真意とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 真意の意味・解説 

しん い [1] 【真意】

まことの心。本当意図。 「 -を問いただす」 「 -をはかりかねる
(話や文章の)本当の意味。 〔類義の語に「本心」があるが、「本心」は人間が本来持っている正しい心、また、表向きには隠されている本当の気持ちの意を表す。それに対して「真意」は文章などの真実の意味、また、表面からはとらえにくいその人の本来の意図の意を表す〕


効果意思

(真意 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/30 06:39 UTC 版)

効果意思(こうかいし)とは、意思表示の過程における要素の一つで法律効果を発生させようという意思。大ざっぱにいえば、世の中に存在する権利法律関係を変動させる効力(法律効果)を認められた行為(法律行為)をしようとする意思をいう。この効果意思には、意思表示を行う表意者が内心でどのような法律効果を意欲したかという内心の効果意思[1](内心的効果意思、真意)と、実際に意思表示の表示内容として表示された効果意思[1](表示上の効果意思)の二つがあり両者は区別される。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、221頁。
  2. ^ a b 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、166頁。
  3. ^ a b c 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、167頁。
  4. ^ a b c d e 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、267頁。
  5. ^ a b c 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、268頁。
  6. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、270頁。
  7. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、278頁。
  8. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、282頁。
  9. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、283頁。
  10. ^ a b 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、296頁。
  11. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、295頁。
  12. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、305頁。


「効果意思」の続きの解説一覧

真意

出典:『Wiktionary』 (2011/05/06 14:21 UTC 版)

名詞

(しんい)

  1. 気持ち
    初めは、にもあなた真意分かりかねましたよ。(豊島与志雄女と帽子 ――「小悪魔の記録」――』)
  2. 真の意味
    日本語のわかるものの顔には、彼の真意をなんとしていいのかわからない、ばかにされたような期待はずれ感情がみなぎった。(宮本百合子二つの庭』)

発音

し↘んい

関連語

翻訳

語義1)

語義2)






真意と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「真意」の関連用語


2
胸中 国語辞典
72% |||||

3
心中 国語辞典
72% |||||

4
深意 国語辞典
72% |||||

5
底意 国語辞典
72% |||||

6
本心 国語辞典
72% |||||


8
かどうか 国語辞典
52% |||||

9
か否か 国語辞典
52% |||||


真意のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

飯塚翔太

BlackBerry Bold 9700

駿河

リモコンジョグ・ジョグ

成層圏滞空飛行試験

特急スーパーマリン1

ハンマー

てん





真意のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの効果意思 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの真意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS