80年代とは? わかりやすく解説

80年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 05:29 UTC 版)

80年代(はちじゅうねんだい)は、西暦ユリウス暦80年から89年までの10年間を指す十年紀




「80年代」の続きの解説一覧

80年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:04 UTC 版)

1世紀」の記事における「80年代」の解説

詳細は「80年代」を参照 80年 - ローマコロッセウムティトゥス浴場完成する80年頃 - フラウィウス・ヨセフスが『ユダヤ戦記』を完成させる81年 - ティトゥス帝が死去し、弟のドミティアヌス帝即位83年グラウピウス山の戦いローマ軍ピクト人カレドニア人連合軍勝利するドミティアヌス帝の命でライン川からドナウ川までの軍事境界線(リーメス・ゲルマニクス)がシュヴァルツヴァルト築かれる85年頃 - 鮮卑北匈奴を破る。

※この「80年代」の解説は、「1世紀」の解説の一部です。
「80年代」を含む「1世紀」の記事については、「1世紀」の概要を参照ください。


80年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 00:10 UTC 版)

スケバン」の記事における「80年代」の解説

バイク雑誌レディース特集など影響もあり、ネオンカラー紫の特攻服増える

※この「80年代」の解説は、「スケバン」の解説の一部です。
「80年代」を含む「スケバン」の記事については、「スケバン」の概要を参照ください。


80年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 00:37 UTC 版)

スコッティ・ピッペン」の記事における「80年代」の解説

1987年のNBAドラフトで、シカゴ・ブルズゼネラル・マネージャー、ジェリー・クラウスは地道な調査によってスコッティ・ピッペンという「隠れた逸材」を「発見」し、注目されないままに2巡目後半くらいで指名してしまおう考えていた。しかし、多くの新人たちが参加する最後のトレーニング・キャンプスコッティ・ピッペン活躍を見せ、それに注目したサクラメント・キングス1巡目の上位でピッペン指名するかもしれないという情報ブルズ首脳陣もたらされるシカゴ・ブルズこの年1巡目は8位と10位の指名権しか持っていなかったため、1巡目5位の指名権を持っていたシアトル・スーパーソニックスドラフト前日深夜でかかって交渉持ちかけ成立させる。それはスーパーソニックスがスコッティ・ピッペン全体で5番目に指名しブルズはオルデン・ポリニスを指名してその直後に両チーム将来ブルズ指名権付けてトレードし、交換入団させるというものであったかくして1巡目の5位という本人信じられなかったという高い順位指名されピッペンだが、会場観客はもちろん関係者アナウンサーピッペンのことをほとんど知るものがなく、あちこちから「Who?(誰?)」という声が上がりアナウンサーも「おそらく初めて聞く名前でしょう」と紹介していた。 新人の頃は言葉の訛り強く寡黙であったため、キャリア初期にはインタビュー苦労したという逸話残している。また、粗野な田舎者そのまま言動で、チームコーチたちは基本的な礼儀作法から躾けなければならなかったという。 最初の年はブラッド・セラーズとチャールズ・オークリー交代要員であったが、毎日練習ではマイケル・ジョーダン直接鍛えられたジョーダンピッペン出会って、「やっと自分と同じくらい才能のある選手入ってきた」と感じたという。また、後に仇敵となるデトロイト・ピストンズデニス・ロッドマン当時からすでに、「あいつはいずれ史上最高のフォワード一人になるだろう」とその才能を見抜いていた。1988年にはスターター地位奪いホーレス・グラントと共にブルズフォワード務めることになる。この年マイケル・ジョーダン率いられチームイースタン・カンファレンスプレイオフ準決勝まで進出スコッティ選手として成長続け翌年決勝まで進出する原動力となり、初めオールスター・チーム一員選ばれている。 この時期のシカゴ・ブルズ毎年プレイオフデトロイト・ピストンズ対戦し、そして敗れていた。ピストンズ「バッドボーイズ」異名を取る荒いチームで、試合では相手恐怖心与えるほどラフなファウル厭わない激しディフェンスしかけてきた。ある年のプレイオフではスコッティデニス・ロッドマン観客席まで突き飛ばされ、顔を縫う負傷負ったピストンズの「ジョーダン・ルール」と呼ばれた戦術では、ジョーダン2人3人がかりで抑える一方、セカンド・スコアラーとなっていたピッペン集中的に攻撃しジョーダン孤立させて助けてもらえなくするという方針徹底されていた。また、ブルズチーム事情からも、ピッペンオフェンスではデニス・ロッドマンマークされディフェンスではビル・レインビアガードなくてはいけなくなり、もっともラフプレーひどかった選手2人戦わなければならず、「彼がいつも一番ひどい暴行を受けていた」とヘッドコーチフィル・ジャクソン語ったほどだった。1990年プレイオフイースタン・カンファレンスファイナルブルズピストンズ対戦しスコッティは第7戦までもつれたシリーズ大事な場面で原因不明偏頭痛襲われ、ほとんどまともにプレーすることができなくなりチームまたしてもNBAファイナル進出逃した以前にピッペンプレイオフビル・レインビア暴行を受けて恐怖駆られたのかその後試合欠場したことがあり、ジョーダンを初めとする一部人々は、スコッティ土壇場に弱い批判するようになった。 しかし、この敗戦後自分のひどいプレー心底悔しい思いをしたピッペンホーレス・グラント敗戦翌日からブルズ練習場現れ、来シーズンのためにトレーニングを始めていた。

※この「80年代」の解説は、「スコッティ・ピッペン」の解説の一部です。
「80年代」を含む「スコッティ・ピッペン」の記事については、「スコッティ・ピッペン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「80年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「80年代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「80年代」の関連用語

80年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



80年代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの80年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1世紀 (改訂履歴)、スケバン (改訂履歴)、スコッティ・ピッペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS