下地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 下地 > 下地の意味・解説 

げ‐じ〔‐ヂ〕【下地】

読み方:げじ

菩薩(ぼさつ)の十地(じゅうじ)のうち、下等地位

地上の世界下界

「―の人、何をか行き供養する事を得ん」〈今昔三・三四〉

下級地位低い身分

「―の者なりけれども、心ざま事に触れて尋常なりける」〈沙石集・七〉


した‐じ〔‐ヂ〕【下地】

読み方:したじ

物事成り立土台なるもの基礎素地素養。「小さいころから音楽の―がある」「―が入っているのですぐに酔う」

(「助枝」とも書く)木や竹の細い材を縦横組んだ壁の骨組み壁下地かべしろまた、襖(ふすま)の骨組み下張り

生まれつき持っている性質才能。「―もよいし、指導者よかった

吸い物味つけのもとになるところから醤油(しょうゆ)。また、だし汁。「お―」「割り―」

心の底本心

「―から惚れて居るこそ幸ひ」〈伎・五大力

芸妓役者などになるための見習い中の者。下地っ子

男色の方陰子(かげこ)、飛子(とびこ)、―とて、初心の者はあれど」〈浮・禁短気・四〉

中世田畑山林その他、収益の上がる土地そのものをさす語。

本来。もともと。まえまえ

「―草臥れ上が一倍草臥れて」〈伎・幼稚子敵討


下地

英語 backingsubstrate

めっきで使用される場合には直接めっきされ素地のことをいう。単層めっきでは下地は素地同義で、多層めっきでは中間皮膜が下地と呼ばれる塗装使用される場合塗料を塗る面をいう。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

下地

読み方:シタジ(shitaji), シモジ(shimoji), ゲジ(geji)

中世田畑山林など領主収益対象となる土地そのもの


下地

読み方:したじ

素地形を整えるのと、漆器をより堅牢にする意味で、上塗前に素地種々の材料塗布すること。塗る材料により漆下地・膠(にかわ)下地・渋下地酪素下地・豚血下地・松脂下地などの種類あります

下地

読み方:したじ

  1. 醤油をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下地

読み方:シモジ(shimoji)

所在 京都府福知山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

下地

読み方:シモジ(shimoji)

所在 愛知県(JR飯田線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

下地

読み方
下地かち
下地かぢ
下地したじ
下地したち
下地したぢ
下地しもじ
下地しもち
下地しもぢ

下地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 00:42 UTC 版)

下地(したじ)とは、中世日本荘園公領において、土地から生み出された収益上分と言うのに対して土地そのものを指した語。言い換えれば上分=(収益権を含めた)財産権、下地=支配権にあたる。




「下地」の続きの解説一覧

下地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/19 09:41 UTC 版)

金仏壇」の記事における「下地」の解説

塗面を整えるために、全ての部品ばらして下地塗りを施す。木の痩せ防止ヤニ止め、漆の密着度を高めるために行われる仕上がり影響を与える重要な工程である。伝統技法では膠地・砥の粉地・堅地がある。現在多くポリエステル系及び、ポリウレタン系樹脂塗料用いられる

※この「下地」の解説は、「金仏壇」の解説の一部です。
「下地」を含む「金仏壇」の記事については、「金仏壇」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「下地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「下地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



下地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下地」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
92% |||||

下地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下地のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2023 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金仏壇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS