場」の記事については、「大井競馬場」の概要を参照ください。


左回り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 23:56 UTC 版)

トランプ用語一覧」の記事における「左回り」の解説

反時計回りに同じ。

※この「左回り」の解説は、「トランプ用語一覧」の解説の一部です。
「左回り」を含む「トランプ用語一覧」の記事については、「トランプ用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「左回り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「左回り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「左回り」の関連用語

左回りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



左回りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの時計回り・反時計回り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大井競馬場 (改訂履歴)、トランプ用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS