連立政権とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 政権 > 連立政権の意味・解説 

連立政権(れんりつせいけん)

複数政党が、政策合意の下、協力して運営する政権

国会予算法律などの議案成立させるには、議員定数過半数議席が必要となる。選挙結果一つ政党過半数議席確保したときは、その政党与党として単独政権運営できる。

ところが、どの政党過半数達しなかったときは、2つ以上の政党政策協議の上で連立政権を樹立し、安定した政権運営目指す

議院内閣制では、与党内閣組織することによって政権担当する。特に連立政権では、閣僚大臣)のポストを各政党割り振る与党それぞれ自分政党から閣僚を出すことによって政権対す責任を負うものとされている。

過去の連立政権の例として、1993年8月発足した細川政権がある。細川内閣は、7つの政党1つ会派による連立政権である。また、1996年1月発足した橋本内閣は、自社さ自民党社民党新党さきがけ)の連立政権だったが、同年10月から社民党新党さきがけ閣僚を出さない「閣外協力」に転じた。

小渕内閣は、当初自民党単独政権として誕生したが、1999年1月自由党を、同年10月公明党加えて自自公連立政権となった。小渕内閣総辞職を受けて発足した森内閣では、自由党離脱し、自由党から分裂して生まれ保守党加える形で自公保連立政権となっている。

(2000.03.31更新


連立政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 10:20 UTC 版)

連立政権(れんりつせいけん)とは、複数の政党政権を担当すること。また内閣が複数の政党から成り立つ事を連立内閣(れんりつないかく)と言う。ただし、第2次橋本内閣のように組閣は自民党単独であるが、閣外協力の形で、社民党新党さきがけのような政党が、連立政権に参加するといったパターンも考えられる。そのため組閣は単独だが、閣外協力をする与党が存在する場合を新聞などでは「連合政権」といって区別することもある。多くの場合議院内閣制をとる国で、どの政党も議会内において単独で過半数を制し得ないときに成立する。また政党システム二大政党制となっている場合には一政党が単独で過半数を制することが多いので成立しにくいが、多党制となっている場合には単独政党では過半数に及ばないことが多いので成立しやすい。




「連立政権」の続きの解説一覧



連立政権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「連立政権」の関連用語

連立政権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



連立政権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連立政権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS