政教分離を貫く会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 政教分離を貫く会の意味・解説 

政教分離を貫く会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/13 07:27 UTC 版)

政教分離を貫く会(せいきょうぶんりをつらぬくかい)は、自自公連立政権下に自民党に結成された議員の勉強会。前身の憲法20条を考える会が自自公連立政権とともに事実上消滅したのを受け再結成。創価学会を支持母体とする公明党との連立に反対する議員が参加した。メンバーは当時小選挙区で公明党候補と競合していた議員が中心である。2000年2月17日結成。結成当時、連立を組む自由党や野党民主党の所属議員からも参加を望む声があった。自民党を離党した当事東京都知事の石原慎太郎も代表世話人としての参加を望んだものの、あくまで自民党内の勉強会であることを理由に自民党籍のない議員の参加を認めなかった。




「政教分離を貫く会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「政教分離を貫く会」の関連用語

政教分離を貫く会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



政教分離を貫く会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政教分離を貫く会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS