真意とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 真意の意味・解説 

しん‐い【真意】

本当の気持ち意向また、本当の意味。「真意をくみとる」「真意を探る」


効果意思

(真意 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/30 06:39 UTC 版)

効果意思(こうかいし)とは、意思表示の過程における要素の一つで法律効果を発生させようという意思。大ざっぱにいえば、世の中に存在する権利法律関係を変動させる効力(法律効果)を認められた行為(法律行為)をしようとする意思をいう。この効果意思には、意思表示を行う表意者が内心でどのような法律効果を意欲したかという内心の効果意思[1](内心的効果意思、真意)と、実際に意思表示の表示内容として表示された効果意思[1](表示上の効果意思)の二つがあり両者は区別される。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、221頁。
  2. ^ a b 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、166頁。
  3. ^ a b c 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、167頁。
  4. ^ a b c d e 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、267頁。
  5. ^ a b c 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、268頁。
  6. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、270頁。
  7. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、278頁。
  8. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、282頁。
  9. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、283頁。
  10. ^ a b 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、296頁。
  11. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、295頁。
  12. ^ 川島 武宜 『民法総則』 有斐閣、1965年、305頁。


「効果意思」の続きの解説一覧

真意

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 08:56 UTC 版)

名詞

  (しんい)

  1. 本当気持ち意向意図
  2. 本当意味

発音

し↘んい

類義語

関連語

翻訳

語義1

語義2




真意と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真意」の関連用語

真意のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



真意のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの効果意思 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの真意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS