政教社とは?

せい きょうしゃ -けう- 【政教社】

1888年明治21三宅雪嶺志賀重昂杉浦重剛らによって結成された国粋主義文化団体雑誌日本人」などによってその主張を展開した。

政教社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/24 08:30 UTC 版)

政教社(せいきょうしゃ)は、1888年(明治21年)、東京にできた政治評論団体。機関誌『日本人』、『亜細亜』、続いて『日本及日本人』を発行し、単行本も出版した。結成期の主張は、西欧化に盲進せず、西欧文化は消化した上で取り入れるべしとの、国粋主義だった。性格を変えながら、1945年(昭和20年)まで存続した。


  1. ^ 横手通有「国民之友・日本人」(『政教社文学集』所収)、p.403。
  2. ^ 松本三之介「解題」(『政教社文学集』所収)の冒頭、p.422
  3. ^ 長谷川如是閑『ある心の自叙伝』、講談社学術文庫、1984年、p.338。
  4. ^ 吉田漱編「寒川鼠骨年譜」(寒川鼠骨『正岡子規の世界』六法出版社、1993年、所収)。


「政教社」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「政教社」の関連用語

政教社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



政教社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政教社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS