三浦梧楼とは?

三浦梧楼 みうら ごろう

三浦梧楼の肖像 その1
弘化3年11月15日大正15年1月28日 (1847~1926)

山口生まれ。陸軍軍人、政治家。父は萩藩士。藩校明倫館に学ぶ。奇兵隊入隊し、第2次長征討戊辰戦争活躍兵部大丞東京鎮台司令官広島鎮台司令官歴任西南戦争時は第3旅団司令官として従軍明治17年(1884)大山巌随行欧州各国兵制視察21年(1888)藩閥勢力対立し、予備役編入される。同年11月学習院長に就任23年(1890)貴族院子爵議員28年(1895)朝鮮国駐在特命全権公使就任閔妃暗殺関与。のち枢密顧問官政党勢力重視するようになり、第2次護憲運動では3党首会談仲介した。

キーワード 陸軍軍人, 政治家
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 僧服改正論 / 三浦梧楼(観)著 三浦梧楼, 明30.4 <YDM16060>
  2. 泰西の新思潮 / 青柳定吉, 三浦梧楼(観訳述 東山堂書房, 明42.3 <YDM28158>
  3. 三浦将軍縦横談 / 三浦梧楼述 実業世界社, 明44.1 <YDM28352>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

三浦梧楼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/13 02:51 UTC 版)

三浦 梧楼(梧樓)(みうら ごろう、弘化3年11月15日1847年1月1日) - 大正15年(1926年1月28日)は、日本の武士陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍中将。栄典は従一位勲一等子爵は観樹。




  1. ^ 陪臣のままでは入学できないことになっていたので、藩士三浦道庵の養子となった。
  2. ^ a b 新聞集成 明治編年史 第九巻 日清戦争期 時事 1986年1月23日記事
  3. ^ 『官報』第7458号、明治41年5月9日。
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)288頁
  5. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  6. ^ 『官報』第3625号「叙任及辞令」1895年7月30日。
  7. ^ 『官報』第8534号「叙任及辞令」1911年11月30日。
  8. ^ 『官報』第3110号「叙任及辞令」1922年12月12日。
  9. ^ a b 『官報』第4027号「叙任及辞令」1926年1月29日。
  10. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  11. ^ 『官報』第2100号「叙任及辞令」1890年7月1日。
  12. ^ 『官報』第813号「宮廷録事 - 恩賜並追賜」1915年4月21日。
  13. ^ 『官報』第817号「叙任及辞令」1915年4月26日。
  14. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  15. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  16. ^ 『官報』第684号「叙任」1885年10月9日。
  17. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻、666頁。


「三浦梧楼」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三浦梧楼」の関連用語

三浦梧楼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三浦梧楼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三浦梧楼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS