1938年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1938年の意味・解説 

昭和13年 (つちのえとら 戊寅)

昭和13年
年(年号)
1918年 (大正7年) 米騒動
1923年 (大正12年) 関東大震災
1928年 (昭和3年) 初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件
1936年 (昭和11年) 二・二六事件
昭和13年
1941年 (昭和16年) 対英宣戦布告
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟


昭和13年
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 71
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 67
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 63
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 61
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 60
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 60
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 60
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 59
市川 左団次二世 1880年1940年(明治13年昭和15年) 58
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 56
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 55
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 55
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 55
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 54
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 54
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 54
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 54
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 53
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 52
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 52
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 52
松旭斎 天勝 1886年1944年(明治19年昭和19年) 52
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 49
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 48
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 48
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 47
河合 栄治郎 1891年1944年(明治24年昭和19年) 47
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 46
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 45
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 41
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 40
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 40
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 40
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 40
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 39
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 39
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 37
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 36
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 35
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 35
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 34
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 34
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 34
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 32
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 31
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 29
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 28
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 13

1938年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 08:13 UTC 版)

1938年(1938 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年昭和13年。


  1. ^ 企画展示 中田正子展-明治大学が生んだ日本初の女性弁護士
  2. ^ 元巨人・坂崎一彦さん死去 天覧試合で長嶋とアベック弾”. SANSPO.COM(サンスポ) (2014年1月30日). 2020年11月20日閲覧。
  3. ^ 声優の野沢那智さんが死去 アラン・ドロンら吹き替え”. 日本経済新聞 (2010年10月30日). 2020年11月25日閲覧。
  4. ^ “山本昌平さん死去 俳優”. 時事通信社. (2019年11月28日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112800885&g=soc 2020年10月28日閲覧。 
  5. ^ 俳優・山本昌平さん死去 82歳「水戸黄門」「電撃戦隊チェンジマン」など - Sponichi Annex 2019年11月28日
  6. ^ “カリモフ大統領死去、ウズベク政府が正式発表”. AFP通信 (AFP通信). (2016年9月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3099630 2020年11月28日閲覧。 
  7. ^ 第50代横綱の佐田の山が死去 優勝6回、79歳”. 日刊スポーツ (2017年5月1日). 2020年11月17日閲覧。
  8. ^ 梅宮辰夫さん死去、慢性腎不全のため81歳…「モーニングショー」が伝える” (日本語). スポーツ報知 (2019年12月12日). 2020年11月7日閲覧。
  9. ^ 元横綱栃ノ海が死去 小兵の技巧派横綱として活躍」『日刊スポーツ』、2021年1月29日。2021年1月29日閲覧。
  10. ^ コフィ・アナン氏死去、80歳 黒人初の国連事務総長”. BBCニュース (2018年8月20日). 2019年12月22日閲覧。
  11. ^ “コフィ・アナン氏が死去、元国連事務総長 80歳”. 朝日新聞. (2018年8月18日19時9分). https://www.asahi.com/articles/ASL8L67CBL8LUHBI01D.html 2020年11月1日閲覧。 
  12. ^ 三浦清弘さん死去”. 朝日新聞デジタル (2016年3月28日). 2020年11月18日閲覧。
  13. ^ 「僕は泣いちっち」の守屋浩さん 前立腺がんで死去 81歳 引退後は榊原郁恵ら発掘 - Sponichi Annex 2020年9月23日
  14. ^ “遠藤武彦氏が死去 元衆院議員、81歳”. 山形新聞 (山形新聞). (2019年12月28日). https://www.yamagata-np.jp/news/201912/28/kj_2019122800503.php 2020年10月27日閲覧。 
  15. ^ 山城新伍さん老人ホームで死去”. 日刊スポーツ (2009年8月14日). 2020年11月7日閲覧。
  16. ^ 声優・井上真樹夫さん死去 「ルパン三世」二代目・石川五ェ門役 - ORICON NEWS 2019年12月2日
  17. ^ 久生十蘭 『地底獣国 久生十蘭傑作選 III』社会思想社、1976年、7-18,24-47,57,78頁。ISBN 978-4-390-10893-5 
  18. ^ 伊吹秀明 『第二次宇宙戦争 マルス1938』KKベストセラーズ、2000年、18,152-215頁。ISBN 978-4-584-17888-1 
  19. ^ 荒木飛呂彦 『ジョジョの奇妙な冒険 4 Part2 戦闘潮流1』集英社、2002年、6-9,24-30,69-73,143,184,185,337頁。ISBN 978-4-08-617787-0 



1938年(昭和13年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市の歴史」の記事における「1938年(昭和13年)」の解説

ネオンサイン制限され、ダンスホール・カフェーなどが閉鎖される。 「満蒙開拓青少年義勇軍」が高松出発する重油ガソリン等が切符制となる。 県屋島総合グランド開場する塩江温泉鉄道琴平電鉄合併し琴平電鉄塩江線になる(7月)。 第11師団満州国北部守備につく

※この「1938年(昭和13年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。
「1938年(昭和13年)」を含む「高松市の歴史」の記事については、「高松市の歴史」の概要を参照ください。


1938年(昭和13年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:53 UTC 版)

太平洋戦争の年表」の記事における「1938年(昭和13年)」の解説

1月11日 第一回御前会議支那事変処理根本方針4月11日 国家総動員法公布5月19日 日本軍徐州占領7月29日 張鼓峰事件10月21日 日本軍広東占領11月3日 近衛内閣東亜新秩序声明

※この「1938年(昭和13年)」の解説は、「太平洋戦争の年表」の解説の一部です。
「1938年(昭和13年)」を含む「太平洋戦争の年表」の記事については、「太平洋戦争の年表」の概要を参照ください。


1938年(民国27年、昭和13年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 09:55 UTC 版)

日中戦争関係年表」の記事における「1938年(民国27年昭和13年)」の解説

1月16日: 近衛文麿、「国民政府を対手とせず」の声明を出す。

※この「1938年(民国27年、昭和13年)」の解説は、「日中戦争関係年表」の解説の一部です。
「1938年(民国27年、昭和13年)」を含む「日中戦争関係年表」の記事については、「日中戦争関係年表」の概要を参照ください。


1938年(昭和13年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:12 UTC 版)

昭和」の記事における「1938年(昭和13年)」の解説

近衛声明4月国家総動員法制定徐州会戦7月満州国東南端で張鼓峰事件勃発1940年東京オリンピック中止決定8月武漢作戦

※この「1938年(昭和13年)」の解説は、「昭和」の解説の一部です。
「1938年(昭和13年)」を含む「昭和」の記事については、「昭和」の概要を参照ください。


1938年(昭和13年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:46 UTC 版)

近衛文麿」の記事における「1938年(昭和13年)」の解説

翌1938年(昭和13年1月11日には、御前会議陸軍参謀本部主導により「支那事変処理根本方針」が決定された。これはドイツの仲介による講和トラウトマン工作)を求め方針だった。しかし、近衞1月14日和平交渉打ち切り閣議決定し、1月16日に「爾後國民政府對手トセズ」の声明第一次近衛声明)を国内外発表し講和の機会を閉ざした5月には現地日本軍徐州占領しており、7月には尾崎秀実松本重治犬養健西園寺公一影佐禎昭らの工作により、中国国民党左派有力者である汪兆銘接近して国民党から和平派切り崩す工作開始し石原莞爾らの独自和平工作完全に阻止したその後日本軍広東武漢三鎮占領している。 この間国内では2月17日には防共護国団の約600名が立憲民政党立憲政友会本部襲撃しているが(政党本部推参事件)、これに先立ち中溝多摩吉は政党本部襲撃計画案近衞見せ近衞はこれに若干修正加えている。さらに近衞は、支那事変のためとして、4月国家総動員法電力国家管理法を公布5月5日施行し経済戦時体制導入日本の国社会主義化開始された。なお、国家総動員法電力国家管理法は、ソ連第一次五カ年計画模倣である。ちなみに3年後1941年昭和16年)に制定され国民学校令は、ナチス率い当時ドイツのフォルクスシューレを模倣した教育制度である。また戦争継続戦費調達のために大量の赤字国債である「支那事変公債」が発行され国債強制割当が行われた。 この頃近衞は、陸軍参謀総長閑院宮載仁親王らに根回しをすることで杉山元更迭成功させた。後任陸相には小畑敏四郎考えたが、摩擦が生じることを懸念。そこで不拡大派の支持があった板垣征四郎迎えることを決意し板垣への使者として民間人古野伊之助派遣、古野は爆弾輸送トラック乗り山東省最前線乗り込んだこの時期の内閣改造で主に入閣したのは、陸軍非主流派不拡大派の石原莞爾らが、以前閣僚への起用考えていた人々であったこの人事により軍部抑える考えがあったものとされるが、板垣結局傀儡」となり失敗した近衞広田弘毅代えて宇垣一成外相迎えたものの、宇垣和平工作宇垣工作)を十分に助けようとしなかった。宇垣はこれに不満を覚え、また近衞興亜院設置しようとしたこともあり9月辞任した8月には、麻生久書記長とする社会大衆党中心として、「大日本党」の結成目指したが、時期尚早とみて中止した。これは、大政翼賛会へと至る挙国一致のための第一歩である。 11月3日に「東亜新秩序声明第二次近衛声明)を発表12月22日には日本からの和平工作応じた汪兆銘重慶脱出を受けて対中国和平における3つの方針善隣友好共同防共経済提携)を示した第三次近衛声明近衛三原則)を発表した。しかし、汪に呼応する中国有力政治家はなく、重慶国民党本部は汪の和平要請拒否逆に汪の職務党籍剥奪し近衞狙った中国和平派による早期停戦阻まれることになった1939年昭和14年1月5日内閣総辞職する。

※この「1938年(昭和13年)」の解説は、「近衛文麿」の解説の一部です。
「1938年(昭和13年)」を含む「近衛文麿」の記事については、「近衛文麿」の概要を参照ください。


1938年(昭和13年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 13:58 UTC 版)

日米交渉」の記事における「1938年(昭和13年)」の解説

0116日 近衛文麿首相第一次近衛声明発表日中戦争早期和平目指したトラウトマン工作打ち切り背景ソ連のスパイ尾崎秀実らの工作があった。

※この「1938年(昭和13年)」の解説は、「日米交渉」の解説の一部です。
「1938年(昭和13年)」を含む「日米交渉」の記事については、「日米交渉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1938年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1938年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1938年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1938年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1938年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高松市の歴史 (改訂履歴)、太平洋戦争の年表 (改訂履歴)、日中戦争関係年表 (改訂履歴)、昭和 (改訂履歴)、近衛文麿 (改訂履歴)、日米交渉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS