訃報とは?

訃報

読み方:ふほう

死去したことを意味する知らせ。「悲報」「訃」ともいう。

ふ‐ほう【訃報】

死去したという知らせ悲報訃音。訃。「恩師の訃報に接する」


訃報

作者清水一行

収載図書問題重役
出版社徳間書店
刊行年月1986.6
シリーズ名徳間文庫

収載図書後継者
出版社青樹社
刊行年月1987.3
シリーズ名BIG BOOKS

収載図書後継者
出版社青樹社
刊行年月1992.4
シリーズ名BIG BOOKS

収載図書後継者
出版社青樹社
刊行年月1995.12
シリーズ名青樹社文庫


死亡記事

(訃報 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 17:09 UTC 版)

死亡記事(しぼうきじ)とは、新聞などの記事のうち著名人の死を伝える内容のもののことである。訃報(ふほう)とも言い、日本では死亡記事のコーナーは「おくやみ欄」とも呼ばれる。発行者が独自に掲載を決めたものを指し、遺族などが依頼して広告として掲載されたものは死亡広告と呼んで区別する。


  1. ^ a b c ボブ・フランクリン、「死亡記事」の項。
  2. ^ 例えば日本の場合、刑事責任について刑法230条2項。
  3. ^ a b 諸岡、171-172頁。
  4. ^ Caroline McCarthy 「S・ジョブズ氏の死亡記事、ブルームバーグが誤配信」 CNET Japan、2008年8月29日。
  5. ^ 諸岡、149頁。
  6. ^ 諸岡、56頁。
  7. ^ 東京日日新聞 1900年8月12日朝刊。
  8. ^ 諸岡、61頁。
  9. ^ 諸岡、66頁。
  10. ^ 諸岡、72-73頁。
  11. ^ 時事通信社、576頁。
  12. ^ 時事通信社、573頁。
  13. ^ a b 共同通信社、539頁。
  14. ^ 諸岡、7-8頁。
  15. ^ 諸岡、161頁。
  16. ^ 諸岡、44頁。
  17. ^ 関係者からの情報提供があれば掲載する、無料の死亡広告というべきものもある。


「死亡記事」の続きの解説一覧

訃報

出典:『Wiktionary』 (2018/08/14 08:59 UTC 版)

発音

ふ↗ほー

名詞

(ふほう)

  1. 人が死去したことの知らせ

類義語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「訃報」の関連用語

訃報のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



訃報のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死亡記事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの訃報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS