中島敦とは? わかりやすく解説

なかじま‐あつし【中島敦】

読み方:なかじまあつし

[1909〜1942小説家東京生まれ中国史実古典題材求めた作品書いた夭折(ようせつ)、死後再評価された。作「李陵(りりょう)」「山月記」「光と風と夢」など。

中島敦の画像

中島敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/19 06:18 UTC 版)

中島 敦(なかじま あつし、1909年明治42年〉5月5日 - 1942年昭和17年〉12月4日)は、日本小説家。代表作は『山月記』『光と風と夢』『弟子』『李陵』など[1][2][3][4]第一高等学校東京帝国大学を卒業後、横浜高等女学校の教員勤務のかたわら小説執筆を続け、パラオ南洋庁官吏(教科書編修書記)を経て専業作家になるも、同1942年(昭和17年)中に持病の喘息悪化のため33歳で病没[5][6]。死後に出版された全集は毎日出版文化賞を受賞した[6][7]


注釈

  1. ^ 一高で敦の1級下だった湯浅隆宗の「ハンスとフランツ」によれば、氷上が敦に奨めたのではなくて、その逆であるという[20]
  2. ^ 伊豆下田に誘われたきっかけは、前年発表された川端康成の『伊豆の踊子』ではないかと推察されている[20]
  3. ^ この「又してもだめなり」という語から、「虎狩」がこれ以前の別の応募でも落選していたのか、あるいは、「斗南先生」を何かに応募していたのではないかと推察されている[8]
  4. ^ ちなみに、自身の内面自我(狼疾)の主題に集中した『狼疾記』の完成に没頭した以後もなお、中島が『北方行』に戻ることがなかった点に関しては、渡邊一民は、湯浅克衛の「カンナニ」が『文学評論』1935年4月号に掲載された際、万歳事件を扱った部分が検閲で削除されたという附記を、おそらく中島が読んでいたからではないかと推察し[64]川村湊は、大きな歴史的な現実と、一種の越境的ファミリーロマンスを結びつけ合わせるだけの力量が中島にはなかったのではないかとしている[11]
  5. ^ 斗南の小説『野路乃村雨』は、保安条例に反対し皇居外3里の地に追放された病弱の青年を主人公にしたもので、有為の青年が悲運に陥る内容となっている[234]
  6. ^ 当選作は島木健作「盲目」、丹羽文雄「贅肉」などだった[8]
  7. ^ 「狼疾記」と共に1940年に雑誌『形成』(古今書院)に掲載する話もあったが実現ならず[6]
  8. ^ 『文學界』編集部からの要請で変更した[8]
  9. ^ 深田久弥の回想文中に「古譚六篇」という言い方がなされ、編集者(今日の問題社の)がこの「盈虚」「牛人」2篇を「古譚」と呼んでいたことから[9]
  10. ^ 『表現』は角川書店の季刊雑誌[6]
  11. ^ 「石とならまほしき夜の歌」から6首、「また同じき夜によめる歌」、「夢」から7首が掲載された[8]。『藝術』は八雲書店の季刊雑誌[8]
  12. ^ 「街頭スケッチ」から7首が掲載された[8]
  13. ^ 『敦 山月記・名人伝』は世田谷パブリックシアターで2005年に公開され、構成・演出・出演を務めた野村萬斎は朝日舞台芸術賞(舞台芸術賞)と紀伊国屋演劇賞(第40回個人賞)を受賞した[260][261]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 瀬沼茂樹「解説」(李陵 2003, pp. 207–215)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 氷上英廣「解説」(山月記 1994, pp. 401–419)
  3. ^ a b c 日野啓三「文学という恩寵」(ちくま3 1993, pp. 461–472)
  4. ^ 勝又 2009, pp. 38–43.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「年譜」(李陵 2003, pp. 216–218)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh gi 「中島敦年譜」(ちくま3 1993, pp. 445–459)
  7. ^ a b c d e f g h i 佐野 2013, p. 44-54.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 勝又浩「解題」(ちくま1 1993, pp. 477–488)
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 勝又浩「解題」(ちくま2 1993, pp. 547–560)
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 勝又浩「解題」(ちくま3 1993, pp. 473–485)
  11. ^ a b c d e f g 川村 2009b, pp. 2–3.
  12. ^ a b 勝又 2004, pp. 153–154.
  13. ^ a b 吉田 1984, pp. 155–156.
  14. ^ 勝又 2004, pp. 112–113.
  15. ^ a b c d 川村 2009b, pp. 14–15.
  16. ^ a b 宝島社 2009.
  17. ^ a b c 企画展「生誕100年記念 中島敦展―ツシタラの夢―」”. 神奈川近代文学館. 2019年10月20日閲覧。
  18. ^ a b c 特別展「中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯」”. 展覧会. 神奈川近代文学館. 2019年10月21日閲覧。
  19. ^ 勝又 2004, p. 8.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca 鷺只雄「作家案内――中島敦」(光と風・講談 1992, pp. 223–242)
  21. ^ 勝又 2004, p. 3.
  22. ^ a b 勝又 2004, pp. 5–12.
  23. ^ a b c d e f 吉村彌生「中島家の人々」(田鍋 1989, pp. 166–168)
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 村山吉廣「家系・教養――『家学』を中心に」(クロノ 1992, pp. 9–19)
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 中島略年譜(『KAWADE道の手帖』pp.189-191).
  26. ^ a b c d e f g 木村一信「作家案内」(斗南先生 1997, pp. 295–307)
  27. ^ 「お国自慢」(学苑 1937年7月・第9号)。ちくま3 1993, pp. 364
  28. ^ a b c d e f g 森田 1995, pp. 19–25.
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 中島タカ「思い出すことなど」(田鍋 1989, pp. 153–165)
  30. ^ 山田光夫「70年前の『中島敦』」(田鍋 1989, pp. 176–178)
  31. ^ a b c 藤田敦男「浜松西小学時代の中島君」(田鍋 1989, pp. 182–184)
  32. ^ a b c d e f g 山崎良幸「中島君を憶う」(田鍋 1989, pp. 184–190)
  33. ^ a b c d 杉原忠彦「三角地のことなど」(田鍋 1989, pp. 192–194)
  34. ^ a b c d 「狼疾記」(1936年11月、1938年-1939年執筆)。ちくま2 1993, pp. 229–266
  35. ^ a b c d 福永 2009, pp. 93–101.
  36. ^ 洗春海「龍山小学校からのこと」(田鍋 1989, pp. 191–192)
  37. ^ a b c d 小山政憲「『校友会雑誌』その他のこと」(田鍋 1989, pp. 198–200)
  38. ^ a b c 福田志朗「『校友会雑誌』のことなど」(田鍋 1989, pp. 201–202)
  39. ^ a b c d e 森田 1995, pp. 25–33.
  40. ^ a b c d 小谷 2019, pp. 9–12.
  41. ^ a b c d 「北方行 6」(渡邊 2005, pp. 46–54)
  42. ^ 勝又 2004, pp. 8–9.
  43. ^ a b c d 稲本晃「秀才中島敦君」(田鍋 1989, pp. 196–198)
  44. ^ a b c d 田中順子「浜松のことなど」(田鍋 1989, pp. 181–182)
  45. ^ a b c d e f g h i j 「プウルの傍で」(1932年8月頃執筆)。ちくま3 1993, pp. 271–297
  46. ^ a b c d e f g h 村山 2002, pp. 96–107.
  47. ^ 勝又 2004, pp. 13–21.
  48. ^ a b c d e f g h i 長根翠「兄貴分として」(田鍋 1989, pp. 204–206)
  49. ^ 高橋務「カンニング事件のこと」(田鍋 1989, p. 203)
  50. ^ 小谷 2019, p. 9-15.
  51. ^ 「初期の習作――豊饒な可能性 一」(国文学論考 1989年3月・第25号)。鷺 1990, pp. 43–46
  52. ^ a b 「初期の習作――豊饒な可能性 五」(国文学論考 1989年3月・第25号)。鷺 1990, pp. 63–67
  53. ^ 川村 2009a, pp. 57–66.
  54. ^ a b 小谷 2019, pp. 9–28.
  55. ^ a b c 日本近代文学館、小田切進 編『日本近代文学大事典 第二巻』 講談社、1977年、495-497頁、NCID BN00742846
  56. ^ a b c d e 磯田光一ほか編『新潮日本文学辞典』 新潮社、1988年1月、908-909頁、ISBN 4107302083
  57. ^ a b c 氷上英廣「中島のこと」(田鍋 1989, pp. 206–208)
  58. ^ a b 岡本武尚(『人事興信録』データベース、名古屋大学)
  59. ^ a b c d e 岡本登志「中島敦さんとのこと」(田鍋 1989, pp. 209–210)
  60. ^ a b c d e f g 荘島褧子「敦と私」(田鍋 1989, pp. 173–176)
  61. ^ a b c d e f g 岡谷 2009, pp. 25–29.
  62. ^ 森田 1995, pp. 42–43.
  63. ^ a b 勝又 2004, pp. 10–11.
  64. ^ a b c d e f g h i 「北方行」(渡邊 2005, pp. 5–54)
  65. ^ 勝又 2004, p. 11.
  66. ^ a b 川村 2009a, pp. 93–97.
  67. ^ 小谷 2019, pp. 18–19.
  68. ^ 勝又 2004, pp. 27–29.
  69. ^ a b c 中島甲臣「敦さんについて、など」(田鍋 1989, pp. 168–169)
  70. ^ 森田 1995, pp. 64–65.
  71. ^ 山口正「大学同級生として」(田鍋 1989, pp. 208–209)
  72. ^ a b 勝又 2004, pp. 29–31.
  73. ^ 飯塚充昭「横浜高女同僚として」(田鍋 1989, pp. 214–215)
  74. ^ a b c 安田秀文「中島さんと一緒に勤めて」(田鍋 1989, pp. 215–217)
  75. ^ a b c d 村山 2002, pp. 107–115.
  76. ^ 森田 1995, pp. 65–69.
  77. ^ 織井優佳 (2020年6月3日). “神奈川)原節子を教えた中島敦先生 記録見つかる”. 朝日新聞デジタル. 2020年11月7日閲覧。
  78. ^ 勝又 2004, p. 30.
  79. ^ 「書簡I――41氷上英廣宛 昭和9年7月17日」(ちくま2 1993, pp. 355–356)
  80. ^ 森田 1995, p. 70.
  81. ^ a b 「断片9」。ちくま3 1993, pp. 407–409)
  82. ^ a b 森田 1995, pp. 42–51.
  83. ^ a b c 三好四郎「中島敦先輩とのこと」(田鍋 1989, pp. 210–213)
  84. ^ a b 森田 1995, pp. 87–91.
  85. ^ a b 矢川 2009, pp. 143–149.
  86. ^ a b 「狼疾」(渡邊 2005, pp. 55–94)
  87. ^ a b c d e f 「中島敦――そのエスキス」(浅井清也編『研究資料現代日本文学22 小説・戯曲II』明治書院、1980年9月に原題「中島敦」として収録)。鷺 1990, pp. 72–77
  88. ^ a b c d 「新しき地平1・2」(渡邊 2005, pp. 95–117)
  89. ^ a b 「書簡I――84 中島田人宛 昭和16年2月26日」(ちくま2 1993, pp. 380–382)
  90. ^ a b 「書簡I――85 中島田人宛 昭和16年3月4日」(ちくま2 1993, pp. 382–385)
  91. ^ 「書簡I――86 氷上英廣宛 昭和16年4月1日」(ちくま2 1993, p. 385)
  92. ^ 「書簡I――90 田中西二郎宛 昭和16年5月31日」(ちくま2 1993, p. 386)
  93. ^ 「書簡I――92 氷上英廣宛 昭和16年6月4日」(ちくま2 1993, p. 387)
  94. ^ 「書簡I――94 深田久弥宛(名刺に書置き) 昭和16年6月?日」(ちくま2 1993, p. 388)
  95. ^ 森田 1995, p. 85.
  96. ^ a b c d e f g 「南洋行」(渡邊 2005, pp. 138–155)
  97. ^ a b 「書簡I――88 田中西二郎宛 昭和16年5月8日」(ちくま2 1993, pp. 385–386)
  98. ^ a b 「書簡I――99 中島田人宛 昭和16年6月28日」(ちくま2 1993, pp. 389–392)
  99. ^ 「書簡I――124 川口直江宛 昭和16年8月25日」(ちくま2 1993, pp. 406–407)
  100. ^ 「書簡I――127 中島たか宛 昭和16年9月2日」(ちくま2 1993, pp. 410–416)
  101. ^ 飯倉照平「註――環礁」(山月記 1994, pp. 387–394)
  102. ^ a b c 「書簡I――145 中島たか宛 昭和16年10月1日」(ちくま2 1993, pp. 439–444)
  103. ^ a b 土方敬子「土方に聞いた敦チャンのこと」(田鍋 1989, pp. 231–232)
  104. ^ 清水 2017
  105. ^ 村山 2002, pp. 123–124.
  106. ^ a b c 森田 1995, pp. 112–116.
  107. ^ a b c d e f 「書簡I――153 中島たか宛 昭和16年11月9日」(ちくま2 1993, pp. 468–474)
  108. ^ a b 森田 1995, pp. 121–122.
  109. ^ a b c d 「書簡I――171 中島たか宛 昭和17年1月9日」(ちくま2 1993, pp. 495–497)
  110. ^ 森田 1995, p. 103.
  111. ^ a b c d 「書簡I――164 中島たか宛 昭和16年12月2日」(ちくま2 1993, pp. 488–491)
  112. ^ a b 森田 1995, pp. 109–112.
  113. ^ 「書簡I――128 川口直江宛 昭和16年9月13日」(ちくま2 1993, pp. 416–417)
  114. ^ a b 「書簡I――146 中島たか宛 昭和16年10月5日」(ちくま2 1993, pp. 444–446)
  115. ^ 「書簡I――137 中島たか宛 昭和16年9月21日」(ちくま2 1993, pp. 427–430)
  116. ^ a b 森田 1995, pp. 104–105.
  117. ^ a b 「書簡I――152 中島田人宛 昭和16年11月6日」(ちくま2 1993, pp. 466–467)
  118. ^ 森田 1995, p. 115.
  119. ^ a b 森田 1995, p. 120.
  120. ^ a b c d 勝又 2004, pp. 71–72.
  121. ^ 神奈川近代文学館 2019, p. 41.
  122. ^ 森田 1995, pp. 123.
  123. ^ 「書簡I――179 小宮山静宛 昭和17年5月22日」(ちくま2 1993, pp. 509–510)
  124. ^ a b 森田 1995, p. 122.
  125. ^ 「書簡I――182 鈴木美江子宛 昭和17年7月3日」(ちくま2 1993, pp. 511–512)
  126. ^ 森田 1995, pp. 129–131.
  127. ^ a b c d 「川端康成の爆発」(鵜飼 2015, pp. 149–157)
  128. ^ a b 杉森久英「中島さんに会った時のこと」(田鍋 1989, pp. 229–231)
  129. ^ 森田 1995, p. 128.
  130. ^ a b 橋本 2006
  131. ^ 森田 1995, p. 134.
  132. ^ a b c d 村山 2002, pp. 128–139.
  133. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』原書房、2015年7月、165頁、ISBN 9784562051878
  134. ^ 勝又 2004, p. 74.
  135. ^ 森田 1995, p. 136.
  136. ^ a b c d e f g h i 折原澄子「兄のこと」(田鍋 1989, pp. 225–228)
  137. ^ 森田 1995, pp. 136–137.
  138. ^ a b c d 川村 2009a, p. 341.
  139. ^ a b c d e f 森田 1995, pp. 67–68.
  140. ^ 定永静「優しかった先生」(田鍋 1989, p. 220)
  141. ^ a b c d e f 金子いく子「担任だった中島敦先生」(田鍋 1989, p. 221)
  142. ^ 藤波登志子「雑誌部顧問だった先生」(田鍋 1989, p. 219)
  143. ^ a b c 勝又 2004, pp. 30–31.
  144. ^ 飯島美江子「清書を手伝ったことなど」(田鍋 1989, pp. 222–224)
  145. ^ 村山 2002, p. 117.
  146. ^ a b c d 鼠入陽子「思い出すこと」(田鍋 1989, pp. 232–233)
  147. ^ 川村 2009b, p. 9-10.
  148. ^ 勝又浩「中島文学と女性」(クロノ 1992, pp. 110–118)
  149. ^ a b c 「繰り返される転校と、成長する虎」「一高生から帝大生へ」「中島敦の二つの顔」(島内 2009, pp. 28–39)
  150. ^ 北畠八穂「土曜日の先生のこと」(田鍋 1989, pp. 224–225)
  151. ^ 勝又 2004, pp. 172–176.
  152. ^ 郭玲玲 2015
  153. ^ 小沢 2009, p. 140.
  154. ^ a b 勝又 2009, pp. 40–43.
  155. ^ a b c 武田 2009, pp. 86–92.
  156. ^ 川村 2009b, pp. 8–9.
  157. ^ 青木 2009, pp. 44–49.
  158. ^ 開高 2009, pp. 78–80.
  159. ^ a b c 川村 2009b, pp. 4–8.
  160. ^ a b 森田 1995, pp. 39–41.
  161. ^ 田中益三「遍歴・異郷」(クロノ 1992, pp. 20–35)
  162. ^ a b 小谷 2019, pp. 21–24.
  163. ^ 小谷 2019, pp. 13–14.
  164. ^ a b c d e f g マッカーシー・深山 2009, pp. 112–115
  165. ^ a b c d 川村 2009a, pp. 109–124.
  166. ^ a b c d e f 陳 2004
  167. ^ a b c d e f 小谷 2019, pp. 205–209.
  168. ^ a b c 木村一信「南洋行」(クロノ 1992, pp. 47–57)
  169. ^ a b 「風物抄」(ちくま2 1993, pp. 91–112)
  170. ^ 「日記――昭和16年12月8日-10日」(ちくま2 1993, pp. 298–299)
  171. ^ 「書簡I――166 中島たか宛 昭和16年12月14日」(ちくま2 1993, pp. 495–497)
  172. ^ 小谷 2019, p. 178.
  173. ^ 小谷 2019, p. 173-176.
  174. ^ マッカーシー・深山 2009, pp. 87–89
  175. ^ a b c 花田俊典「中島敦の〈語り〉、共謀のシステム」(クロノ 1992, pp. 229–240)
  176. ^ a b 「章魚の木の下で」(1942年11月執筆)ちくま3 1993, pp. 125–128
  177. ^ a b マッカーシー・深山 2009, pp. 97–102
  178. ^ 川村湊「解説――ツンタラ・アツシの物語」(光と風・講談 1992, pp. 211–222)
  179. ^ a b 酒見賢一「"文学"から自由な作家」(ちくま3 1993, pp. 467–475
  180. ^ a b c d 「新しき地平3」渡邊 2005, pp. 117–136
  181. ^ 村山 2002, pp. 128–131.
  182. ^ a b c d e 「23 戦争文学――大東亜戦争の文学(1941~45年)」(キーン現代5 2012, pp. 143–153)
  183. ^ a b c d e 山下真史「中島の〈青春〉」(クロノ 1992, pp. 202–210)
  184. ^ a b 「華々しき登場」(渡邊 2005, pp. 157–159)
  185. ^ a b 「中島敦研究史」(鷺 1990, pp. 350–368)
  186. ^ 森田 1995, pp. 126–128.
  187. ^ 村山 2002, pp. 5–6.
  188. ^ a b 「解説 牧野信一」(『日本の文学34 内田百閒牧野信一稲垣足穂』中央公論社、1970年6月)。作家論 1974, pp. 74–77、三島36巻 2003, pp. 169–172に所収
  189. ^ a b 木村 1983, pp. 276–279.
  190. ^ 川村 2009a, pp. 7–10.
  191. ^ a b 佐野 2013, p. 33-41.
  192. ^ a b c 川村 2009a, pp. 10–14.
  193. ^ 川村 2009a, pp. 14–15.
  194. ^ 山下 2018
  195. ^ a b c 川村 2009a, pp. 14–16.
  196. ^ a b 佐野 2013, pp. 11–12.
  197. ^ 阿刀田 2000, pp. 209–211.
  198. ^ 辻原登『枯葉の中の青い炎』 新潮社、2005年、ISBN 4104563021
  199. ^ a b 神奈川近代文学館 2019, p. 72.
  200. ^ a b 佐柄みずき『文豪ストレイドッグス公式国語便覧』 KADOKAWA、2016年、8-9頁、ISBN 9784046017727
  201. ^ 神奈川近代文学館 2019, pp. 74–75.
  202. ^ 「文豪ストレイドッグス」に登場する小説家たちの素顔”. P+D MAGAZINE 小学館. 2019年10月22日閲覧。
  203. ^ a b c d 加藤聖子 (2019年10月17日).“中島敦、短くも波乱の生涯 生誕110年 横浜で特別展”(1頁2頁”). 産経ニュース. 2019年10月20日閲覧。
  204. ^ アニメージュプラス編集部 (2019年9月14日).“『文スト』が「中島敦展―魅せられた旅人の短い生涯」とコラボ!”. 2019年10月22日閲覧。
  205. ^ 西原 2004, p. 103.
  206. ^ 村山 2002, pp. 13–15.
  207. ^ 西原 2004, pp. 103–104.
  208. ^ 村山 2002, pp. 57–60.
  209. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「中島敦家系図」(ちくま3 1993, p. 443)
  210. ^ a b c 村山 2002, pp. 60–70.
  211. ^ 村山 2002, pp. 70–80.
  212. ^ 村山 2002, pp. 80–90.
  213. ^ 西原 2004, pp. 103–105.
  214. ^ a b c d e f g 村山 2002, pp. 87–90.
  215. ^ 西原 2004.
  216. ^ 村山 2002, pp. 9–90.
  217. ^ 村山 2002, pp. 8–90.
  218. ^ a b c d e f g 桜庭幸雄「母千代について」(田鍋 1989, pp. 170–171)
  219. ^ 村山 2002, pp. 55–56.
  220. ^ 村山 2002, p. 8.
  221. ^ a b 村山 2002, p. 60.
  222. ^ a b c d e f g h 塚本盛彦「敦のこと」(田鍋 1989, pp. 171–172)
  223. ^ a b c d e f g 村山 2002, pp. 91–95.
  224. ^ a b 「断片2」。ちくま3 1993, pp. 376–379)
  225. ^ a b 村山 2002, p. 96.
  226. ^ 森田 1995, p. 18.
  227. ^ 川村 2009a, pp. 313–333.
  228. ^ 武内雷龍『夏雲』(海象社、2012年5月)
  229. ^ 折原一のTwitter(2021年12月18日)
  230. ^ 川村湊 (2009年2月).“作家の家系”. 情報・知識&オピニオン imidas. 集英社. 2019年10月19日閲覧。
  231. ^ a b 久喜・中島敦の会 編『中島敦と私 ― 中島敦生誕100年記念 ―』 久喜・中島敦の会、2009年5月。“中島敦生誕100年 | 中島敦と私”. 米田まり公式ページ. 2019年11月29日閲覧。
  232. ^ a b 村山 2002, p. 87.
  233. ^ a b c d e f g h i 「斗南先生」(1933年9月執筆)。ちくま1 1993, pp. 51–88
  234. ^ a b 村山 2002, pp. 156–165.
  235. ^ 川村 2009b, pp. 4–10.
  236. ^ 後藤 2006
  237. ^ 勝又 2004, pp. 7–8.
  238. ^ a b 村山 2002, pp. 80–84.
  239. ^ 村山 2002, pp. 84–86.
  240. ^ 郡司勝義「解題」(『中島敦全集第1巻』筑摩書房、1976年3月)
  241. ^ 村山 2002, p. 90.
  242. ^ a b c d e f g h i 森田 1995, pp. 52–61.
  243. ^ 「書簡I――39 橋本たか宛 昭和8年10月?日」(ちくま2 1993, p. 354)
  244. ^ a b 「書簡I――31橋本たか宛 昭和8年4月29日」(ちくま2 1993, p. 349)
  245. ^ 村山 2002, pp. 96–100, 128–139.
  246. ^ 勝又 2004, p. 10.
  247. ^ 森田 1995, p. 94.
  248. ^ NCID BA44738108
  249. ^ 森田 1995, p. 158.
  250. ^ 「初出一覧」(山月記 1994, p. 421)
  251. ^ a b 神奈川近代文学館 2019, p. 21.
  252. ^ a b 関根 2016
  253. ^ 神奈川近代文学館 2019, p. 44.
  254. ^ 神奈川近代文学館 2019, p. 46.
  255. ^ a b c 佐々木 1970
  256. ^ 西谷 1977, pp. 28–33.
  257. ^ a b 梅本宣之「中島敦の会発行, 山下真史・村田秀明校訂・注釈・編集・解題, 『中島敦「李陵・司馬遷」』, 二〇一二年一一月一五日, 県立神奈川近代文学館, 定本篇 一〇三頁, 図版篇 九三頁, 二三八〇円+税」『日本近代文学』第89巻、2013年、310頁。
  258. ^ 林廣親「今期の収穫 : 読んで気持ち良い論文あれやこれや(学界時評)」『日本近代文学』第90巻、2014年、217-220頁。
  259. ^ NCID BN06143072NCID BB24172205NCID BA68348414
  260. ^ 第5回(2005年)受賞者(敬称略)”. 朝日舞台芸術賞. 朝日新聞社. 2020年11月7日閲覧。
  261. ^ 第31回~”. 紀伊國屋演劇賞. 紀伊国屋書店. 2020年11月7日閲覧。
  262. ^ a b 収蔵コレクション展6「中島敦文庫」”. 神奈川近代文学館. 2019年10月20日閲覧。
  263. ^ 中島敦文庫直筆資料画像データベース”. 刊行物一覧. 神奈川近代文学館. 2019年10月21日閲覧。
  264. ^ 中島敦文庫目録 : 日本大学法学部所蔵』 日本大学法学部図書館、1980年。
  265. ^ 桂星子“世界文学としての中島敦 生誕110年で文学展”. 日本経済新聞 (2019年10月10日) 2019年10月22日閲覧。
  266. ^ "“中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯”. 刊行物一覧. 神奈川近代文学館. 2019年10月20日閲覧。
  267. ^ 刊行物”. 神奈川近代文学館. 2019年10月20日閲覧。
  268. ^ 江戸川乱歩の華麗な本棚 文豪ストレイドッグス×高知県立文学館」『高知県立文学館ニュース藤並の森』第83号、2018年11月、2頁。岡崎順子「館長室から 文学と漫画」『高知県立文学館ニュース藤並の森』第83号、2018年11月、7頁。ほか1頁、8頁。
  269. ^ 神奈川近代文学館 2019.
  270. ^ 田沼智明「かもめの便り 中島敦の会」『神奈川近代文学館機関紙』第38号、1992年10月15日発行。
  271. ^ a b c 田沼光明主宰 中島敦の会「中島敦歿後75年記念 SPレコードコンサート―中島敦の愛した音楽たち」講師:庄司達也氏(2017年9月23日[土・祝]、県立神奈川近代文学館)”. 学会・講演会・展覧会情報. 笠間書院 (2017年9月5日) 2019年10月20日閲覧。
  272. ^ a b 西原 2004, p. 105.
  273. ^ 勝又浩「没後五十年の中島敦」『文學界』1992年12月号。
  274. ^ 野村萬斎 構成・出演『敦 山月記・名人伝』(DVDWOWOW、2006年、ASIN B000GFM80O
  275. ^ 中島敦生誕100年記念特別朗読会 狂言師、敦「わが西遊記―悟浄出世・歎異―」を語り読む。”. 朗読暦. 2019年10月22日閲覧。“中島敦生誕百年記念特別朗読会「狂言師、敦を語り読む。」わが西遊記?悟浄出世・悟浄歎異?”. ヨコハマ・アートナビ. 横浜市芸術文化振興財団. 2019年10月22日閲覧。
  276. ^ a b 【新刊案内】文学部教授 山下真史 共著『中島敦『李陵・司馬遷』注解篇』”. 国文学専攻新着ニュース (2018年11月19日) 2019年10月22日閲覧。
  277. ^ a b c 高橋ほか編 2002, p. 511.
  278. ^ a b c 神奈川近代文学館 1992, p. 2.
  279. ^ a b c 田井有紅 編『文豪聖地さんぽ』 一迅社、2016年、76-78頁、ISBN 9784758015059
  280. ^ 二松学舎大学文学部国文学科編『神奈川 文学散歩』 新典社、2013年、115-116頁。
  281. ^ 名作の中のヨコハマ。”. 横浜観光コンベンション・ビューロー. 2019年10月6日閲覧。
  282. ^ a b 中島敦ゆかりの地”. 久喜市. 2019年10月6日閲覧。
  283. ^ 別冊宝島1625 端正・格調高い文章を味わう 中島 敦”. 別冊宝島. 宝島社. 2019年10月19日閲覧。
  284. ^ a b 「中村光夫への嫉妬」(島内 2009, pp. 124–131)
  285. ^ 山口比男『汐汲坂――中島敦との六年』(えつ出版、1993年5月)
  286. ^ 森田 1995, pp. 69–70.
  287. ^ a b c 森田 1995, pp. 106–109.
  288. ^ 「書簡I――125 中島田人宛 昭和16年8月25日」(ちくま2 1993, pp. 408–410)
  289. ^ a b c 森田 1995, pp. 14–15.
  290. ^ a b 森敦『文壇意外史』(朝日新聞社、1974年)



中島敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 19:42 UTC 版)

沙悟浄」の記事における「中島敦」の解説

沙悟浄主役とした小説悟浄出世』、『悟浄歎異』では、虚無的な性格となっている。

※この「中島敦」の解説は、「沙悟浄」の解説の一部です。
「中島敦」を含む「沙悟浄」の記事については、「沙悟浄」の概要を参照ください。


中島敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 02:07 UTC 版)

泉鏡花」の記事における「中島敦」の解説

中島敦はエッセイ泉鏡花氏の文章』の中で、次のように語っている。 日本には花の名所あるように、日本の文学にも情緒名所がある。泉鏡花氏の芸術が即ちそれだ。と誰かが言って居たのを私は覚えている。併し今時女学生諸君中に鏡花作品なぞを読んでいる人は殆んどないであろう思われる。又、もし、そんな人がいた所で、そういう人はきっと今更鏡花でもあるまいと言うに違いない。にもかかわらず、私がここで大威張り言いたいのは、日本人生れながら、あるいは日本語解しながら、鏡花作品読まないのは、折角の日本人たる特権抛棄しているようなものだ。ということである。

※この「中島敦」の解説は、「泉鏡花」の解説の一部です。
「中島敦」を含む「泉鏡花」の記事については、「泉鏡花」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「中島敦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



中島敦と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中島敦」の関連用語

中島敦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中島敦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中島敦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの沙悟浄 (改訂履歴)、泉鏡花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS