人狼とは?

人狼

読み方:じんろう

(1)物語伝承などに登場する、化けることのできる人間または人間化けを意味する語。満月の夜に月の光を浴びると変身するイメージ持たれることが多い。
(2)参加者一つ住人とし、その中から昼は人間化けて夜は殺戮繰り返す「人狼」を見つけ出すといった趣旨パーティーゲームのこと。村人中にも自らを村人証明できるなどといった複数役職存在するのが一般的で、全員話し合いによって人狼を見つけ出していく心理戦となる。「人狼」の他に「汝は人狼なりや?」という名称で呼ばれることもある。

人狼

作者山口ゆたか

収載図書バラ色のたまご
出版社武蔵野書院
刊行年月1988.7


人狼

作者岡本綺堂

収載図書岡本綺堂妖術伝奇集伝奇ノ匣 2
出版社学習研究社
刊行年月2002.3
シリーズ名学研M文庫


人狼

作者フレデリック・マリヤット

収載図書贈る物語Terror
出版社光文社
刊行年月2002.11

収載図書怪奇小説傑作集 2 英米編2 新版
出版社東京創元社
刊行年月2006.3
シリーズ名創元推理文庫

収載図書贈る物語Terror―みんな怖い話大好
出版社光文社
刊行年月2006.12
シリーズ名光文社文庫


狼男

(人狼 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 15:49 UTC 版)

狼男(おおかみおとこ)は、獣人伝説の生物)の一種で、または半狼半人の姿に変身したり、狼に憑依されるなどした人間男性である。同様の女性狼女(おおかみおんな)で、男女を特定せず狼人間(おおかみにんげん)・人狼(じんろう)ともいう。


  1. ^ 溝井 2015, pp. 107-109.
  2. ^ Claude-Catherine&Gilles Ragache著 高橋正男訳 『狼と西洋文明(原題"Les loups en France")』p.106
  3. ^ ジャン・ドミニク・ラジュー「ヒグマの民俗」(天野哲也増田隆一間野勉 編著『ヒグマ学入門―自然史・文化・現代社会』(北海道大学出版会、2006年)ISBN 978-4-832-97391-6)。
  4. ^ a b 溝井 2015, pp. 110-113.
  5. ^ 『狼と西洋文明』p.109-p.115
  6. ^ フランス革命以降・新フラン以前の貨幣単位。5サンチームに相当(100サンチーム=1フラン)
  7. ^ 『狼と西洋文明』p.109-p.115
  8. ^ ティルベリのゲルウァシウス 著/池上俊一 訳『西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇』(講談社学術文庫、2008年) ISBN 978-4-061-59884-3


「狼男」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人狼」の関連用語

人狼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人狼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狼男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS