指揮官としてとは? わかりやすく解説

指揮官として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 15:28 UTC 版)

チャールズ・オースティン」の記事における「指揮官として」の解説

その後5年間を北アメリカ艦隊英語版)で過ごしたオースティンは、1810年5月10日74門艦スウィフトシュア (戦列艦)(英語版)の艦長となった、その当時この艦はボルラス・ウォーレン(英語版)の旗艦だった。その年9月にはクレオパトラ英語版)に乗艦し、1811年11月から1814年9月まではナムール英語版)の艦長として任務についた。この艦はノア基地しておりトマス・ウィリアムズ英語版)の旗艦だった。その後36フリゲートフェニックス英語版)をまかされ百日天下終わってアンドーンテッド英語版)、ガーランド英語版と共にアドリア海勢力伸ばしつつあると思われるナポリ軍をくまなく探すために、戦隊の指揮官として派遣された。ナポリ軍を降伏させた後はブリンディジでの封鎖加わったその後エドワード・ペリューから、フランス戦の様子を探る任務受けたが、フランスとの戦争終わったこともありオースティンしばらくの間この地域の海賊行為鎮圧の方注意向けた。そしてパヴォス港で2隻の私掠船拿捕することに成功したが、「フェニックス」が1816年2月20日スミルナ難破するという災難見舞われた。これは案内人無視したのが原因だった。 1826年6月2日オースティン46門艦オーロラ英語版)をまかされ次席司令官としてジャマイカ駐留地に赴任した。ここで奴隷貿易阻止奮迅し、多くの奴隷船捕獲しかなりの戦功をあげた。オースティンは「オーロラ」の指揮官2年務めその後この艦は1828年12月退役した。エドワード・コルポイズ(英語版)がオースティン自分の旗艦艦長指名したため、北アメリカ及び西インド諸島艦隊かつての北アメリカ艦隊)でウィンチェスター乗務しその後1830年12月大事故負傷して送還されるまでこの地とどまった回復して任務戻ったオースティンは、1838年ウォータールー英語版)に配属された。1840年8月28日には恩給支給されたオースティン地中海に「ウォータールー」で航海し1840年11月3日アッコ爆撃功績をあげ、この結果1840年12月18日バス勲章授与された。オースティンと「ウォータールー」は帰国し、「ウォータールー」はその後1841年6月退役した

※この「指揮官として」の解説は、「チャールズ・オースティン」の解説の一部です。
「指揮官として」を含む「チャールズ・オースティン」の記事については、「チャールズ・オースティン」の概要を参照ください。


指揮官として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 14:39 UTC 版)

ジョーゼフ・ロートン・コリンズ」の記事における「指揮官として」の解説

コリンズ1941年1月臨時大佐1942年2月准将1942年5月少将昇進した彼は1941年から42年までハワイ局の参謀長および1942年から43年までオアフ島の第25歩兵師団(「トロピック・ライトニング」師団指揮官ガダルカナル島日本軍に対する作戦担当したその後ヨーロッパへ転任し1944年から45年まで第VII軍団指揮しノルマンディー上陸作戦からドイツの降伏まで経験した。第VII軍団コブラ作戦への貢献で最も知られるしかしながら同作戦へコリンズ貢献それほど知られていない。第VII軍団1944年から45年戦闘全体にわたって最も重要な第1軍努力結集する傾向があった。コリンズヨーロッパ戦線におけるアメリカ軍最良の部隊長広く考えられた。 コリンズ1945年4月臨時中将戦時昇進)、6月准将終身)に昇進した1945年8月から12月まで副総指揮官および陸軍地上部隊参謀総長1945年から47年まで陸軍情報局局長1947年から49年まで陸軍参謀総長に就任し1948年1月少将終身)に昇進したコリンズ1949年8月16日から1953年8月15日まで2期4年にわたりアメリカ陸軍参謀総長の職を務め朝鮮戦争全体に渡って陸軍指揮した階級大将終身となった彼は陸軍鉄道作戦指揮し戦闘序列最初の特別部隊グループ配置し、そして新たに発足した北大西洋条約機構への陸軍貢献緊密に関係した彼は1953年から54年までNATO軍事委員会および常設グループへのアメリカ代表であった1954年から55年までベトナム大使級のアメリカ特別代表を務めその後NATO戻り1956年3月退役したコリンズ1987年9月12日ワシントンD.C.死去した彼はアーリントン国立墓地埋葬された。

※この「指揮官として」の解説は、「ジョーゼフ・ロートン・コリンズ」の解説の一部です。
「指揮官として」を含む「ジョーゼフ・ロートン・コリンズ」の記事については、「ジョーゼフ・ロートン・コリンズ」の概要を参照ください。


指揮官として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/03 15:38 UTC 版)

フィルモン・ポウノル」の記事における「指揮官として」の解説

それから2年間、ポウノルはフェイバリット指揮して1761年半ばには、チャールズ・プロビー指揮下のカディス沖の戦隊加わって航海した。この戦隊74門艦サンダラーモデスト英語版)、44門艦テティス英語版)で構成されていた。7月16日64門艦アシーユフリゲート艦ブフォンヌの2隻のフランス艦が、封鎖中の港をかろうじて離れたが、その翌日イギリス艦隊追跡され海戦となった激戦の末、両艦とも拿捕された。ポウノルは1762年5月まで、サン・ヴィセンテ岬防御のためにチャールズ・ソーンダース派遣したフェイバリット指揮執ったフェイバリットソーンダース艦隊の1隻だった。 5月15日フェイバリットはハーバート・ソウヤー艦長フリゲート艦アクティブ英語版と共にサンタマリア岬沖を航海していたところ、2隻はスペイン艦を発見して追跡した。いったん拿捕されたこの船はスペインのレジスターシップのエルミオーネで、この年1月6日リマ発ちいくつもの袋に詰めた黄金と、金貨と、金銀延べ棒と、カカオ豆と、錫の塊を積んでいた。エルミオーネジブラルタルへと連れて行かれ最終的に積荷船体艤装共々戦利品となり、すべての価格519705ポンド10シリングにもなった、これは今日価格7千130ポンド相当する。ポウノルとソウヤーそれぞれ艦長分け前として賞金64千782ポンド今日価格で890ポンド)を手に入れたこの時代賞金としては最も大きな部類に入る。水兵たちもそれぞれ480ポンド受け取った、これは彼らの30年分の賃金相当した偶然にもソウヤーもポウノルも、リスボン商人の2人の娘である姉妹それぞれ求婚していたが、資金足りないため断られていた。今や大金持ちとなった2人は、彼女たち結婚した。ポウノルはこの賞金でアシュプリントンのシャープハムに土地を買い、ケーパビリティ・ブラウン設計した庭園つきの大きな邸宅建てたこの頃ポウノルは、ジョシュア・レノルズ肖像画依頼したといわれる

※この「指揮官として」の解説は、「フィルモン・ポウノル」の解説の一部です。
「指揮官として」を含む「フィルモン・ポウノル」の記事については、「フィルモン・ポウノル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「指揮官として」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

指揮官としてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



指揮官としてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチャールズ・オースティン (改訂履歴)、ジョーゼフ・ロートン・コリンズ (改訂履歴)、フィルモン・ポウノル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS