海上国道とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 海上国道の意味・解説 

海上国道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/27 03:34 UTC 版)

海上国道(かいじょうこくどう)とは、海上部(海上区間)を含めて一連の道路となる一般国道の俗称である[1]。特に、海上部が架橋されておらず、一連の国道でありながらフェリー等によらねば通行不能なものを呼ぶことが多い。ただし、必ずしもフェリー航路が設定されているとも限らず、名目上だけでつながっているところもある[2]。この意味での海上国道は、2009年現在日本には27路線(重複除いて24路線)ある。その路線上すべてを「海上国道」と呼ぶことは少なく、実体的な道路が存在しない海上部(海上区間)のみを指して呼ぶことが多い。


  1. ^ a b c 浅井建爾 2015, p. 16.
  2. ^ 佐藤健太郎「国道の名所を行く」『ふしぎな国道』講談社〈講談社現代新書〉、2014年、48頁。ISBN 978-4-06-288282-8
  3. ^ a b ロム・インターナショナル編 2005, pp. 16-17
  4. ^ 生活航路として自治体の支援等を受けている例はある。
  5. ^ 浅井建爾 2015, pp. 17–18.
  6. ^ 浅井建爾 2015, pp. 18–19.
  7. ^ 浅井建爾 2015, p. 21.
  8. ^ 浅井建爾 2015, p. 17.


「海上国道」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海上国道」の関連用語

海上国道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海上国道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海上国道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS