渡船とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > 渡船の意味・解説 

と‐せん【渡船】


わたし‐ぶね【渡し船/渡し舟】

川や湖沼などの両岸往復して客や荷物を運ぶ船。とせん。


と‐せん【渡船】

〔名〕

渡し場で、人馬貨物などを対岸へ渡す船。奈良時代人馬往来要衝官使貢物輸送目的でこの設備があったが、江戸時代になると、幕府役人武家庶民貨客輸送に重要な役割を果たし、特別大通行の際には近隣郷村から助船(すけぶね)を徴発することもあった。武家出家社人山伏以外の一般通行者から渡し賃をとったが平水中水出水留川前後満水長渡しでは、それぞれ金額が違った。常備の船としては平田船馬船小伝馬船などがあった。わたしぶね

宝生院文書永延二年(988一一八日尾張国郡司百姓等解「近則泥途、遠只津辺、可渡船等也」〔岑参‐送劉郎将帰河東詩〕

室町時代中国朝鮮などに通交して貿易を行なった船。また、その船による貿易

蔭凉軒日録長享二年(1488)三月三〇日「高麗三礼、司天下之事、〈略〉其一礼曹向余云、自日本音信者、有求則渡船、非通好以後求而通好云々


わたし‐ぶね【渡船・渡舟】

〔名〕 渡し場人馬貨物などを対岸へ渡す船。中世までは主に丸木船組船にして使用したが、近世河川では平底平田船系の船が主用された。就航する河川湖沼や海の状況によってそれぞれ適合した船型構造推進法をとるのを通例とする。わたりぶね渡し。とせん。〔書陵部本名義抄(1081頃)〕

渡船〈拾遺都名所図会〉の画像

有明の別(12C後)三「まゐる人々はあさゆふわたしぶねをいひしらずかざりおきてさしわたしつつまゐりまかで給を、きょうあることにして」


わたり‐ぶね【渡船】

〔名〕 =わたしぶね(渡船)

出雲風土記733巻末記「渡は八十歩(あし)なり。渡船(わたりぶね)一つあり」


渡船(フェリー)

渡船
渡船とは、河川、湖、海で定期的に人や車両などを運ぶ船の発着地点航路あらわします。渡船のうち、フェリーとは人や貨物自動車ごと運搬するが可能な連絡船をいいます。
千葉県木更津市付近の地形図

1:25,000地形図木更津
木更津港フェリー千葉県木更津市
フェリーの画像

(とせん)

渡船(その他の旅客船)

渡船
渡船は、河川、湖、海で定期的に人や車両などを運ぶ船の発着地点航路あらわします。渡船のうち、その他の旅客船とは自動車などの運搬をしない渡し船などをいいます。
千葉県松戸市、東京都葛飾区付近の地形図

1:25,000地形図松戸
矢切の渡し千葉県松戸市東京都葛飾区
矢切の渡しの画像

(とせん)

渡し船

(渡船 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 23:28 UTC 版)

渡し船(わたしぶね)とは、港湾河川湖沼などで両岸を往復して客や荷物を運ぶ及び航路のことである。渡船(とせん)とも言う。また、渡し船に乗り降りするところを渡し場(わたしば)、渡船場(とせんじょう、とせんば)などという。


  1. ^ 横浜国道事務所・東海道への誘い・東海道と宿場の施設(川-渡船場)
  2. ^ 南浜名湖遊覧船(弁天島遊船組合)
  3. ^ 市運航船について(志摩市役所)
  4. ^ レンタルボート、他(嵐山通船株式会社)
  5. ^ 渡船 時刻表(小渦会)
  6. ^ 同病院広報誌『かもめ便り』
  7. ^ 日本の道(01.40から渡船の映像)
  8. ^ カムイ新聞・2015年10月20日発行分
  9. ^ 北海道新聞 2010年12月22日付朝刊「美浦渡船来年度限り 浦臼町と美唄市、廃止決定」
  10. ^ 『えべつ昭和史』(1995年3月発行)、史跡が語る江別の歩み、江別探訪ガイドブック(2003年11月発行)
  11. ^ 『歴史の道調査報告書第七集 荒川の水運』24-26頁。
  12. ^ 『川口大百科事典』16-17頁。
  13. ^ 『歴史の道調査報告書第七集 荒川の水運』24-26頁。
  14. ^ 旧道行脚・多摩川の渡し(アーカイブ)
  15. ^ 日本一短い航路「音戸の渡し」 江戸時代からの歴史に幕 呉市(YAHOOニュース 2021年11月1日閲覧)
  16. ^ 関門海峡渡船史
  17. ^ 40年間続けた球磨川渡し舟 最後の船頭引退へ (html)”. プレスネットジャパン (2012年10月26日). 2014年8月2日閲覧。
  18. ^ “球磨の流れ 惜別の時 渡し40年 最後の船頭”. 西日本新聞. (2012年10月28日). オリジナルの2013年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130802232723/http://www.nishinippon.co.jp/feature/story_blue_sky/article/16514 2013年9月18日閲覧。 
  19. ^ くまむら議会だより 第71号 (PDF)”. 球磨村議会 (2013年4月25日). 2014年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月19日閲覧。


「渡し船」の続きの解説一覧

渡船

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:37 UTC 版)

名詞

(とせん)

  1. 渡し舟

発音

と↗せん



渡船と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渡船」の関連用語

渡船のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渡船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渡し船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの渡船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS