環状線とは? わかりやすく解説

環状道路

読み方:かんじょうどうろ
別表記:環状線

都市部周囲廻るように敷かれ道路中心部から放射状延びた道路とたびたび交差するようになっている

かんじょう‐せん〔クワンジヤウ‐〕【環状線】

読み方:かんじょうせん

環状に走る道路・鉄道線路バス路線。「大阪—」

「環状線」に似た言葉

環状線

作者河合泰子

収載図書白い
出版社彩流社
刊行年月1986.11


環状線

作者筒井康隆

収載図書宇宙塵傑作選 1 日SF軌跡
出版社出版芸術社
刊行年月1997.11


放射線・環状線

(環状線 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/11 22:28 UTC 版)

放射線・環状線(ほうしゃせん・かんじょうせん)とは、それぞれ放射状に延びる路線、環状になっている路線である。ここでは道路鉄道について記載する。中心都市から放射線が延び、その都市の内部又は外縁部に環状線が形成され、相互に接続する状態がよく見られる。


注釈

  1. ^ 環状道路の機能においても、整備目的として重視されている。
  2. ^ 近畿圏で単に「環状線」と言った場合、大阪環状線のことを指すことがある。323系電車の車内自動放送でも「環状線」と呼ばれている。

出典

  1. ^ 国土交通省関東地方整備局. “3環状マップ(2020年3月現在)” (PDF). 2020年6月9日閲覧。
  2. ^ 国土交通省. “近畿地方整備局 高規格幹線道路網図”. 2020年6月7日閲覧。
  3. ^ 国土交通省. “高速道路ネットワークの整備状況について”. 2020年6月7日閲覧。
  4. ^ 国土交通省近畿整備局京都国道事務所. “広域道路ネットワークの形成”. 2018年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月24日閲覧。
  5. ^ 国土交通省中部地方整備局道路部
  6. ^ a b 平成26年度北海道渋滞対策協議会の開催”. 北海道渋滞対策協議会. 2019年2月3日閲覧。
  7. ^ a b 一般国道12号旭川新道再評価原案準備書説明資料”. 北海道開発局. p. 8. 2019年2月3日閲覧。
  8. ^ 国土交通省 函館圏将来像の見直し”. 国土交通省. 2019年2月3日閲覧。
  9. ^ city_wall”. www2.open.ac.uk. オープン大学. 2023年9月7日閲覧。
  10. ^ From fortification to promenade” (英語). Die Welt der Habsburger. 2023年9月7日閲覧。
  11. ^ ntatschl (2014年12月26日). “Geschichte der Wiener Ringstraße: Von der Stadtmauer zur Mehrspurstraße”. vienna.at. 2023年9月7日閲覧。
  12. ^ 令和2年度国の施策・予算に関する緊急提案・要望”. 京都市. 2021年8月13日閲覧。


「放射線・環状線」の続きの解説一覧

環状線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/06 07:24 UTC 版)

ケルンLRT」の記事における「環状線」の解説

当局高床式プラットホーム多数整備しようと計画したが、財政的に可能でないことが明らかになった。その後他の可能性調査し、第2の低床路線網作成して低床路線から外れ残り路線に高いプラットホーム備えることが経済的に無駄がない考えた将来高床路線中央駅地下使用する時、低床路線環状道路の下に集中させることを決定している。その後の改良によって、現在環状線はすべて低床車両運行されている。6系統ピーク時間帯のみ運行していたが、その後15系統置き換えられている。 12 Merkenich – Fordwerke – Wilh.-Sollmann-Straße – Ebertplatz – Friesenplatz – Barbarossaplatz – Eifelstraße – Zollstock 15 Chorweiler – Longerich – Wilh.-Sollmann-Straße – Ebertplatz – Friesenplatz – Barbarossaplatz – Eifelstraße – Chlodwigplatz – Ubierring

※この「環状線」の解説は、「ケルンLRT」の解説の一部です。
「環状線」を含む「ケルンLRT」の記事については、「ケルンLRT」の概要を参照ください。


環状線


環状線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 16:10 UTC 版)

甲賀市コミュニティバス」の記事における「環状線」の解説

系統番号は[E2]。「甲南病院 - 甲南駅 - ニューポリス - 甲南病院」というルート甲南病院戻った後、「甲南病院 - 寺庄駅(北口) - 野田 - 甲南駅 - 甲南病院」というルートで再び甲南病院に戻る路線である。なお、土曜休日お盆年末年始はすべて運休する。 「甲南病院」発が午前となる便は[→方向]、午後となる便は[←方向]で運転。 「甲南病院」を午後に発車する一部の便は区間運行となる。甲南病院 - 甲南駅 - 図書館前 - 深川 - 深川市場 - 森尻 - 耕心 - 希望ケ丘小学校 - 希望ケ丘1丁目 - 希望ケ丘本町1丁目 - 南センター - ニューポリス - 甲南病院 - 稲荷前 - 寺庄駅(北口) - 野田 - 深川 - 図書館前 - 甲南駅 - 甲南病院

※この「環状線」の解説は、「甲賀市コミュニティバス」の解説の一部です。
「環状線」を含む「甲賀市コミュニティバス」の記事については、「甲賀市コミュニティバス」の概要を参照ください。


環状線(Circle、茶)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 07:06 UTC 版)

タシュケント地下鉄」の記事における「環状線(Circle)」の解説

2017年建設始まり2020年8月30日一部開業した将来全長5135駅を擁する路線となる予定である。

※この「環状線(Circle、茶)」の解説は、「タシュケント地下鉄」の解説の一部です。
「環状線(Circle、茶)」を含む「タシュケント地下鉄」の記事については、「タシュケント地下鉄」の概要を参照ください。


環状線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 10:08 UTC 版)

伊勢市コミュニティバス」の記事における「環状線」の解説

伊勢市駅前 - 古市 - 伊勢病院前 - 河口外科前 - ララパーク - 伊勢赤十字病院 - 尼辻 - 慶友病院 - 伊勢市駅前(左回り順路社会実験としての試験運行経て2020年4月1日より正式に路線となった右回り左回り共に9便(実質8便)が設定され三重交通およびおかげバス既存路線補完するルートとなっている。

※この「環状線」の解説は、「伊勢市コミュニティバス」の解説の一部です。
「環状線」を含む「伊勢市コミュニティバス」の記事については、「伊勢市コミュニティバス」の概要を参照ください。


環状線(乙支路循環線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 16:40 UTC 版)

ソウル交通公社2号線」の記事における「環状線(乙支路循環線)」の解説

列車全て10両編成運転される。 殆どが環状運転であり、一部途中駅止まり列車運行される平日ラッシュ時最短2分30秒間隔日中は約5 - 6分間隔(1時間あたり11本)、土休日日中は約5分間隔(1時間あたり12本)で運行右側通行のため、内回り(내선순환、内線循環inner circle)は時計回り右回り)、外回り(외선순환、外線循環、英語outer circle)は反時計回り左回り)となる。

※この「環状線(乙支路循環線)」の解説は、「ソウル交通公社2号線」の解説の一部です。
「環状線(乙支路循環線)」を含む「ソウル交通公社2号線」の記事については、「ソウル交通公社2号線」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「環状線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

環状線

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:15 UTC 版)

名詞

環状 かんじょうせん)

  1. 輪のの、鉄道道路路線。なお、山手線がこれにたるかということについてはw:山手線参照のこと。

発音(?)

翻訳


「環状線」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



環状線と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「環状線」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
98% |||||

10
98% |||||

環状線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



環状線のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの放射線・環状線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのケルンLRT (改訂履歴)、首都高速道路 (改訂履歴)、甲賀市コミュニティバス (改訂履歴)、タシュケント地下鉄 (改訂履歴)、伊勢市コミュニティバス (改訂履歴)、ソウル交通公社2号線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの環状線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS