ミレニアムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ミレニアムの意味・解説 

ミレニアム【millennium】

1000年1000年間。千年紀

キリスト教で、キリスト再臨してこの世統治するという1000年間。千年至福期。千年王国


ミレニアム(みれにあむ)

西暦2000年のこと

西暦2000年は、20世紀最後の年としてだけでなく、1000年一度の切りのいい年としても意味をもっている。本来、ミレニアムとは「千年紀」を指す言葉であるが、最近になってこの用法広く普及した。

ミレニアムは、もともとキリスト教で使われていた言葉であり、キリスト地上再臨してメシア救世主王国建設して統治するという「至福千年」のことを指している。現在でも、キリスト教文化圏では、1000年一区切りとする習慣が残っている。

日本国でも、政府が進めているミレニアム・プロジェクトなど2000年記念する事業や行事が企画された。ただし、これらの大部分は、その宗教意味合いが失われている。

価格2000円設定したミレニアムグッズを販売したり、2000年生まれ赤ちゃんミレニアムベビーと呼んだり、その他2000という数字にちなむさまざまな現象流行した。

(2000.01.01更新


ミレニアム 【millennium】


ミレニアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 03:05 UTC 版)

ミレニアム英語: millennium [注 1])、千年紀(せんねんき)とは、西暦1000年単位で区切ったもの。




注釈

  1. ^ 複数形はmillennia、またはmillenniums。
  2. ^ 文献初出が1001年(長保3年)であるため、その頃にはすでに相当な部分まで成立していたとの見方もある。
  3. ^ milleはラテン語で、元々「たくさん」を意味していたが、転じて「千」を意味するようになった。milleを語源とする英語として他にもミリオン (million) などがある。
  4. ^ 「annum」は対格であり、主格では「annus」となる。
  5. ^ この千年王国と関連してセヴンスデー・アドヴェンチストエホバの証人らが、千年期の到来、神のみ国、王国の実質年期と信仰している。
  6. ^ ただし、西暦の区切りとは関係なく1000年間の意味で千年紀が使用される場合もある。

出典

  1. ^ 新・地球世紀へのキーワード[共に生きる] (PDF) (調査季報144:新鮮力 角田定孝/横浜市企画局政策部調査課 2000年12月27日発行, ISSN 0387-8899
  2. ^ ミレニアム(千年紀)って何?(長岡シティアンサンブル NONCE号外/だから何やねん)
  3. ^ a b c d 新たなミレニアム(千年紀)を考える(21世紀の歩き方大研究)
  4. ^ a b なぜ2001年が始まりなのか(21世紀の歩き方大研究)


「ミレニアム」の続きの解説一覧

ミレニアム

出典:『Wiktionary』 (2019/08/21 07:22 UTC 版)

語源

英語 millennium < 後期ラテン語 millennium < ラテン語 mīlle (千) + annus (年)

名詞

ミレニアム

  1. 西暦を、1から1000年1001年から2000年もしくは紀元前1000年から紀元前1年紀元前2000年から紀元前1001年のように、1000年ごとに区切ったもの。
  2. 時間単位。1ミレニアムは1000年間。
  3. (キリスト教) イエス・キリストが再び人間界に現れ人間界統治するとされる1000年間。
  4. 3.で統治される王国

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミレニアム」の関連用語

ミレニアムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミレニアムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミレニアム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのミレニアム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS