コンテナ船とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > 貨物船 > コンテナ船の意味・解説 

コンテナ‐せん【コンテナ船】


コンテナ船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 04:25 UTC 版)

コンテナ船(コンテナせん)とは、ISO 668により規格化された海上コンテナを輸送する貨物船タンカーと並んで、海上貨物輸送の主流を占めている。


注釈

  1. ^ 2013年順位。1位上海3362 TEU、2位シンガポール3224、3位深圳2328、4位香港2235、5位釜山1769、6位寧波1735、7位青島1552、8位広州1531、7位ドバイ1364、8位天津1301、9位ロッテルダム1162、10位大連1086、11位ポート・クラン(マレーシア)1035、12位高雄994、13位ハンブルク930。28位東京486、横浜289
  2. ^ 傘下に WEC Lines
  3. ^ 傘下に P&O Nedlloyd, Safmarine, SeaLand , Hamburg Süd
  4. ^ 傘下に APL, Neptune Orient Lines, ANL, Comanav, CNC Line, Mercosul Line, and Containerships
  5. ^ 傘下に COSCO Shipping Lines (COSCO), China Shipping Container Lines (China Shipping Group), OOCL (東方海外貨櫃航運公司), Shanghai Pan Asia Shipping, New Golden Sea Shipping, Coheung
  6. ^ 傘下に United Arab Shipping Company, CSAV , NileDutch
  7. ^ 傘下に 日本郵船,商船三井, 川崎汽船
  8. ^ 傘下に Italia Marittima , Uniglory Marine
  9. ^ 傘下に Advance Container Line (ACL), Pacific Direct Line (PDL), Mariana Express Lines Ltd. (MELL)
  10. ^ 傘下に Islamic Republic of Iran Shipping Lines, HDS Lines, Valfajre Eight Shipping Company, Khazar Shipping Company
  11. ^ 傘下に Consortium and X-Press Container Line

出典

  1. ^ a b 池田勝, 「古今(こきん)用語撰」『らん:纜』 1992年 17巻 p.43-46, doi:10.14856/ran.17.0_43、2020年6月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 渡辺逸郎著 「コンテナ船の話」 成山堂書店 18年12月18日初版発行 ISBN 4-425-71371-0
  3. ^ 全長400m 世界最大級コンテナ船が明石海峡に”. 神戸新聞NEXT (2019年3月18日). 2019年6月16日閲覧。
  4. ^ 韓進重工、世界最大級のコンテナ船を竣工”. nna.ASIA (2018年1月29日). 2018年11月18日閲覧。
  5. ^ [Top 50 World Container Ports World Shipping Council]2018年8月30日閲覧
  6. ^ 1995年順位 1位香港1254、2位シンガポール1185、3位ロッテルダム479、4位高雄523、5位釜山450、6位ハンブルク289、7位横浜276
  7. ^ 「海上物流、主役は中国」日本経済新聞2015年4月27日朝刊9面。出典は「世界のコンテナ輸送と就航状況 2014年版」(日本郵船編。日本海運集会所発行)
  8. ^ PublicTop100”. alphaliner.axsmarine.com. 2022年4月14日閲覧。



コンテナ船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 08:25 UTC 版)

1969年、ブリティッシュ・アンド・コモンウェルス・シッピング(British and Commonwealth Shipping)、ファーネス・ホイッティー(Furness, Withy & Co Ltd)、オーシャン・スチームシップ・カンパニー(The Ocean Steamship Company)、そしてP&Oといったイギリス大手船会社が、物流コンテナ化対応するためにコンテナ船会社オーバーシーズ・コンテナーズ・リミテッド(Overseas Containers Limited, OCL)を設立した1970年代初頭にはP&Oイギリス船会社ストリック・ライン(Strick Line)とハインノース(Hain-Nourse)を買収している。1980年代初頭までにP&Oのドライカーゴの定期船路線はすべてコンテナ船に置きかえられ、1986年にはP&OOCL出資している他社持分買収しOCLP&OコンテナP&O Containers Limited, P&OCL)へと改名した。 P&OCL1996年オランダのコンテナ船会社ネドロイド(Nedlloyd)と合併してP&Oネドロイド(P&O Nedlloyd)となった。しかし2005年P&Oネドロイドはデンマーク海運会社A.P. モラー・マースク買収された。

※この「コンテナ船」の解説は、「P&O」の解説の一部です。» 「P&O」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コンテナ船」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コンテナ船と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コンテナ船のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンテナ船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
商船三井商船三井
Copyright ©2022 Mitsui O.S.K. Lines All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンテナ船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのP&O (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS