慟哭とは?

慟哭

読み方:どうこく

慟哭(どうこく)とは、悲しみに耐えきれず声をあげて泣くこと。「慟」の字は身体上下に動かして悲しむこと、「哭」の字は声をあげて泣くことを意味し、特に悲しみ感情大きいときに使われる。慟哭という語そのもの悲しみ感情泣く意味が含まれているため、「悲しみあまりに慟哭する」といった使い方重複表現である。

慟哭の類義語には「号泣ごうきゅう)」「哀哭あいこく)」などがある。「号泣」は大声をあげて泣くこと、「哀哭」は声をあげて嘆き悲しむことを意味し、いずれも激し感情表現する際に使われる。「慟哭」「哀哭」が悲しみ表現する際に使われるのに対し、「号泣」は悲しみ以外に喜び表現する際にも使われる。

人が泣くときに「嗚咽(おえつ)」という語も使われることがあるが、この語は声をおさえて泣くことを意味するので、「慟哭」「哀哭」「号泣」より落ち着いたニュアンスである。

慟哭の対義語としては「哄笑こうしょう)」が挙げられる。慟哭が声をあげて泣くことであるのに対し、哄笑は声をあげて笑うことを意味する。

例文
彼の訃報を聞いて、彼女は人目気にせず慟哭した。
孤独に耐えきれなくなり思わず慟哭する。
愛する人を突然亡くした彼の慟哭を見て、私も心が苦しくなった。

どう こく [0]

スル
悲しみのために、声をあげて激しく泣くこと。哭慟友の死に-す


慟哭

読み方:ドウコク(doukoku)

悲しみのために、声をあげて激しく泣くこと


慟哭

作者原石

収載図書自選作品集 9
出版社原石
刊行年月2008.8


慟哭

読み方:ドウコク(doukoku)

作者 嘉村磯多

初出 大正11年

ジャンル 小説


慟哭

読み方:ドウコク(doukoku)

作者 斎藤瀏

初出 昭和27年

ジャンル 歌集


慟哭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/02 08:48 UTC 版)

慟哭(どうこく)




「慟哭」の続きの解説一覧

慟哭

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 19:49 UTC 版)

名詞

慟 哭どうこく

  1. ひどく悲しみ、声をあげて泣くこと。

語誌

動詞

活用

サ行変格活用
慟哭-する
  1. ひどく悲しみ、声を上げ泣く

翻訳




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「慟哭」の関連用語

慟哭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



慟哭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慟哭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの慟哭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS