預所とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > > 預所の意味・解説 

あずかりどころ あづかり- [5] 【預所】

荘園領主に代わって荘地・荘官年貢などの管理をする職。また、その役所中司あずかりしょ

預所

読み方:アズカリドコロ(azukaridokoro)

荘園領主代理人として荘務つかさどる荘官の一。


預所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/05 05:16 UTC 版)

預所(あずかりどころ/あずけしょ/あずがっそ/あずかりしょ)とは、中世荘園において本所補任を受けて在地を統括した


  1. ^ 玉葉文治元年(1185年)10月25日条、『明月記文暦元年(1234年)8月18日条。
  2. ^ 西谷正浩 「荘園制の展開と所有構造」『岩波講座 日本の歴史 第8巻 中世3』 岩波書店、2014年8月。ISBN 978-4-00-011328-1


「預所」の続きの解説一覧



預所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「預所」の関連用語

預所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



預所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの預所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS