東京湾アクアラインとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 東京湾アクアラインの意味・解説 

東京湾アクアライン

作者五條瑛

収載図書心洞Open Sesame
出版社双葉社
刊行年月2006.5
シリーズ名双葉文庫


東京湾アクアライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/16 05:08 UTC 版)

東京湾アクアライン(とうきょうわんアクアライン)・東京湾アクアライン連絡道(とうきょうわんアクアラインれんらくどう)は、神奈川県川崎市から東京湾を横断して千葉県木更津市へ至る高速道路である。 高速道路ナンバリングによる路線番号はアクアライン・アクア連絡道ともに 「CA」 が割り振られている[2]東京湾横断道路東京湾横断道路連絡道として地域高規格道路の計画路線に指定されている。




注釈

  1. ^ 他の高速道路とは別に上限1,000円である。

出典

  1. ^ a b c d 料金の額及びその徴収期間 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2014年10月16日閲覧。
  2. ^ 「高速道路ナンバリングの導入について」(平成29年2月14日付け国道企第55号) Archived 2017年2月17日, at the Wayback Machine.、国土交通省道路局長通知、2017年2月14日
  3. ^ a b c d 小川・栗栖・田宮 2016, p. 57.
  4. ^ 水底トンネル等における危険物積載車両の通行禁止・制限 規制対象トンネル位置図 (PDF)”. 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構. 2016年1月17日閲覧。
  5. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 94.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 県土整備部道路計画課 (2014年4月1日). “東京湾アクアラインの概要”. 千葉県ホームページ. 千葉県. 2017年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月14日閲覧。
  7. ^ 浅井建爾 2015, p. vi.
  8. ^ 浅井建爾 2001, p. 241.
  9. ^ 浅井建爾 2015, p. v.
  10. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 141.
  11. ^ 千葉県警察 - 「東京湾横断道路における管轄区域及び警察官の職権行使に関する協定について」
  12. ^ はまれぽ.com
  13. ^ 「夜景の名所」魅力もアップ 東京湾アクアライン照明リニューアル 産経ニュース 2014年8月26日 (2014年9月2日閲覧)
  14. ^ a b 『東京湾をつなぐ』、5頁
  15. ^ a b c 『東京湾横断道路のすべて』、150頁
  16. ^ 『東京湾をつなぐ』、12頁
  17. ^ 『東京湾をつなぐ』、51頁
  18. ^ a b c NIKKEI STYLE 防災・渋滞対策… 東京湾アクアラインの秘密を調べた”. 日本経済新聞. 2017年7月1日閲覧。
  19. ^ 『東京湾横断道路のすべて』、162頁
  20. ^ 『カオスだもんね!』東京湾アクアラインのさらに下にある秘密の地下通路に潜入! - 週刊アスキー・2014年10月7日
  21. ^ a b c d 櫻井よしこ (2001年5月10日). “「 どうする気なのか『道路公団』未曾有の大赤字 」”. 週刊新潮』2001年5月17日号 (新潮社). http://yoshiko-sakurai.jp/2001/05/10/3750 2017年2月9日閲覧。 。ちなみに、64,000台という交通量は後述の社会実験開始後の週末1日あたりの平均通行量の1.5倍である
  22. ^ 猪瀬直樹『道路の権力』66ページ
  23. ^ 東京湾アクアライン料金引下げ 社会実験の政策分析 (PDF) . 東京大学. 2016年5月9日閲覧。
  24. ^ フェリー3割減 タクシーは増加 公共交通機関に明暗 アクアライン値下げ実験千葉日報2011年6月14日
  25. ^ 夢、アクアラインに鉄道を 国吉としおホームページ. 2016年5月9日閲覧。
  26. ^ ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 93.
  27. ^ ロム・インターナショナル(編) 2005, pp. 94-95.
  28. ^ 産業計画会議. “東京湾に横断堤を (PDF)”. 電力中央研究所. 2018年4月14日閲覧。
  29. ^ a b 道路資産保有及び貸付状況(路線別) (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2014年3月4日閲覧。
  30. ^ 東京湾アクアラインの概要”. 千葉県 (2012年7月31日). 2014年3月4日閲覧。
  31. ^ アクアライン800円実現化推進協議会 - アクアライン料金を800円に
  32. ^ 平成21年度 千葉県包括外部監査の結果報告書 (PDF) 、99-101ページ
  33. ^ これまでの経緯について (PDF)”. 第12回国土幹線道路部会 配布資料1. 国土交通省 (2014年6月25日). 2015年5月26日閲覧。
  34. ^ a b “新たな高速道路料金について” (PDF) (プレスリリース), 東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株)、西日本高速道路(株), (2014年3月14日), http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h26/0314/pdfs/pdf.pdf 2015年5月26日閲覧。 
  35. ^ 東京湾アクアライン 料金割引継続へ - 物流ウィークリー(2014年2月12日閲覧)
  36. ^ “東京湾アクアライン通行料 800円、10年間継続へ”. 日本経済新聞. (2014年2月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO66836880U4A210C1L71000/ 2014年3月29日閲覧。 
  37. ^ “東京湾アクアライン:「普通車800円」今後10年継続へ”. 毎日新聞. (2014年3月29日). オリジナル2014年3月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140330205018/http://mainichi.jp/select/news/20140329k0000e020247000c.html 2014年3月29日閲覧。 
  38. ^ 料金の額及びその徴収期間 (PDF)”. 高速自動車国道北海道縦貫自動車道函館名寄線等に関する事業について 平成27年3月25日許可. 東日本高速道路. p. 58. 2015年5月26日閲覧。
  39. ^ “2015年度千葉県当初予算案の主な事業”. 千葉日報. (2015年1月31日). http://www.chibanippo.co.jp/news/politics/238075 2015年2月28日閲覧。 
  40. ^ 交通量、平均14%アップ 木更津アウトレットと相乗効果 アクアライン 昨年4月~今年1月 2013年3月26日 千葉日報
  41. ^ 東京湾アクアラインの交通量について(平成25年3月分及び社会実験開始後の累計)”. 千葉県土整備部道路計画課高速道対策班 (2013年5月14日). 2013年7月27日閲覧。
  42. ^ 渋滞予測>東京湾アクアライン 日本道路交通情報センター
  43. ^ 渋滞予測>館山道 日本道路交通情報センター
  44. ^ 点滅する光で渋滞を緩和、アクアライン 2013年5月16日 日経BPケンプラッツ
  45. ^ 遠藤元一、中川浩、深瀬正之、橋本弾「東京湾アクアラインの渋滞対策について」、『交通工学論文集』第1巻第4号、交通工学研究会、2015年、 B1-B8、 doi:10.14954/jste.1.4_B_1




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東京湾アクアライン」の関連用語

東京湾アクアラインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



東京湾アクアラインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京湾アクアライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS